リサイクル料金というのは車を解体したときのリサイクル費用を、前払い(預託)しているものですね。

 

2005年より自動車リサイクル法によって、廃車時のリサイクル料金を預託することになりました。

 

2005年前の車に関しては、車検時にリサイクル料金を預託しますから、2015年現在で公道を走っている車は全てリサイクル料金を預託されているわけです。

 

こんなリサイクル料金ですが廃車時に預託した費用から捻出されますから、それ以外の譲渡などでは使われないわけです。

 

車を売ったならリサイクル料金は返してもらえるという話でしたが、実際にはそのようなものはありませんでした。

 

大手車買取業者なのにこんなことがあるのでしょうか?

車買取契約書を確認してみてください

基本的にリサイクル料金を返してくれないという業者は有りません。

 

でも、分かりにくい状態になっている可能性がありますので、車買取契約所を見てみてください。

 

確認してみると査定額の中にリサイクル料金が入っているなんてことが多いですがいかがでしょうか。

 

基本的にリサイクル料金を戻さないというケースはありません。

 

あったとしたら、0円で引き取り=廃車とした場合でしょう。

 

この場合は残念ですが、リサイクル料金の返還はありません。

 

廃車するわけですから、リサイクル料金は健全に利用される・・・はずです。

リサイクル料金を確実に返還されるために

基本的に返してもらえるリサイクル料金ですが、それでもリサイクル料金を返還しない業者がいないわけというわけではありません。

 

具体的にどんな手口かといえば、廃車するということで引き取った車を輸出などに出してリサイクル料金を回収するというわけです。

 

輸出先ではリサイクル料金がかかるというよりも、パーツとしての価値がある車なら解体費用以上の価値を捻出出来ます。

 

また国内で預託されているリサイクル料金は回収できますので大変儲かりますよね。

 

こんな方法でうまく無料で廃車するということで車を引き取ったらよいですよね。

 

というわけですから、廃車ではなく売却という状況で車を手放すことが重要です。

 

どんなに価値のないといわれた車でも0円で引き渡すのではなく1円以上で売ってください。

 

どうしても0円にこだわる業者はこのようなことをしているかもしれませんので、リサイクル料金の回収は困難でしょう。

 

とはいえ、それよりも輸出に強い買取業者を探すほうが良いとは思いますけど^^;

 

あなたがやりやすいほうでやってみると良いでしょう。

 

いずれもリサイクル料金は、廃車目的で引き渡さないなら返還を受ける権利がありますのでしっかりと確認してみてください。

 

以上、「車を売ったときにリサイクル料金は戻ってくるのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。