最近ディーゼルエンジンが環境に良いと話題になっています。

 

でもちょっと待ってください!

 

ディーゼルエンジンといえば黒い煙や白い煙がモクモク、環境に悪いイメージがあります。

 

首都圏などの都市では締め出したなんて話も聞いていますが、この規制というのはどうなっているのでしょうか?

 

また、最近出たディーゼルエンジンは大丈夫なのでしょうか。

 

今回は環境を背景に過去のディーゼル車と新しいディーゼル車の違いをみていきます。

環境性能が悪いディーゼルエンジンは適合地域の中で使えない

新車に搭載されるディーゼルエンジンはクリーンディーゼルというもので、大変環境負荷性能が良いものです。

 

適合地域から締め出されるディーゼル車はあなたが想像している黒い煙・白い煙を撒き散らす車です。

 

自動車NOx・PM法によって車種と適合地域が規定されます。

 

車種は当然、環境性能が悪い車で、トラックやバスなどの車が基本となり、NOx、PMと決められた基準値を満たしていない車は車検を通すことが出来ません。

 

さらに、適合地域内に入って来れないように条例によって環境性能が悪い車の運行も規制されています。

 

なお、適合地域とは、三大都市圏の【東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・大阪府・兵庫県・愛知県・三重県】の全域及び一部となっています。

クリーンディーゼルエンジンについて

最近のディーゼルエンジンは昔のものと異なり、環境性能が改善されています。

 

むしろ、ガソリンエンジンよりも環境負荷が低いということで、ハイブリッドカーと並ぶエコカーとして注目されています。

 

マツダから発売されている車は「XDグレード」にディーゼルエンジンのモデルが設定されています。

 

なお、日本でエコカーというとハイブリッドカーを指しますが、欧州ではディーゼルカーのことを指します。

 

日本ではシェアが低いディーゼルですが、欧州では約半分のシェアとなっています。

 

当然ですが自動車NOx・PM法に規定されているディーゼルエンジン等とは異なりますので、適合地域内でも問題なく保有、運行することが出来ます。

 

古いディーゼル車においては環境性能が悪いものも多く、適合地域内では規制を受けます。

 

これも新しい車を買ってくれという要請なのかと考えてしまいますね。

 

ただし、地球の環境というのはかけがえのないものですから、商業うんぬんというよりも人類の課題として適合地域外においても徐々に入替が出来ればよいのではないでしょうか。

 

自動車NOx・PM法におけるディーゼルエンジンの適合地域規定については以上になります。

マツダディーゼル車の特徴について

乗用車のディーゼルは欧州では一般的ですが、日本ではマイナーなものとして扱われてきました。

 

軽油といえばトラックの燃料と考えている方も多く、日本でいえばその認識でほとんど間違いないでしょう。

 

そんな状況を大きく変えたのがマツダディーゼル車ではないでしょうか。

 

過去にもディーゼルエンジンを乗用車に積むということは考えられてきましたが、なかなかうまくいかなかったのはATの設定が無かったり、振動が大きすぎることだったと思います。

 

ディーゼル車の特徴のひとつに圧縮比が大きいことがありますが、これは振動を大きくすることとともに燃料の節約を行うことが可能でした。

※圧縮比とは燃料と空気の混合比率のことで、基本的には比率が高いほど燃料の節約が期待できる

 

ただ、マツダのディーゼルを動かしたことがある方なら分かるように、従来のディーゼルに比べると静かで振動が少ないですよね。

 

これは、高い圧縮比をほどほどに低くすることで振動を小さくして、ユーザー的な見た目でいうならば高回転まで回るディーゼルとなっているのです。

 

もちろん、圧縮比が低くなっていることで燃料消費量は増えるというわけですが、快適にディーゼルに乗れるというのは悪いことではないでしょう。

 

とはいえ、燃料の節約でマツダディーゼルを選択するならば、知っておくべきことではあると思いますので、車選択に役立ててください。

 

以上、「古いディーゼル車は環境に悪いので追い出された」でした。

 

何かにお役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。