カーナビもローンに組み込めるのか?

車のローンは車検などにも利用できるということを知っていますか?

 

車関連の支出ならば幅広く利用できるなんて特に中古車を買うときには助かるかもしれません。

 

さて、この範囲どこまで広いのでしょうか?

 

今回の質問内容は車ローンの適用範囲になります。

 

車購入時にお金が無いのでローンを組むことにしました。

 

でも車って買うときに車体以外にも様々なものが必要なのですね。

 

ところで、現在はカーナビがない車なんて考えられないですよね。

 

昔はカーナビなんて地図があれば十分だ!なんていっていた年配の方がカーナビを愛用しているなんて時代の変化を感じます。

 

こんな便利なカーナビを車のローンに組み入れても問題ないでしょうか?

 

車関連の支出ならばローンの適用範囲であるとすればカーナビも問題がないはずですよね。

 

今回は車ローンの適用範囲がどこまで及ぶのかということをカーナビを例に出してみていきます。

ローンに組み込んでも問題なし

ディーラーで買うカーナビでは、ディーラーオプションの一部に入っています。

 

そのため、ローンに組み込んでも問題ないわけです。

 

ちなみにディーラーで買うときならローンに組み込めるものは他にもあります。

 

アルミホイールなどのドレスアップパーツからタイヤ、マットレスなど多くのものをローンに組み込むことが出来ます。

 

実際に、ほとんどのものは可能でしょうけど、詳しいことは販売店に聞けば間違えないでしょう。

 

逆に組み込めないものは、販売店以外で買うものになります。

 

例えばカーナビも販売店以外で買うのならローンに組み込めません。

 

ここから分かるように販売店で車体と同時に買えるものがローンに組み込める対象となります。

ローンに組み込むと便利なもの

最後にローンに組み込むと便利なもの、販売店が「これもどうぞ!あれもどうぞ!」なんて勧めてくるのが役に立つかどうかを判断するときに役立てて欲しいと思います。

 

  • カーナビ
  • ETC親機
  • オーディオ
  • バックモニター
  • 本皮シート

 

こんなところでしょう。

 

グレードの中で組み込まれているものは別途ディーラーオプションで買うよりもグレードを選択するほうがお得な場合が多いです。

 

本皮シートなどは上位グレードに設定されていますが、わざわざ低いグレードで本皮シートなどをつけるのはもったいないです。

 

つまり、グレードを選んでからディーラーオプションを選ぶというのが正しい選び方です。

 

現在は車によってはカーナビも一体的についているなんていう場合もあるからそんなときは悩まず選んでOKです。

 

以上、「車購入時にカーナビもローンに組み込めるのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています