車の後部座席はシートベルトを締めることが義務付けられていますが、罰則規定などの有無によってなんだか良く分かりにくくなっていますね。

 

今回は過去にシートベルト関連で誤検挙になったときの質問です。

 

Q:車のシートベルトについて教えてください。

 

過去に、大阪のほうで警察官が誤検挙をして問題になった後部座席シートベルトの取り締まりですが、実際のところどういう取り扱いになっているのでしょうか?

 

よろしければ詳しく教えてください。

 

理想でいえば全席のシートベルトを着用したほうが安全性が高くなりますし、車に乗るならばドライバーがそれを守らせるのは義務なのかもしれません。

 

ただし、我々は法治国家に住んでいますので法に定められていないことや、その定義漏れなどでは検挙することなどあってはならないということになります。

 

さて、前置きはよいとして過去の誤検挙について法的な定めと実例への当てはめの順番でみていきます。

シートベルトが付いている座席は装着義務がある

A:詳しくいえばもっと複雑なのですが、簡単にいうとこんなところですね。

 

そもそも、シートベルトをすれば有事の際に安全性が高くなるので、せっかくシートベルトが付いているならつけたほうが良い、付けて欲しい、つけなければいけないという流れで義務化しました。

 

実は後部座席に乗っている人も危ないのですが、前から衝突したときには前座席に乗っている人にも衝突します。

 

その結果、シートベルトをしなかった後部座席の人以外にも危険が及ぶというわけです。

 

というわけで、かなり簡単にいえば座席にシートベルトがあるならつけなければいけないということです。

 

ほとんどの車には後部座席にシートベルトが付いていますよね?あなたの安全のために、前に座っている人のためにも付けてください。

後部座席シートベルト装着義務化のちょっとだけ詳しい説明

シートベルトの設置は道路運送車両法で規定されていて、装着については道路交通法で規定されています。

 

旅行などで使う大型バスには通路に出てくる簡易席がありますよね?

 

あれはシートベルトが付いていません。

 

そのため、付けられるシートベルトがないから装着義務が無い、ということになります。

 

古いトヨタハイエースバンなどにもこのようなものがありまして、これが大阪のほうで誤検挙につながったというわけですね。

 

つまり、シートベルトを全席につけなければいけないのですが、付けられないような折りたたみ式のシートもありますよね。

 

あれについて道路運送車両法では規定できなかったのか、と思いますがむしろ簡易式のシートのほうが危ないと思うのは私だけでしょうか。

 

改めてもう一度書きますが、シートベルトがあるならつけてください。

 

なお、つけないと高速道路等において運転者は行政処分の点数を1点加算されます。

シートベルトをさせるのは運転者の義務

運転手には搭乗者の安全を守る義務があります。

 

シートベルトをさせるのは当然でしょう。

 

後部座席に乗る方というのは、目上の方ということもあるでしょうけれども、有事の時にはその方の命だけでなく、他の搭乗者についても危険が及びます。

 

確かに少し難しいところではあると思いますが、せっかくシートベルトが義務化されたわけですから、このようなケースであっても何とかお願いできるのではないでしょうか?

 

以上、「後部座席のシートベルト義務化と誤検挙について」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】