引越しをしたことで、車のナンバーが他府県ナンバーとなってしまいました。

 

他府県ナンバーとは、今住んでいる地域のナンバーではなく元々住んでいた地域のものということです。

 

例えば、千葉県に住んでいて野田ナンバーなのに、現在住んでいるのが東京都中央区などといった具合です。

 

こんなときに車を売るならどうしたらよいのでしょうか?

車の登録住所と印鑑証明書の住所が異なる場合の手続き

実はそれほど難しいことは必要ありません。

 

本当に簡単です。

 

住民票を用意しましょう。

 

これで印鑑証明書と車検証の住所が異なるときにも車を売ることが出来ます。

引越し後には15日以内に移転登録を行わなければいけない

車を売ることではこれでことが足りるのですが、引越しなどで住所が変わったときには15日以内に所轄運輸支局に移転登録手続きを行わなければいけません。

 

これをしないとどうなるのか?

 

国土交通省では、移転手続きをしないとこのように警告しています。

 

  • リコール情報が届かないこと
  • 道路運送車両法による罰金が課される可能性があること
  • 盗難や事故のときに所有者や使用者の確認が遅れること

 

3つ目に関しては国の管理側の都合というところでしょうか^^;

 

もちろん、15日以内に車を売るというケースでは今回のように住民票を用意して車を売るということで問題ありません。

 

しかし、ずっと放置している状態であれば、可及的速やかに移転登録を行ってください。

住民票を取って車を査定に出す

住民票は地方自治体で取得申請することが出来ますが、費用も1000円でおつりが来るほどですしそれほど面倒なことではありません。

 

ただし、平日しか取扱がありませんのでそれだけ注意するようにしましょう。

書類を用意しておいたほうが車が高く売れる可能性が高くなる

車買取業者は、車を売ってくれる相手でなければ出張査定をしても時間の無駄になってしまいます。

 

基本的に車を売ってくれる可能性が高い相手に対して積極的に査定をしてくれます。

 

もしあなたが車を高く売りたいと考えているなら、できれば車を売り易い状態が業者に分かるようにアピールすべきです。

 

ここでいうならば住民票をしっかりとって書類を完備することで、売る気のある車オーナーをアピールすることが出来ますので、余力があれば絶対に用意してから査定を行うようにしてください。

 

以上、「引っ越しで他府県ナンバーですが車を売ることが出来るのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。