私はバイクで整備不良として取り締まりを受けたことがありますが、明らかに自分の過失であると認めるものであったので特に不服もありませんでした。

 

ただし、この質問した方の例では多少違う場面となるでしょう。

 

まずは、質問内容を見てみましょう。

Q:先日、待ちに待った車が納車されました。

 

納期って何であんなに延びるのでしょうか?

 

予定よりも1ヶ月近く待たされたため、喜びも大きく意気揚々とドライブに出かけました。

 

ここまでは良かったのです。

 

しかしながら、しばらく走っていると信号待ちで私の車に一人の男がノックして話しかけてきました。

 

「運転手さん、ライト切れているよ。整備不良!」

 

この男は警察官で、私の車は整備不良だといっているのです。

 

「いやー、さっき納車されたばかりなのにそんなことありませんよ」といって確認しにいったら確かにランプが切れていた。

 

このときに警察官に納車直後という事情を話しても関係ないと取り合ってくれませんでした。

 

納車直後に整備不良があったとして、これは誰の責任になるのでしょうか?

 

まずいずれにしても運が無かったとしかいいようが無い事態でしたね^^;

 

せっかく待ちに待った車が運転できたのにこれではあんまりです。

 

さて、とはいえ整備不良として取り締まる警察官の主張も正しいわけで、この場合の取り扱いはかなり難しいものになります。

 

ただし、運転手には車の整備義務があることを考えると今回は残念な結果になってしまうでしょう。

残念だが整備不良は運転手の責任となる

A:車は機械部品なので仮に新車であってもいつでも壊れる可能性があります。

 

つまり、あなたが新車で買ったとしても中古で買ったとしても壊れる可能性はあるというわけです。

 

残念ながら、これについて相手の責任を言及することは、かなり難しいというのが現状です。

 

整備不良なら、先ほどまで整備していた人間に言ってくれ!なんて突き放したいところですけれども、法律ではそのように取り扱いません。

 

運転手には運行前点検をする義務があります。

 

自動車運転免許の教習所でやったことを思い出してみてください。

 

乗車前に前と後ろ、細かい教官だと車の下まで確認させられましたよね^^;

 

つまり、車を運転する前に空気圧やライトなどの確認をしなければいけないのです。

 

またさっき整備したばかりだから整備した人間に文句を言え!といっても今ある責任を誰が負うかといえばあなた以外いませんね。

 

残念ですが、日常点検を義務付けられている以上は、あなたに責任があるというわけです。

 

整備不良は止まっている車に対しての違反ではなく、動いている車に対してですからね。

 

そのため、整備不良の責任を販売店に請求することは出来ません。

ライト切れの修理費用について

ライト切れの修理については販売店に請求することが出来るでしょう。

 

基本的には納車前に重要なことについては点検や確認しているはずなのですが、車は機械部品ですから、さっきまで正常に動いていたものが急に故障したなんてことも当然ありえます。

 

ライトはその時において問題なしと推定するのが妥当ですが、納車からすぐであれば販売店に修理費用を負担する交渉をしてみてください。

 

また修理費用の請求に少し期間が開いてしまった場合では、整備不良で切られたキップを見せたら証明になるでしょう^^;

 

ただ、整備不良で捕まったことをあなたから販売店に賠償を要求したり文句を言うのは、運行前点検を怠ったこともありますので基本的にやめておいたほうが無難です。

 

日ごろから車の全体について、運行前点検を確実に行うのは困難ではあると思いますが、少なくとも納車されたときには何か異常が無いか確認しておくことが大切でしょう。

 

今回のランプに限らず、不具合があれば速やかに報告することで、その後の賠償が楽になるからです。

 

納車されたら、車を一周して確認してください。

 

以上、「納車後に整備不良で捕まりましたが販売店の責任に出来ますか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。