近年は地震などの大型災害でなくても、大雨などで車が壊れることが多くなっていますね。

 

この場合は水没車となり、車の価値が下がってしまいます。

 

このような状況もあり、自然災害に対する保険の関心が集まっている中、自動車保険が補償する範囲が気になりますね。

 

今回の質問はそのような内容になっています。

 

Q:自動車保険を検討しています。

 

東日本の大地震があってから自然災害が活発な昨今ですが、自動車保険はこのような災害に対してどこまで補償してくれるのでしょうか?

 

保険の条件を見ればよい!なんて思うかもしれませんが、細かい適用についてちょっと良く分かりません。

 

よろしければ教えてくださいませんか?よろしくお願いします。

 

保険でよくあることは、適用の範囲外とする理由で保険金が支払われないことです。

 

せっかく保険に入っているのにいざとなったら保険が払われないとなれば大変です。

 

そのため、保険の範囲をしっかり分かって購入する必要がありますね。

 

こちらでは、自然災害で自動車保険が適用されるのか、その範囲についてみていきたいと思います。

 

地震・津波などの大規模自然災害には適用されない保険が多い

A:大変残念ではありますが、大規模な災害については適用されないケースがほとんどです。

 

なぜかといえば当然ですが、保険設計に難が出てくるからですね。

 

保険会社が儲けてずるい!なんて思うかもしれませんが一概にそうはいえません。

 

むしろこれを盛り込むことで月々の保険料が高くなる可能性が出てくる、つまり最終的に負担するのはあなたというわけです。

 

基本的に保険会社は儲かっている事実はあるとしても、儲けたいから大規模自然災害の補償を除外しているわけではないのです。

 

保険会社が損を取るような保険商品は作りません。

 

これは損害賠償時の保険支払いについて確率的に求めているわけですが、予測不可能な要素であったり上限下限が大きいものであったり、または会社として取扱たくないリスクについては除外しています。

 

今回の大規模災害における自動車保険の補償ですが、会社として取扱たくないリスクに該当するのではないかと思っています。

 

残念ですが、多くの自動車保険では大規模自然災害の補償については取扱がありませんので、比較するときにも地震や津波・または自然災害ではありませんが戦争やテロについても保険商品ごとに確認すべきでしょう。

大雨などの水害については補償範囲内である場合が多い

逆に大雨による局地的な水害については補償してくれる場合があります。

 

大規模洪水はダメでなぜ局地的水害は良いの?というのは先ほど答えたとおりでとりたくないリスクは除外して保険を設計したほうが安定して会社が運営できるからでしょう。

 

事実として、どうしても大規模災害の補償適用を求めるなら別途カバーできる保険商品もあるはずです。

 

当然、保険業者がとりたくないリスクを負わせるので割高にはなりますよ^^;

 

どうしても保険設計が難しいということなら、最近は保険料を安くするためにダイレクト型の自動車保険が流行っていますが、代理店型の自動車保険を利用して専門家のアドバイスを受けるべきでしょう。

 

ダイレクト型と比べるとかなり高くなりますが、それだけの価値はあるかどうかは有事のときに発揮できるでしょう。

 

そもそも保険というのはそういうものですから、絶対入らないといけないから安くしなければいけないなんて思わないほうが良いということが、大規模自然災害の適用でも明らかですね。

 

いずれにしても、相談自体は無料でやっている保険屋も多いですから、一度対面でお話されてはいかがでしょうか?

保険不払いなどについて

自動車保険に限ったことではありませんが、保険の不払いは保険内部の方が認めているように、わりと頻繁に起こっていることです。

 

さて、ここまで見てきたように自動車保険の範囲で保険料の支払いがされないというのは、範囲が明瞭に決められていれば正当なものです。

 

ただし、たとえば範囲をあいまいにした状態でいざとなれば不払いになるとどうでしょうか。

 

実はこのようなことはよくあることで、ものによっては契約時の注意不足、悪いものは意図的に行っている可能性があります。

 

保険業者にとっては保険金は費用であり、削減すべきお金であると考えていることが発端です。

 

競争状態が大きくなるとコントロールできる部分の費用を削るというのは企業経営努力であることは認めますが、保険商品でこれをされるとユーザーからしてみたら詐欺のように見えてしまいますね。

 

実のところ、このようなことは保険業者にとっても保険購入者にとっても当然良くないものです。

 

保険業者というよりは保険業界といったほうがよいのですが、不払いなんていうことでは保険商品の信用問題にかかわります。

 

また、保険購入者にとっては有事のときに困ってしまいますよね。

 

このようなことを防ぐことはできるのでしょうか?

 

最後にその点をお話していきますね。

保険内容を確認するのは購入者の義務でもある

保険料の不払いをする業者を擁護する気は全くありませんが、それで困るのは保険契約者ですね。

 

ただ、有事の際に使えない役立たずの保険を購入してしまった責任というのは、その契約者にある場合も多いのです。

 

ここでの疑問を考える人にとって有事のときに保険金を受け取るのがいかに難しいかということを理解しているはずですが、もう一歩進んで考えると保険金を受け取れない発端は自分にもあるわけです。

 

つまりは、保険契約時には自分が想定する事故などについて補償される内容や適用例と実績。

 

ここまでをしっかりと聞くことは大切でしょう。

 

特にここで話題にしている自動車保険は自分が利用する保険であり、事故などの相手方のように選べない保険と違い保険を選べるわけです。

 

選べない保険は費用を安くすれば良いなんていうわけではありませんけれども、自分がかかわる保険については特に労力をかけて検討してもよいのではないでしょうか。

 

まとめると、保険契約をする場合には具体的な情報で質問をして、可能ならば支払い実績などについても質問して、いざ事が起こったときにもめるようなことは無いようにしたいものです。

 

質問をすることで嫌なやつだと思われることへのためらいや、手間がかかることは後回しなんていうことの無いようにしてくださいね!

 

以上、「【台風・洪水・火災】など自然災害に自動車保険は適用される?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたは、毎月余計にお金を払って
損をしているかもしれません!

自動車保険は、補償内容は同じでも会社やタイミングによって保険料が異なることをご存知でしょうか?

 

払いすぎている保険料は、見直しすることで節約することができ、平均3万円ほど、また5万円以上節約できる場合もあるから驚きですよね!

 

あなたが自動車保険料について節約したいと考えるならば、定期的な試算をすることをオススメします。

 

試算方法を確認する【利用無料】

自動車保険バナー

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
⇒車査定相場を確認したいならこちら