あなたは車査定概算額をどのような目的で知りたいですか?

 

車を高く売るため?それとも車の価値をただ知っておきたいだけでしょうか。

 

最近はインターネットで車査定の概算額をすぐに調べることが出来るようになりましたが、実はこれらの目的によってサービスを使い分けないといけないことをご存知ですか?

 

こちらではまず車査定を概算でわかるサイトを見た後で、その概算額をどのように使っていくのか、ということを説明していきます。

車査定概算額を見る方法

とりあえずの価格を知るならメーカー側が用意している下取り参考価格を調べるサイトが手軽で早いでしょう。

 

例えばトヨタでは、こちらのページから調べることが出来ます。

⇒トヨタの公式ページ:下取り参考価格情報

 

日産ではこちらです。

⇒日産の公式ページ:下取り参考価格シミュレーション

 

それぞれの特徴は、国産車ならどのメーカーもサポートしている点です。

 

もし、知りたい車の情報があるのなら、上の二サイトが最も有名な車査定概算額を見る方法です。

実は概算額の精度はあまり良くない

査定額は同じぐらいでしょうか?それとも少し異なるでしょうか?

 

それぞれのサービスによって価格差はあれど、たいていは同じところで落ち着きます。

 

ところでこの査定額に満足いく結果だったでしょうか?

概算額の精度が良くない理由

多くの方はもっと高いと思っていた!というのが感想のようですが、これは仕方がないことなのです。(ちなみに相場を比較した結果、メーカー公式サイトでは高めの概算額が出ていることが判明しました!)

 

実際にあなたの車を見て判断しているわけではありませんから、正確な額を算出することが難しいのです。

 

実際の車を見ていない以上は無難なところで価格をつけるしかありませんからね。

 

そのため、概算額であることを知ったうえで利用する必要があります。

メーカー公式サイトで見れる概算額の利用方法

下取り参考価格を調べるサービスは、車をまだ売るつもりは無いけれど価値だけは知っておきたいということに向いているわけで、車を高く売りたいということについてはそれほど有用な情報ではないのです。

 

実は残念なことに調査の結果、これらの概算額は実際の下取り額よりも高めに表示していることが多い、ということが分かりました。

 

車の状態によってもメーカー側の意向によっても変わってくるものですが、実験調査結果が気になる方は別ページで詳しく解説していますので、ご確認ください。

 

⇒車査定オンラインサービスの比較:買取価格の精度を調査した結果を詳しく見る

車査定の概算額を利用する注意点

先ほどのサービスは車を見ないですぐ概算額を表示してくれるものですから、車を売るつもりがないときには情報の正確性はまだしも興味は満たせますよね。

 

でも、今から車を売りたい。そのときには出来れば高く売りたい、最低限安く売って損はしたくないと考えている方にとっては使い勝手が悪い情報ということをお話してきました。

 

情報というのは、正確性や有用性ということを気にしなければいけませんから、実際に何かに役立てるということについてはそれほど有用なものではないのです。

関連記事

車査定のトリセツ

買取業者やディーラーの車査定を受けて査定額にがっかりした経験はありますよね?

実はその査定額、車本来の価値じゃないんです!

 

⇒車査定で損をしたくない方はその理由を確認!!

車を売るときは使える相場情報を知る必要あり

車を売る場合においては、実際に車を見て査定をする必要があります。

 

それによってあなたに車の価値は正確に算定され、高く売るという目的に合致した情報を取得できますし、実際に車を売るときにも情報の取得と売買の準備を同時に行うことが出来ますので手間もかかりません。

概算額を使って車を売ってはいけない理由

とりあえずの査定額でも良いので、車買取の概算額でも気休めでも良いので見ることは出来ませんか?という質問を受ける機会は多くあります。

 

その質問の意図というのは実は大きく2つあって、車はまだ売るつもりはないのだけど価値だけは知っておきたいという場合、そしてもうひとつは車を売りたいから価値を知りたいというケースです。

多くの方が概算で車査定額を知りたい訳

車を売る気がないのに、車を売るための査定サイトを利用してしまうと売るつもりが無いのに営業をかけられて非常に困るというものです。

 

売る気が無いのに営業された!というのはまさにこのことで、一括査定サービスの利用方法を間違えてしまっているときに発生するものになります。

 

逆に売るときの概算額として利用したいと考えているならば、最適な情報を提供しそうですが、概算額の使い方によっては逆に損をしてしまうなんていうケースがあるので難しいものです。

車買取店が車を高く買わない理由

これは車買取店が「車を高く買います!」なんて宣伝しているのですが、本当は車を安く買いたいと考えている、また実際そうしていることが原因です。

 

このため、間違った情報を利用して査定に臨んでしまったがために、相場よりも著しく安い金額で手放してしまうなんていうことも往々に起こっています。

 

しかも、車買取業者が高く買ってくれた!とオーナーは感じるので非常に業者にとっては良いものとなっていますが、知らず知らずのうちに車を安く売ってしまっているということは、このようなことから気がつかないものなのです。

 

これらの目的を効率的に達成するためには、インターネット査定サービスは目的に応じて使い分けないといけません。

 

例えば、情報を入力してすぐに査定額がわかるサービスでは興味本位で知るのなら良いでしょうけど、車を高く売りたいという方にはそんなに役に立たないということです。

車を査定するときに概算額を知る方法

ネットで車を売るときには、査定申し込みサービスを利用するわけですが、このサービスにも種類があります。

 

長く運営している老舗から、最近シェアを拡大しているサービス、あまり大きな声では言えないけれど高く売るためにはオススメできないサービスなどもあります。

 

今回は概算額を知りたいということですから、それに特化したサービスを確認していきます。

車価値を概算で知っておきたい理由

実際に査定を受けたら額は確定するわけですが、その前に査定額を知っておきたいと思いますよね。

 

私なら実際に査定を受ける前に知っておきたいと考えますけど、あなたはどうですか?

 

事前に査定額の概算を知っておけば心の準備もできますから、安心して査定依頼できます。

査定は概算額が出るものを使う

これらサービスの特徴は、車を高く売る上で大切な査定額の比較が簡単に出来る、というよりも査定申込みは手間が掛かって面倒なので手抜きできることにあると思います。

 

このように査定会社を統括しているようなものですから、どの程度の査定額で買われているのかを、まとめた結果をユーザーに配信しています。

 

これをしてくれるサービスをしてくれないサービスがありますので、一括査定を申し込んだ後にすぐ知りたいならこの2サービスの詳細を確認してください。

査定申し込み後の概算価格がわかる例

かんたん車査定ガイド申し込み例

買取業者と交渉をする前に概算額がわかれば、業者との話し合いをスムーズにすることができます。

なぜ業者と査定交渉がスムーズになるのか

その理由は業者は最初に査定額を言わないことが多く、先に来た業者よりも少し高い金額を提示していくからです。

 

また、最悪のケースでは車価値を知らずに車を安く売ってしまうなんてこともあります。

 

このような損を避けるために概算額を知ったうえで車査定交渉をするようにしましょう!

 

なお、この概算額は過去に査定を受けた似たような条件の車で算出していますので、役立つ概算価格情報ですね。

 

⇒概算価格がわかる「かんたん車査定ガイド」詳細

 

⇒ヤフー子会社の「カービュー」詳細はこちら

 

どちらか気に入ったほうを利用すればよいわけですが、高く売りたいと考えているならば、査定業者数は多いほうが車を高く売ることが出来る可能性があがるので両方試してみてください。

車を安く売らないためには交渉は必須

車を売る時にはその車の相場を知ることは大切ですが、それよりも大切なのは業者と交渉をすることです。

 

その理由は、業者とあなたの利害が対立しているからで、業者は車を安く買いたい、あなたは車を高く売りたいはずです。

 

このような状況では、車を高く売ることは一筋縄にはいきません。

ネットが使える今は状況が変わっている

ただし、利害が対立しているから高く売るのは難しいというのは昔の話であり現在は違います。

 

複数業者と査定額を比較して交渉するという方法が一般の方でも簡単にできるようになりましたので、交渉の経験が無くても車を安く売って損をすることを防ぐことができます。

 

車査定業者を比較する必要性

業者間で査定額を競争させる理由

ただ業者に高く車を買ってくれ!と要求しても当然にそのようにはしてくれませんが、他社の査定額を持って金額的な交渉をすることで査定額を伸ばすことができるでしょう。

 

交渉が苦手な方も得意な方も経験や能力問わずに利用できる方法ですから、車を売る時には参考にしてくださいね。

車を売るときも概算査定額を利用する

概算の査定額を知りたい目的というのはどういったことでしょうか?

 

車を買い替える?それとも所用でお金が必要になる?

 

ただ、概算はあくまで仮の価格で実際に車を見ていないのに査定なんて出来るわけもありません。

なぜ実際に車を見ないと価値がわからないのか

大きな事故を経験した車ならやはり査定額が下がりますし、ボディーや内装の状態がよければ査定額があがるというわけです。

 

実際に車を見ていない状態で車の価値なんて正確にわかるはずもありません。

 

そこで、なにかの用立てとして車を売ることを考えているのなら実際に車を見て査定を受けてください。

 

それによって良い査定額なら売ればよいですし、そうでないなら売らなくても大丈夫です。

査定額を見て売らなくてもよく無料で使える

もちろん、車買取業者としては無料で出張査定をするわけですから、車を売ってくれれば一番良いでしょうけど、そこは査定額を努力できるかどうかというところがありますから、仕方がない部分もあります。

 

なので、査定額が気に入らないなら車を売らなくても良い、査定だけでもOK!と公言していますから、もしあまりあてにならない概算額では満足しない方は車を実際に査定してもらってください。

 

車査定方法

 

金額的な交渉をすれば業者も査定額をつけるしかありませんから、使えるものはうまく使ってあなたの車を高く売る上で役立ててくださいね!

 

⇒無料で使える出張査定のサービス詳細

車査定業者ロゴ

 

車を売るというのは、業者も安く買いたいという思惑があるので、普通に売ると難しいものです。

 

ただ、あなたが行う方法によって数万円から数十万円、または100万円単位で変わってくる場合もあるでしょうから、ぜひ損の無い方法をとって欲しいと考えています。

 

そのために、これら情報を参考にしてくださいね!

 

以上、「車査定を概算で見る方法と注意点」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

買取査定額に近い概算額を知りたい場合

買取価格に近い概算額というと結構難しい要求だったりします。

 

というのも、実際に車を見てみないと車の価値というのは分かりづらいからです。

 

それでも買取業者はある程度車価値をあてることができるのは、車の年式と走行距離・グレードと事故車かどうかであたりを付けることができるからなのです。

 

その点で当サイトでも車買取業者が車価値を概算で考える資料を使って車価値を計算しました。

 

車を売る前にどのぐらい価値があるのか、買取額の目安になりますので、利用してもらえたらと思います。

 

例:トヨタアクア3年落ち車査定の概算額

アクア3年落ちグレード別買取相場

 

概算相場表を算出するときの特徴

  • 過去1か月分のデータを利用
  • 予測しない
  • データを複雑に見ない

 

算出方法としては、業者オークションでの価格成立のデータに買取業者の利益分を考慮して参考相場を算出しています。

 

さすがに業者オークションのデータをそのまま表示することは出来ないことは分かってください。

 

最大の特徴は過去1か月分のデータを更新しているという点で、車を売るときに役立てることが出来ますから役立ててくださいね。

 

⇒車査定の概算額を知りたい場合はこちら

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス