良くある質問シリーズで、中古車を購入したときにその車体が車検切れである場合の費用について質問でした。

 

まずは質問内容をご確認ください。

 

 

中古車を買おうとしている者です。

 

先日、中古車購入の見積を依頼したら車検は2年付きということで諸費用に車検費用を含めて請求するとのこと。

 

この車検費用というのはどの程度かかり、乗り出し価格はどの程度になるのでしょうか?

 

諸費用という項目についてちょっと雑にまとめられている印象があり質問させていただきました。

 

よろしくお願いします。

 

 

中古車を購入すると、諸費用という項目でまとめられていることがあり、車体価格とは別に追加の費用がかかったりしますね。

 

購入者が気にするのは乗り出し価格はどれほどかかるのかという点なのに、なぜわかりにくくするのか疑問をお持ちの方も少なくないはずです。

 

今回は、中古車で車検なしの車や車検切れの車を購入したときの費用についてお話していきます。

実は中古車でも低金利ローン使えます!

あまり知られていませんが中古車でも低金利ローンが使えることを知っていますか?

  もう高い利息を払う必要は無いのです!  

仮審査の有効期限は1年間ですから申し込んでおいて困ることはありませんし、結局使わなくても無料でキャンセルできます。

 

まずはいくら借りられるか、かんたん5秒診断をしてみてください。

 

個人情報無しで確認する方はこちら

↓ ↓ ↓

静岡銀行マイカーローンバナー1

全然お得じゃない車検2年付きの中古車

多くの方が勘違いしてしまうことがあるので、まずそれを申し上げると「車検2年付」の中古車は車検無しの車と同等です。

 

また、異なる言い方をすれば車検2年付というのは、車体料金の中に車検整備費用が含まれているというだけなのです。

 

つまり、車検2年付きの車というのは、現在車検が無い未登録の車を指します。

 

そして車検が付くというと一見得な気がしますが、実際はそうではありません。

 

車検2年付という表示については2年の車検を付けてくれるのではなく、これから車検を取りに行きますよ!ということなのです。

 

つまりは、売れるまで車検は取らない、売れたら実質あなた負担で車検費用を払うということになります。

 

なので車検2年付きは全然お得ではありません。

 

ちなみに、車検について費用がかからない場合には、「車検残」という表示となります。

 

車検残であれば車検有効期間があるという状態ですから、基本的に車検関連で費用を取られることはないでしょう。

なぜあなたが車検整備費用を負担するのか?

中古車販売業者も慈善事業ではありませんから、いかにして車を売るか、利益を取るかということが重要になってきます。

 

車検2年付という表示に関しては車検整備費用について、車体価格に含まれている場合が多いので、実際は整備費用が得できる気がしますよね。

 

しかしながら、当然ですが車検整備費用は無料というわけではなく、車体価格に含まれているのです。

 

車検点検整備については自分や他の業者に頼むということを選択することが出来ず、車体価格の中にその整備費用は含まれているだけとお考えください。

 

したがって、車体価格の中に車検整備費用が含まれているわけですから、得でもなんでもないということを分かってもらえたら良いでしょう。

車検の費用は法定費用と手数料

次に車検の費用というのは絶対に掛かる費用と手数料です。

 

まず絶対に掛かる費用というのは自動車重量税や自賠責保険、そして検査費用です。

 

重さ1t以上の小型車を購入した場合には、自動車重量税が25000円前後、自賠責保険24ヶ月加入で24950円と検査費用で5万円弱程度の出費は必ず伴います。

 

それに加えて車検を行うという手数料や、車検に備えて行う整備などの手数料、また部品交換費用なども乗ってきます。

 

これをディーラーに依頼すると20万円~30万円ほどかかる場合もあり、整備工場の利益源泉になっているケースが多いです。

 

つまり車検2年付きの車を販売することは、車検整備パッケージの販売ということになります。

 

ところで、多くの中古車販売店では、ユーザーが自分で車検を通すから現状で売って欲しいといっても売ってくれません。

 

これは、販売店の整備義務に加えて、先ほど申し上げたように車検整備パッケージで利益を出さないといけない場合がありますので、このようなことになります。

 

交渉次第ではどうにかなるかもしれませんが、中古車を売る売らないの選択権は販売店にもあることを忘れないようにしましょう。

「諸費用」とまとめたい理由

中古車販売業者に限らずに、手数料ビジネスを行う業者は諸費用やその他項目を使いたがる傾向が強いです。

 

これについて究極的にいえば、業者もあなたを騙したいということはなく、競合他社との兼ね合いが大きな要因です。

 

例えば、中古車を購入する場合には同じような条件で出来る限り車体価格が安くて、保証が手厚い車を購入したいと考えるはずですが、多くの場合に価格を第一の判断基準にしますよね。

 

このときに、車体価格を少しでも安くしようとしたら、車体価格や安く表示して、その他諸費用を追加で請求するほうが、車雑誌などでも目を引くことは間違いないでしょう。

 

同様に、車検が無いというよりも車検2年付と書いたほうが、車検について行ってくれるということで、整備もしっかりしてくれる業者と良い意味で見られるかもしれません。

 

つまり、諸費用という項目については、手数料ビジネスを行う場合において、競合他社との関係で表示や印象についても調整できるので、便利に使われている状況となっています。

 

もちろん、その他事項で不当に費用を要求されることも多いので注意が必要で、あまり行き過ぎると行政の指導や管理団体によって基準が定められることになります。

 

車に関しては、表示上の自由が多いのも現状であり、購入するときには費用内訳などを分割して考えるようにしてください。

 

なお、車の諸費用例としては次の項目がありますので、あわせて確認してくださいね。

 

  • 登録・届出代行費用
  • 整備費用
  • 車庫証明代行費用
  • 車検代行費用
  • 名義変更代行費用
  • 保証費用
  • 納車代行費用

 

登録・届出代行費用と名義変更代行費用は、実質的には同じなのですが、分かり易く分割して書きました。

 

これは例なので、他にも様々な名目で諸費用に含まれている場合も少なくありませんので、注意が必要です。

中古車乗り出しに想定以上にお金がかかる

以上のように、せっかく安い中古車を見つけてもなかなか最安値で買うことは出来ません。

 

見えているようで見えない諸費用というのは、車庫証明の手数料であったり納車の手数料であったりと何かと手数料を請求されるものです。

 

これは販売店によって取り決めが異なりますので、相手次第でかなり変わってくる数字といえるでしょう。

 

車体価格が安いことも大切ですが、乗り出し価格を含めた金額で比較することで、「諸費用高すぎる!」なんてことを後から思わずに済むでしょう。

 

そのため、中古車購入で比較検討されているのであれば、総支払額である乗り出し価格で比較検討してください。

 

以上、「中古車を車検無しで買うと費用はいくらか」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<