新古車って知っていますか?

 

車に詳しくない私は新古車について全然知らなかったのですが準新車みたいなもので、言い方を替えると未使用車という言い方もできるようです。

 

ところで、総支払い額ではこの新古車は大変お得なのですが、なぜこんなに新車との価格差があるのでしょうか?

 

やはりどこか悪かったり、ハンディーキャップがあるのでしょうか。

 

ここには、新車時のプレミアムのようなものがあるわけで、その差が中古車との差ともなっているわけですが、新古車を評価の間に入れて考えてみると、その差が分かりやすいでしょう。

 

今回は新古車と新車、または中古車の価格差についてみていきたいと思います。

新古車というものは様々な状態の車がある

ちなみに新古車という名前は消費者を混乱させる恐れがあるので利用が制限している団体もあるようです。

 

新古車というよりも未使用車とするのが適切であるといわれています。

 

今回は新古車で統一させていただくとして、この新古車というものの範囲が非常に広いことのほうが問題かもしれません。

 

ちなみに、「新古車」「未使用車」は登録をしている車という扱いであって、登録をすると新車として売ることが出来ないのでこのような呼び方となるようです。

 

  • 試乗車
  • 登録だけした車
  • 展示車

 

他にもほとんど新車に近い車ということで、新古車とされる場合が多いですが多くはこの3つのうちどれかでしょう。

 

試乗車や展示車は分かりやすいですね。

 

反面、登録だけした車というのは日常であまり遭遇しませんからちょっと分かりづらいでしょう。

 

次にそれぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

試乗車は新古車といえるのか?

新古車と呼べる車の中で一番使われているのは試乗車でしょう。

 

ただ、ディーラーによってメンテナンスされているので、そこまで気にする必要はないですが私としては試乗車を未使用車や新古車と呼ぶのは適切ではないと思っています。

 

もちろん、3つの中で一番買うのが安くなるので、お金をセーブするために狙う新古車は試乗車を選んでください。

 

新古車というには少し走行距離がすすんでいるような車です。

 

むしろ、車情報に試乗車でしたと書かれる場合もありますので、この場合は分かり易いですね。

 

判別も楽ですし分かりやすいこともあって、ある意味では安心して新古車として買うことが可能ですが、相応の値引きがされているかを確認したいところです。

 

試乗といえども長く使われている場合には、走行距離も一般的な中古車同様に進んでいますからね^^;

 

次に登録だけした車についてみてみます。

なぜ登録だけする必要があるのか

車検をつけてわざわざ車を売ってくれるのに新車より安いって意味不明ではありませんか?

 

なぜこのような車が発生するのでしょうか?

 

実はメーカーやディーラーなどは販売台数を増やすために自己で買い取ってしまうようなことをするのです。

 

本を出版した人やCDを出した人がわざわざ自分の商品を自分で買うようなものでしょうか。

 

事情としてはこんなものですから、なぜわざわざやってくれるのか?といえば完全に自己都合なわけなんですね。

 

そして、私がオススメする新古車はこの「登録だけした車」です。

 

この車の嬉しいところは、車検が3年付いていてすぐ乗ることができ、総支払額を抑えることが出来るのにほとんど新車という最高の車だと思っています。

 

難点?ナンバーを任意の数字に選べないところでしょう^^;

 

車を見つけるときは走行距離1kmという車で車検が付いているものはいわゆる新古車です。

 

例として価格.comのトヨタアクアのリンクをご確認ください。

 

⇒価格.comのトヨタアクア【新古車】など

 

私は正式に未使用車といえるのは登録だけした車のみではないかと思っています。

 

新車が欲しいけど少しでも安くしたいのならこのような車を選んでください。

 

最後に展示車の新古車をみていきます。

展示車の程度について

ここまでイメージし易かった車でしょうけど、展示車というのはどのような使われ方をしているのでしょうか。

 

場所にもよりますが、多くは展示車というぐらいですから室内においてある場合が多いですね。

 

そのため、雨風を凌いでいますので外装は良いでしょう。

 

ただし、建物内にあるのでエンジンがかけられません。

 

そのため、動かしていないエンジンなどは多少調子が悪くなっている可能性があります。

 

とはいっても昔の車ではありませんからそれだけで故障するようなことは無いでしょうし、1年間もエンジンをかけないなんてこともありません。

 

今はそれほど気にする必要がないのかもしれませんね。

 

展示車として乗り込んで触れる車だった場合には、それほどではありませんがシート周りが使用感が出ているかもしれませんので、よく確認してみてください。

状態が良い中古車を買うなら新古車

以上が新古車の詳細でした。

 

最後に重要な点があります。

 

新車登録から3年間は保証をディーラーで購入するしない問わず受けることが出来ます。

 

これはどの国産車でも同じです。

 

そのため、ディーラーで正規に買わないと保証がないのでは?なんて思うかもしれませんが問題ありません。

 

総支払額で有利な新古車を3つのパターンで確認して探してみてください。

 

なお、雑誌やインターネットで探すのが面倒な方はこちらを使っていますので、時間が無かったり比較を楽にしたいのなら続きを確認してみてください。

 

以上、「新車と中古車で価格差があるのはなぜか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
⇒車査定相場を確認したいならこちら