車にはそれだけで価値のあるパーツがありますよね。

 

たとえば純正であっても人気があるアルミホイールなどは、それだけでもネットオークションで取引されています。

 

さて、ここで廃車をするような車の場合には、どうせ車を廃棄処分するのだからパーツはとってしまってもよいかという質問内容になっています。

 

Q:車を廃車するときにつけているパーツも渡さなければいけないのでしょうか?

 

「結局捨てるならこのパーツとっておきたいな」と考えているパーツがあります。

 

純正でも社外品でも価値のありそうなものは次の車に使っても良いですし、個別にネットオークションで換金しても良いでしょう。

 

このようなことは廃車時に可能なのでしょうか?

 

よろしくお願いします

 

廃車ですから車を廃棄処分するわけで、分解などするならば使えるパーツは残しておきたい、または小遣い稼ぎをするためにパーツをはずして売るなんてことも可能でしょう。

 

価値あるパーツはどうせ捨てるならば利用したいと考えるのも当然でしょう。

 

そんなわけで廃車をする車のパーツははずしてから引き渡すことも可能なのかということをみていきましょう。

あなたにとって悪い場合がある

A:最近、無料で廃車するような業者が増えてきました。

 

これは廃車をすることで得られる資源としての価値が廃車費用よりも高い場合に業者有利なビジネスとなります。

 

無料で廃車をするということは、なにかしら利益を取らなければいけません。

 

取ってしまったパーツに価値があるのなら、これが成立しない可能性があります。

 

すなわち、無料での廃車は出来ずに費用を払わないといけないといった具合です。

 

このときにはあなたにとって都合の悪いものとなるでしょう。

 

ただし、基本的に業者が注目するのは金属としての資源価値でしょうから、それほど気にならない場合がほとんどです。

 

解体業者に直接聞いてみれば確実ですから、引き取り依頼のときに質問してみましょう。

個別にオークションで売るのは結構お得

価値があるパーツであることが条件です。

 

例えばレーシングモデルのグレードである場合にはホイールが純正でよいものがついていたり、シートが通常のものと異なるなんて場合には、それだけで価値がありますよね。

 

普通のものをとって売ったところでたいしたものになりませんが、グレードが高い車の部品は意外に欲しい人がいるものです。

 

こういったケースでは、ヤフーオークションなどで処分してみるとそこそこな価格で売れますので、希少価値があるパーツだと思うのなら行ってみると良いでしょう。

 

多くの場合には、似たような出品があるケースがほとんどですから、ヤフーオークションの出品状況など確認してから外しても遅くはありませんね。

 

パーツを取り外すのは大変かもしれませんが、少しで得をしたならぜひ挑戦してみてください。

廃車業者に取り扱いを聞いておくほうが良い

最後に廃車が無料でできるということをできることについてよく考えておくほうがよいでしょう。

 

つまり、何も面倒な手間をかけてほしい車というのは何かしらの価値があるからです。

 

たとえば輸出で車を処分したり、鉄くずにして資源として利用する、またはパーツとして分解して売るなんてこともあるでしょう。

 

つまりは、車に残った残存価値を考えたうえで廃車を無料としている場合が多く、パーツをはずした状態では廃車を無料でできない場合があります。

 

ただ、車には最悪鉄くずとしての価値もありますし、現在はリサイクル料金も前払いしていることを考えると、まったく取り合ってくれないかといえばそんなことはありません。

 

車種によって差はあるはずですが、パーツをはずしてから廃車をしたい場合には、事前に業者の許可を取っておくとトラブルにならなくて済みます。

 

車を廃車するときの参考にしてください。

 

以上、「廃車時に手放したくないパーツを外しても良いのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】