中古車情報誌などを見てみると「修復暦有り」なんて書かれていますが、事故車とは違うの?なんて考えることはありませんか?

 

修復暦と事故暦は言葉としても要素としても似ているのですが、両者は分けて考えたほうがよいでしょう。

 

今回の質問内容もこの違いによるものです。

 

中古車雑誌を見ると「修復暦」という言葉が出てきます。

 

私は事故の履歴がある車のことを修復暦車だと思っていましたがどうも違うようです。

 

事故車と修復暦車の違いというのはどのようなものなのでしょうか?

 

正直ネットで調べたらよいのでしょうけれども、あなたから意見が聞きたいです。

 

よろしくお願いします。

 

中古車を買う場合には必ずしも知っておく必要はないのですが、ある意味で中古車を売るときに必要かもしれません。

 

というのも事故暦と修復暦が混同してはいけない場合が多いからです。

 

こちらでは、事故暦と修復暦について違いを具体的な損得に照らし合わせてお話していきます。

修復暦車は程度の酷い事故・損傷がある車

概念的なお話では、修復暦車は事故車ですが、事故車は必ずしも修復暦車にはなりません。

 

つまりは、「事故車」は「修復暦車」に含まれる概念ということになります。

 

面倒な言い方をしてしまいましたが、事故をしたからといって価値が下がる修復暦車になるわけではないということです。

 

修復暦車というのは、車の骨組み部分にダメージが及んでしまった車です。

 

車の骨組み部分は完全に修復することが出来ませんので、以後ずっとこれを引きずることになります。

 

そのため、修復暦車は圧倒的に車の価値が下がります。

 

なお、注意して欲しいのが先ほど事故車は修復暦車に含まれるということですが、概念として理解して欲しいと重います。

 

例えば、人が車の屋根の上に上ってへこませてしまった場合には、事故が無いのに修復暦はあるという奇妙な車が出来上がります。

 

厳密には両者は異なる概念ですが、大きな事故をした場合には骨組みが修復できないことが多いので、酷い事故をした車という扱いで、ある意味では問題なしと簡略化しています。

修復暦は公取協で定義されている

社団法人:自動車公正取引協議会という団体で、修復暦車の定義をしています。

 

  • フレーム
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル

 

これらの要素を修復した車は修復暦車となります。

 

また次のものを交換したものも修復暦車になります。

 

  • ラジエターコアサポート

 

ここで注意して欲しいのがここの要素以外の損傷が、どんなに酷くても修復暦車にはならないということです。

 

先ほども申し上げたように骨組み部分の完全修復は不可能なので、それ以外の部分についてはパーツ交換で何とかなる場合が多いです。

 

細かい話ですが、これはモノコック構造の車であって、ラダー構造の車ならフレーム自体の交換も出来ますから、この限りではないでしょう。

実は修復暦も悪いものではない

ここまで修復できない損傷を負った車は価値が低くなりますので、避けたほうが良いように思えます。

 

ただし、果たして車の骨組みに多少難があっても日常利用に困るでしょうか?

 

例えば車がまっすぐ走らないのは大問題ですが、重量バランスが悪いぐらいなら別に気になりませんよね?

 

人が乗っていたり、荷物が偏って乗せているなら重量バランスが偏ります。

 

つまり、言いたいことは骨組み部分に損傷をおっていても、完全に修理できないといっても、それが問題になるでしょうか?

 

車が安くなるなら、多少の不安要素があっても良いという人もいます。

 

私の親戚は日産セレナの修復車を格安で買いました。

 

結果的にスライドドアが片側開かなくなって、修理する羽目になりましたが、車体自体は修復暦が無い車に比べて半額程度で買うことが出来ました。

 

このように修復暦は気にならない、気にしない人にとっては安くする要素として利用できます。

 

もちろん程度によりますよ?

 

骨組み部分が切れてしまって音がうるさいなんていうのは論外でしょう。

 

「修復暦」という悪のレッテルが貼られた車は気にしない人にとってはお宝中古車になる可能性がある、リスクを承知で安く買いたい方は検討してみても悪くないのではないでしょうか?

事故暦と修復暦は程度で違うと考えてOK

厳密にいえば修復暦は事故暦に含まれる場合が多く、損傷の程度で変わってくるといえば語弊が出るわけですが、実質的な問題としては程度の大小で問題ないでしょう。

 

特に車を買う場合には、事故暦について表示することはあまりないのですが、修復暦は後の賠償責任もあるのでしっかりと表示しているはずです。

 

つまりは、修復暦があるということは大きな事故を経験しているということですから、その程度や場所、影響についても調査して購入の検討に利用する必要があるのです。

 

私の身内に日産セレナの中古修復暦車を購入しましたが、過去に右中央部にダメージがあってスライドドアの開閉に不具合が生じていました。

 

ただ、別に左のドアが開けばいいということで納得して買ったわけで、このような考え方ができるのは、修復暦車であり状態が分かっていたからということになります。

 

このように購入時においては気をつければよいということだけですが、実は車を売る時には事故暦と修復暦は分けて考えるべきなのです。

 

事故暦があってもしっかりと修理されているならば査定額は基本的に大きく落ちるものではありませんが、修復暦は当然に査定額は落ちるものです。

 

つまりは、過去の事故暦が修復暦にあたるのかはどうかは知っておかないと不用意に査定減額される可能性があるということです。

 

整備記録簿などがあればその証明になりますが、勘違いをしていることで意図的に安く評価されるなんてこともありえます。

 

車を売るときにこそ、事故車と修復暦車の違いは明確に分けて考えるようにしてくださいね!

 

以上、「車の骨組みからわかる「事故車と修復歴車」の違い」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】