国産の車であっても大きな車は維持費がかかるということで、近年では軽自動車やエコカーが人気を博しています。

 

ただ、維持費がかかるような車に魅力があるのもまた事実で、むしろ維持費がかかるからこそ差別化できるなんて考え方もできます。

 

一般にお金がかかるといわれている外車ではどうなのか?ということが今回の質問内容です。

 

Q:最近、外車が気になっています。

 

昔に比べて、街中を走る外車は増えましたがそれでも国産車ユーザーからすればかなり希少なものとなります。

 

外車を所有すること自体がステータスとまではいかなくなりましたがまだまだ一目置かれるほどには意識してもらえます。

 

ただ、やっぱりそれなりの代償といいますか、外車は維持費が多くかかるのでしょうか?

 

外車は基本的に国産車よりも維持費がかかります。

 

それは当然の話で、現在の国産車はパーツなどを各メーカーで共通化しているので、交換などがあっても部品が珍しいものではありませんから、部品の費用も安く済みます。

 

反面、外車では最悪の状況では海外から取り寄せるしかなく、こうなれば当然部品費用も大きくなりますよね。

 

さて、前置きは長くなりましたが、現代ではこの状況に変化がでてきていますので、その部分についてお話していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

外車:維持費の変化

A:そもそもなぜ昔は外車の維持費が多くかかったかといえば、故障すると何かと本国にパーツを取り寄せたり、修理にも日本車とは異なる壊れ方をするので、手間が掛かって面倒だったのです。

 

でも、最近は外車の販売店も増えてきて、それに伴い修理も国産車ほどではないですが問題ないほどには対応できるようになりました。

 

特に日本で人気がある、【ベンツ・BMW・フォルクスワーゲン】などのドイツメーカーならば、日本国内であってもほとんど気兼ねなく使えるのが現状となっています。

 

もちろん、本国からパーツを仕入れたりすることで為替の影響などを受けることもあるでしょう。

 

2013年は極端な円高でしたが、その当時と比べると驚くほど円安になっています。

 

調達コストが上昇し外車の価格もあがる、パーツ代も高くなるというものがあります。

 

そのため、為替の影響を考えると日本車と比べると特に割高な印象はありますが、維持費が特別に高いかといわれればそんなことは無いでしょう。

外車と日本車の維持費の違い

基本的には外車は日本車よりも維持費が高く付くことが多いです。

 

その理由としては、パーツの取り寄せと日本車と考え方が違う部分があるからです。

 

少し語弊もありますが、外車は走行性能を発揮できるように、交換しなければいけないパーツが日本車と違うという点があります。

 

全体的な足回りが硬いために、それらの交換をしなければいけないのです。

 

日本車はどちらかというと生活に使いやすい車という形でメンテナンスを多少しなくても走りますが、外車はメンテナンスをしないと走らないまではいわないですが、性能を発揮できないのです。

 

イメージとしては日本車よりもスポーティーな車と考えてもらえると分かりやすいのではないでしょうか。

 

その点で外車は維持費が高くなるのは仕方ないことなのです。

外車メーカーによる違い

メーカーによるお金の掛かり方の違いも当然あります。

 

こちらも大雑把な言い方になりますが、特にメルセデスベンツ・BMW・アウディなどのドイツ車系は、ヤナセがメジャーになってから大分維持費が楽になりました。

 

というのも、パーツの取り寄せに時間もお金も掛かりますので、この辺も日本車と比較するべき点なのです。

 

ちなみに最近の日本車は、パーツ自体が共通のものを使っているので、さらにメンテナンス費用が少なくなりました。

 

この点を考えると、どうしても外車に乗らなければいけない理由が無ければ、日本車に乗ったほうが当たり前に経済的ということになります。

 

日本に生まれて日本車に乗らないのはもったいないですしね。

 

逆に海外の日本車愛好家はアメリカなどを除けば、メンテナンスに割高な費用を必要としているかもしれません。

外車の今後について

日本車と比べてしまう海外の車の印象は、維持費が高い・壊れやすいというものでしたが年々解消されてきています。

 

その役割として認定中古車制度の取り入れなどによって、中古車販売をするときには、消耗品の交換や点検整備などの品質管理も整備されました。

 

特に品質面においては、昔ほどシビアではなくなりました。

 

それに対して、日本は超円高時代を経て、円安の傾向にありますのでその時から考えると大変車自体が高く感じるのではないでしょうか。

 

ここで為替相場を鑑みると維持費が高いか低いかというのが金銭的な問題であれば高いといえるのではないでしょうか。

 

円が安いわけですから、海外のものを日本円で買うとなれば当然多くのお金が必要になります。

 

ただ、維持費自体が高いですか?ということに関しては昔ほど故障もないしパーツ代もとんでもない工程を踏んで取り寄せないといけないということもなくなりました。

外車の維持費:まとめ

為替の影響で車が高い・維持費が高いと感じるなら外車には乗るべきではないでしょう。

 

今後も為替相場が円安傾向になればさらにお金が掛かります。

 

対して、故障頻度や修理・パーツ交換における国産車と外車のギャップのことを維持費と考えているのなら年々改善されていますので、特に負担に感じることはないと思います。

 

無理に外車を乗るぐらいなら、やめたほうが良いでしょう。

 

日本は車大国ですからわざわざ冒険をする必要はありません。

 

もちろん、どうしても乗らなければいけないということなら無理にはとめませんが^^;

 

以上、「お金のかかる外車・かからない外車」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。