ローンが残っているときに廃車をする場合

ローンを使わずに車を買う人は少なくなってきていますね。

 

人によっては手元にお金を残しておきたいからこそ、比較的低金利なカーローンを使って車を買うという方もいます。

 

ただ、ローンが残っていたとしても事故などで車を廃車にしなければいけない状況もあります。

 

今回の質問はそのような内容になっています。

 

Q:先日、大きな事故をして車を直すかどうか考えるほどの損傷を負ってしまいました。

 

直すとしてもかなりのお金がかかるため、この車を廃車処分することになったのですが・・・

 

実はまだローンが残っているのです!

 

ローンが残っているような場合でも廃車をすることはできるのでしょうか?

 

よろしくお願いします。

 

事故などは突然やってくるもので、ローン中であろうが廃車にしなければいけない状況はありますね。

 

ただ、ローンの残債がある場合には、どのような手順で廃車にできるのか気になります。

 

というのも、ローンというのはクレジットを含む融資という意味で利用されることが多く、この場合には車の所有権があなたでないかもしれないからです。

 

あなたの車でなければ勝手に廃車することもできませんし、所有者の書類が必要になりますので、何かと手続きが必要です。

 

まずはその点から確認していきましょう。

車の所有権が誰に有るかをチェックする

A:簡単に廃車できるかどうかは所有権を持っているかどうかを確認してください。

 

実は銀行などのローンと、販売店などのクレジットでは所有権が誰なのかという扱いが異なります。

 

確認方法は簡単で、車の車検証の「所有者」が誰になっているかです。

 

今すぐダッシュボードなどに入っている車検証を確認してみましょう。

所有者があなたの場合

銀行や農協などのローンでは、所有権があなたとなるケースがほとんどです。

 

その場合には、あなたの名前が所有者として書かれていることでしょう。

 

このケースでは、誰にかまわず廃車することが出来ます。

 

つまりは、ローン中であっても車自体は廃車しますが、ローンの残債については残ることになり、保険などで清算できないならば車が無くなってローンが残るという状況になります。

 

もちろん、融資の残債が残ってしまった場合にはクレジットの場合でも変わりませんが^^;

所有者がクレジット会社や信販会社の場合

この場合には、所有権はあなたが持っていないので、勝手に車を処分することは出来ません。

 

ローン(クレジット)の残りを一括返済をして所有権を取得するか、ローン会社に相談すべきでしょう。

 

なぜこのようなことをしなければいけないかといえば、所有権があなたに無いからというのは当たり前ですが、車が担保と設定されているケースが多いからです。

 

借入金を全額払わないと、あなたが所有権を得られないような契約になっているため、勝手に車を売られると担保がなくなってしまうわけですね。

 

そんなわけですから、実際に事故などで大破した場合には致し方ない理由があるため、信販会社などでもそれほど言及されることなく所有権をあなたに移してくれるケースが多いようです。

 

この場合に、名義変更手続きを行うことになりますが、廃車手続きと同時に行うことが出来ますので、書類を揃えて一回で終わらすことが可能です。

 

所有権が無い車を廃車するときに必要な書類

所有権が無い車を廃車にするときには、車所有者の書類が必要になります。

 

つまりは、クレジット会社からあなたが車を廃車するための書類をもらうことになるため、クレジット会社には廃車をすることを承諾してもらうことに加えて、書類の発行も必要になります。

 

  • クレジット会社からあなたへの譲渡証明書
  • クレジット会社からあなたへの委任状
  • クレジット会社の印鑑証明書
  • あなたの印鑑証明書
  • あなたの住民票

 

クレジット会社からの書類についてはそれなりに時間がかかるために、自動車重量税や自賠責保険の還付を有利に受けるためには、最速でクレジット会社へ廃車許可と書類取得申請をすべきです。

 

信販会社などとしては、担保が消失するのは困ることでしょうけど、事故などの場合に車体を直さないとしたら借主が税金だけ掛かって無駄な状態になることを知っているので、不本意ながら同意してくれるでしょう。

 

早めに動くことが少しでも損を減らして、還付などの得を取れるわけですから、ほったらかしにせずに処理してしまいましょう。

ローンが残っていても基本的には廃車可能

融資の残債が残っていたとしても車の廃車はほとんどの場合に可能です。

 

所有者が廃車をすることに納得をしないことは、事故で車が使えないことが証明できれば納得するはずです。

 

というのも、そもそも貸し出したお金を回収できるように担保として車をおさえているわけですが、この車の価値がなくなったのに廃車を認めない理由はありません。

 

車は廃車しなければ使用者に車維持費がかかるわけで、そうなれば融資に比べれば微々たる額ですが回収可能性が若干下がるわけで、数字でみていく融資側に得は無いわけです。

 

そういったことで事故などでローン中の車を廃車する場合には、まずは所有権を確認して早めに動くことが経済的に損をしないために役立つでしょう。

 

以上、「ローンが残っているときに廃車をする場合」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • ローンが残っていても事故車を廃車できる?
    ローンが残っている状態で事故をして不動車になってしまうと、その車を廃車できるのでしょうか。   というのも、ローンを使っている場合には所有権がローン会社にある場合があり、所有者がローン会社で…
  • 【返済が終わったら】車ローン名義変更を行う方法
    残価設定型のローン(クレジット)を利用している場合には、所有権がローン会社という状態がほとんどでしょう。   ローンを払い終えたら、所有権を移す必要があります。 これをしておかないと車を売っ…
  • ローンが残っている車を手放す方法
    よくある質問シリーズで、今回はローンが残っている車を手放す方法についてです。   まずは質問内容からみてみましょう。   [su_note note_color="#f2f2d6…
  • 車の所有者・使用者などは車検証を見て確認できる
    車を売ったり廃車にしたりするには所有者の権限が必要です。   通常、車を買った場合には使用者も所有者もあなたですが、残価設定型クレジットやローンを利用した場合には信販会社が所有者となっている…
  • 車ローン完済から名義変更・売るときの手続き
    ローンが払い終わって、   「さて!車を売るか!」   なんて流れはおかしいですけれども、実際は良くある話です。   というのも、ローンがあるとなかなか新しい車を買おうと…