例えば親戚が海外にいるときに、家のガレージが狭いので処分するとき。

 

車を売るときには所有者が集める書類がなければ売ることは出来ません。

 

でも所有者は海外在住・・・

 

「なんで名義変更や処分しておかなかったんだよ!」なんて思っても仕方ありません。

 

車所有者が海外在住のときに車を売るためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

その問題点からみていきたいと思います。

実印と印鑑証明書が集めることができない

印鑑証明書は、車所有者在住の地方自治体によって発行してもらうことが出来ますね。

 

つまり、海外に在住であれば事実上これを発行することが出来ないものとなります。

 

そのため、所有者が海外在住時に車を売る場合には実印と印鑑証明書の問題をどのように片付けるかというところになってきます。

 

車の所有者は海外にいるために、車を売るときの書類を集めることが出来ません。

 

通常の方法では車を売ることが出来ないので特殊な方法を取る必要があります。

大使館を通じて書類の代わりになるものを取得

車を売るときには実印と印鑑証明書が必要ですが、所有者が海外在住ならこれらを取得するのを諦めるしかありません。

 

でも、これでは車を売ることが出来ませんね。

 

そこで、実印と印鑑証明の代わりになるものを取得する必要があります。

 

ところでこれらの代わりになるものってどんなものだと思いますか?

 

日本では意外なもの、海外では当たり前のもの。

車所有者のサインがあればOK!

日本だと何かと判子ばかりですが、さすが海外!サインで良いのです。

 

つまり、大使館を通じて車所有者のサインをもらえばよいというわけです。

 

もちろん、ただ紙に書いただけではダメなのは当然で、署名と署名証明が必要になります。

 

これは車所有者に協力してもらう必要があり、日本国大使館や日本国総領事館に車所有者がパスポートと申請書、署名する書類を持って出向く必要があり、担当官の眼前で行う必要があります。

 

というわけですから、車所有者に協力してもらわないといけません。

 

所有者も面倒ですし、車を処分する方も面倒です。

 

出来るだけ海外に行く前に車を譲渡しておくなりしておけば手間も迷惑もかからないので、もし今後同様の事態が起こりそうなら事前に手を売っておきましょう。

 

以上、「所有者が海外在住で車を売るためにはどうすればよい?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。