今は車購入の資金を全額現金で用意するということは少なく、一部や全部をお金を借りて車を買う方が多いと思います。

 

車のローンは金利が低いので、長い期間で支払いをするケースも少なくありませんから、ローンが残っていることが車を売るときに困ることも多いです。

 

このように車を売却をしたいと考えるけれども、ローンが残っている場合にはどうなるのでしょうか?

 

今回はこのような状況にある方からの質問です。

 

Q:私は現在、車のローンを払っている最中ですが、新たに車が欲しくなってしまいました。

 

そのため、現在持っている車を売って新しく買う車の頭金に充てたいと考えています。

 

ローン最中の車を買取査定に出しても大丈夫でしょうか。

 

よろしくお願いします。

 

車は日々価値が下がっていきますから、ローンが終わったら車を売ろうと考えている方も、実際問題としてローン中でも売却できるならばそうしたいところです。

 

ローンが終わる頃には安くしか車が売れませんから、使ってないならば売ってその金額を持ってローンを返済したいところです。

 

さて、ローン中の車を売るときにはどうしたらよいのかということを、簡単に答えていきますね。

ローン中でも車を売れる!

A:車を売るときには、ローンやクレジットは完済することが原則です。

 

というのも、これについては実質的な問題と契約上の問題があります。

 

まず実質的な問題としては、多くの場合には現金で車を買うということはないので、またローンを組むと思います。

 

現在のローンが残った状態で車をまた買うのにはさらにローンの審査を通さないといけなかったり、また支払いの面でも困ることが多いからです。

 

いずれも問題ないという方ならぜんぜん心配は無いのでしょうけれども、多くの方はそうでないでしょう。

 

また契約上の問題というのは、次の段落でお話するクレジット契約での購入です。

 

この場合には、所有権は融資元などにありますので、勝手に別の所有者の車を売ってはいけません。

 

ほとんどの場合には、使用権があれば車処分についても権限があるように思えますし、実際についてはそういうことも多いですが、契約上は上で言っているように他人のものを勝手に売ってしまう行為になります。

 

これら2つの問題からローンやクレジットを完済してから車を売るというのが原則ということになります。

 

ただし、そうはいっても売ろうとするときには一括返済できているならそうしているわけで、そうできない問題があるから困っている、というのはよく分かります。

 

このことは借り換えなどを行うことで、車保有を前提としたクレジットをうまく切り替えることも可能です。

 

気になる方は詳細を確認してください。

 

⇒低金利のローンに借り換えをする場合はこちら

 

次に残価設定型クレジットを返済中、車を売りたい場合を見ていきます。

残クレなどの場合

クレジットの場合には、融資元が所有者となっていますから勝手に車を売るわけには行きません。

 

ただし、特に大手の車買取店においては車を買い取るときにあなたの代わりに一括返済をしてくれるので、ほとんどの場合では車を売ることが出来ます。

 

そのため、多くのケースではローンが残っていても車を買取査定に出して売ることが出来ます。

 

なお、売るとなればローンやクレジットでの残債が残っていても問題ない場合が多いですが、この残債の取り扱いについては車売却額の大小で完済できるかということによって、その後が変わってきます。

 

どういったことかといえば、車売却額がローン残債よりも大きければその差額はお金がもらえますが、逆にローン残債のほうが車売却額よりも大きいならば、残りはローンを組まなければならないということになります。

 

しかも、残債については金利が高いローンになる場合も多いために、出来る限り銀行系カーローンで低金利に借り替えてから、車を売却するほうが望ましいでしょう。

 

もちろん、時間的に余裕が無ければ仕方ありませんが、逆に残債が残った場合にも銀行系カーローンの借り換えが可能です。

 

仮審査などには時間が掛かりますので、低金利ローンの借り換えに興味がある方は必ず確認してくださいね。

 

⇒低金利ローン借り換えの詳細を知りたい場合はこちら

ローン中の車を売る流れ

ローンの残債があるなら地域密着型の車査定会社でも良いですが、できれば大手車買取店に査定を依頼したほうが良いでしょう。

 

これは先ほどお話したように、ローン残債について一括精算しますのでそのようなシステムがないと車を売ることが出来ない可能性があります。

 

さて、そのときに車査定額がローンの残債よりも多いときには、ローンを精算した後の金額があなたに振り込まれ、もし車の査定額がローン残債よりも少ないときは、残額についてまたローンを組むことになります。

 

後者の場合には、何の意味があるのかというところですが、残債が減るだけ良いと考えられる場合には使うと良いでしょう。

 

いずれにしてもローンの残りに対して、車の査定額がいくらになって余るのか足りないのかは業者に相談してみるか、自分で計算できる方は試算してみてください。

 

なお、残債の整理のために車を売ったり、使わない車なので処分したいというならばまだしも、車売却でお金を手元に残したいと考えるならば、要望通りにならないこともありますので、その点は留意しておくとよいでしょう。

 

とはいえ、車売却額を返済に充てれば多くの場合に、月々の支払い負担は小さくなる場合が多く、金利や返済期間の変動が極端な例を除けば長期的に考えても経済的な負担は小さくなるでしょう。

ローン中なら大手業者に依頼する

大体の地域では、産業道路や大きな国道沿いに大手車買取店が出店しているでしょうから、そこへ車を持ち込めばよいというわけです。

 

ただ、実は車をわざわざ持っていく場合には、売値が安くなってしまう可能性があります。

 

わざわざ手間をかけているのになぜ?と思うかもしれません。

 

車が高く売れるかどうかはしっかりと比較できているかというところにあります。

 

1社のみだと業者の言い値が査定相場となってしまうので、他の業者と競争させることが大切になってきます。

 

そのため、持ち込みで査定をするとどうしても比較が難しくなってしまうので、出来るだけ持ち込み査定はやめましょう。

 

自宅に多数業者を呼べる出張査定を利用してください。

 

特にローンの残りが有る場合には、出来るだけ高く売りたいですよね。

 

そんなときは出張査定で業者間比較をしてください。

 

個別で申し込みのもいいですし、面倒な方は無料出張査定申し込みを代行してくれるものを使ってください。

 

⇒出張査定を依頼できるサービスはこちら【無料】

 

以上、「ローン中の車を売ることが出来るのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】