例えば親戚が海外にいるときに、家のガレージが狭いので処分するとき。

 

車を売るときには所有者が集める書類がなければ売ることは出来ません。

 

でも所有者は海外在住・・・

 

「なんで名義変更や処分しておかなかったんだよ!」なんて思っても仕方ありません。

 

車所有者が海外在住のときに車を売るためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

その問題点からみていきたいと思います。

実印と印鑑証明書が集めることができない

印鑑証明書は、車所有者在住の地方自治体によって発行してもらうことが出来ますね。

 

つまり、海外に在住であれば事実上これを発行することが出来ないものとなります。

 

そのため、所有者が海外在住時に車を売る場合には実印と印鑑証明書の問題をどのように片付けるかというところになってきます。

 

車の所有者は海外にいるために、車を売るときの書類を集めることが出来ません。

 

通常の方法では車を売ることが出来ないので特殊な方法を取る必要があります。

大使館を通じて書類の代わりになるものを取得

車を売るときには実印と印鑑証明書が必要ですが、所有者が海外在住ならこれらを取得するのを諦めるしかありません。

 

でも、これでは車を売ることが出来ませんね。

 

そこで、実印と印鑑証明の代わりになるものを取得する必要があります。

 

ところでこれらの代わりになるものってどんなものだと思いますか?

 

日本では意外なもの、海外では当たり前のもの。

車所有者のサインがあればOK!

日本だと何かと判子ばかりですが、さすが海外!サインで良いのです。

 

つまり、大使館を通じて車所有者のサインをもらえばよいというわけです。

 

もちろん、ただ紙に書いただけではダメなのは当然で、署名と署名証明が必要になります。

 

これは車所有者に協力してもらう必要があり、日本国大使館や日本国総領事館に車所有者がパスポートと申請書、署名する書類を持って出向く必要があり、担当官の眼前で行う必要があります。

 

というわけですから、車所有者に協力してもらわないといけません。

 

所有者も面倒ですし、車を処分する方も面倒です。

 

出来るだけ海外に行く前に車を譲渡しておくなりしておけば手間も迷惑もかからないので、もし今後同様の事態が起こりそうなら事前に手を売っておきましょう。

 

以上、「所有者が海外在住で車を売るためにはどうすればよい?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<