中古車はリスク付きで買うからこそ安く買えるわけで、時には価値ある車を安く買うなどお得な買い物ができるかもしれません。

 

ただ、これはよいほうにリスクが作用したことであり、悪いほうに作用すれば当然に悪いものを高く買うなどの状況に陥ります。

 

今回はそのような状況での質問となっています。

 

Q:整備に出したときに大変驚いたことがあります。

 

「あなたの車、大きな直した跡がありますね!」

 

いや、この車は大きな事故は無かったと聞いているのですが・・・

 

どうやら整備の方が言うには、大きな修復暦があって素人では分からない位置に酷い損傷があるということ。

 

購入時にこの中古車は修復暦がある車ではなかったのですが、修復暦があるとしたならば販売店に何かしらの賠償を請求することが出来るでしょうか?

 

質問内容を整理すると、買った中古車には大きな事故はないということですが後になってから大きな事故があったことが分かるというものです。

 

このときには賠償を請求できるのかどうかという点での質問ですので、まずはそこについて答えていきます。

重い契約違反なので賠償を請求できる

A:基本的に賠償請求か可能ですが、2つのことを確認する必要があります。

 

まず購入時に修復暦が無い車として買ったこと。

 

そして確実に修復跡があること、つまり修復暦車であること。

 

これらを満たす場合には、販売店では虚偽の情報で販売したことになるので契約違反となります。

 

中古車を販売するときには修復暦の有無や車両状態評価書に修復箇所を明記することを義務付けられているので、修復暦と説明が無くこれを隠して販売したこととなるでしょう。

販売店にどのように賠償請求するのか

販売店が修復暦の有無について知っていたかどうか、つまり善意・悪意問わず賠償請求することが出来ます。

 

車の返却を前提に代金の返還も行うことが出来ますが、車を使用した分については返還代金から差し引かれるでしょう。

 

賠償については、修復暦がある車の相場価値までの価格差について販売店は返金をすることになるでしょう。

 

要件について確認するならば、販売時において修復暦車である事実と販売時には修復暦車でない・もしくは明示しなかったことが必要になります。

 

そのため、今回のケースでは整備をしたところで確実に修復暦がある車という証明書があれば心強いでしょう。

 

証拠を用意してから確実に賠償できるように準備をしてください。

賠償請求と代金返還はどちらが良いか

賠償請求と代金返還のどちらにするかというのは状況によって変わってきますが、多くの場合には賠償請求のほうが望ましいでしょう。

 

意外なことですが、修復暦車だからといってそんなに悪いものでもありません。

 

車が多少ねじれていたとしても、走行に支障が無く外部から分からないなら、そんなに重要なことではないですよね。

 

対して、どうしても販売店の行為が許せなかったり、車について何か不安であるから買い替えたいということなら代金の返還を受けるべきです。

 

つまりは、あなたが今乗っている車について気に入っているかどうか、というところが一番大きいのではないでしょうか?

 

なお、法外な賠償請求はできませんので、その点は留意しておく必要があります。

 

具体的には支払った代金以上の賠償であるとか、どう考えても理不尽な賠償は通りません。

 

多くの方はそのようなことはありませんが、怒りによって理性がきかないとこういった要求も出てきますから気をつけたいところですね^^;

 

いずれをするにしても早いほうがよいので、修復暦がある車ということが分かったのなら速やかに行動して損害を回復できるようにしましょう。

 

以上、「【事故暦があると判明!】悪い中古車を買ったときの補償」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。