中古車オークション代行の評判とトラブル

中古車オークション代行の評判:3行要約

中古車オークション代行は大衆車なら20万円前後安く買えるかわりにリスク有り

トラブルを自己責任で解決するつもりなら中古車オークション代行は悪くない選択

予算内で質の良い車を探してもらうならばネットサービスがおすすめ

 

中古車オークション代行は一見合理的なように感じますが、果たしてユーザーにとってよいものなのでしょうか。

 

日本各地で業者だけが参加できる車のオークションがありますが、そのオークションには素人の方は参加することができません。

そこで取引されている中古車は、素人が手に出来る金額よりも安い金額で取引されていて、いわゆる業務販売価格での取引です。

 

中古車オークション代行業者とは

中古車オークション代行業者とは、業者オークションに参加できない一般人の代理で、指定された車を落札する業者をいう。

業者オークションに参加できるのは、自動車の古物商を持っている者で、一定以上の営業実績(店舗を持つなど)が認められる必要がある。

業者オークションに参加することは一定のハードルがある一方で、手続きをうまく行うことが出来れば参加自体はそれほど難しいものではないため、悪徳業者によるトラブルが発生しやすい。

 

そのため、仲介する業者は一定の手数料を得ますが、車両価格と手数料をあわせても、一般価格よりも安いので一見合理的と考えることが出来ますね。

 

ただし、この中古車オークション代行を安易に使うのはよく考える必要があります。

中古車を買うときに、支出面で有利な点も当然ありますが、このような取引には当然ながらリスクも存在します。

安く済んだ買い物が実は高く付くということも良くあるものです。

 

こちらでは、中古車オークションの代行業者の評判やトラブル、それに関連する車取得方法との比較をみていきます。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

中古車オークション代行の評判は良くない

ユーザーにとって利点があるような中古車オークション代行サービスですが、実際の評判はよくありません。

 

利用者からの評判もそうですが、業界内の評判もなかなか悪い状況で、結局は車を安く買えるという目的を達成するために多くを犠牲にする覚悟が必要であると判断します。

 

また、こちらは車ではなくバイクなのですが、なんと3年経っても納品されなかった代行があるので驚きです。

 

3年たっても納品されなかった中古バイク(相談事例と解決結果)_国民生活センター
3年たっても納品されなかった中古バイク(相談事例と解決結果)_国民生活センター 出典:http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/200706.html

 

結局、国民生活センターに相談をした方は信販会社を通じての取引であったために事なきを得ましたが、これが二者間の契約であったならば、多くの場合返ってこなかったものと考えています。

 

このように中古車オークション代行では、先にお金を払う場合にはそのまま持ち逃げされるケースがあり、これを防ごうとするならばある程度営業実績がある業者を使うことになり、業者規模が大きくなれば固定費がかかるために、思ったよりも中古車が安く買えなかったということも起こります。

 

そうなると安く中古車を買うためにオークション代行を利用するという趣旨が達成できないばかりか、リスクと時間だけとる形になってしまいます。

 

このような中古車オークション代行の評判を見る限り、素人が軽い気持ちで代行サービスを使うことは望ましくないことが分かります。

 

基本的には自己責任によって対処する必要があり、何かあった場合に損害賠償などを行うならば、自分で弁護士などに相談するなどしなければいけません。(それでは安く買う意味は全くないが・・・)

 

中古車オークション代行業者とのトラブルで困ってます。 - 中古車を安く買... - Yahoo!知恵袋
「自己責任において利用しなければいけないことが改めてわかる」ヤフー知恵袋のベストアンサー 出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1128688166

 

また、中古車のオークション代行は一見するとユーザー寄りのシステムなのですが、そこで調達される車は果たしてユーザーの希望通りのものなのかということを考えてください。

中古車オークション代行を素人が使うのは難しい

ユーザーの期待としては少ない予算でも中古車販売店で買うよりも良い車が買えるのではないかと考えますが、実際に業者オークションに流通している安い金額の車は程度が悪いからこそ流通しています。

 

程度の良い車は自分の販売店で売るということで、それ以外の車は業者オークションに流すような構造になっていることを考えると、その中でも相場が低いものに関しては、当然何かしらの問題を抱えている可能性があります。

 

このような可能性があっても中古車を安く買うことができるということなら別にかまいませんが、多くの場合にはそうでないことがほとんどでしょう。

 

なぜこのような予測が立つのかと言えば業者オークションの価格形成が合理的であることが理由です。

安く車を買おうとすれば悪い質の車になる理由

業者オークションでは目利きのプロたちが車を売買していますので、良い車ほど相場が高くなりますし、悪い車ほど相場は安くなります。

 

もちろん、悪い車をうまくごまかして流通させることはありえますが、逆に高い車を安く買うことは目利きのプロが車を評価していることを考えるととても難しいことなのは明白ですね。

 

業者オークションでは掘り出し物は見つからない

業者オークションは、中古車の相場について決定している市場でもあり、需要と供給のバランスで市場価格が付いている場所である。

そのような場所では、価格が安いものは当然価値が低いものである反面、価格が高いからといって価値が高いとも限らないのがポイントである。

よって掘り出し物を探すことはほとんどできないが、高値で車を買ってしまう可能性がある、得をしようとすれば難しい市場であることがわかる。

 

また、中古車オークションは業者対業者ですから騙し騙しあうということが日常的に行われているといわれています。

 

全国各地に業者オークションはあるのですが、東京会場では事故車扱いを受けるものが大阪会場まで持っていくと事故車扱いにならないなど意外にあいまいな基準となっています。

目利きのプロでも悪い車を買ってしまう理由

代行ですから、当然プロの業者が仲介してくれると思いますが、プロでも判断が難しいものも少なくありません。

 

プロに任せたとしても、依頼した車がそれほど良いものではなかったという評判が目立ちます。

 

またこの評判についても業者自体もそれほど大きな団体ではないところだと、対応のずさんさなどを確認することが出来るでしょう。

 

このように評判などを考慮したうえで、車を安く買えてよかったというよりも騙されないか常に不安を持つことになるようで、中古車オークション代行はストレスがたまって評判が良くないのです。

中古車オークション代行を利用するなら大手業者

ここまで見てきたように中古車オークション代行については、業者次第でかかるお金以外のことも変わってくるということが分かってもらえたと思います。

 

業者オークション代行も良いところは多くありますから、全く使えないということはなく、使うならば覚悟が必要ということでしたね。

 

さて、実際に使うとしたら会社がしっかりしているのかは絶対に必要な前提となります。

 

実は車屋というのは意外に多く、誰でも始められるし、地元の車屋がオークション代行のプランをやっているということも珍しくありません。

 

私の実家が過去にバイク屋をやっていましたが、事業の一部に代行業務も入っていました。

 

ちなみに身内を悪くいうつもりはありませんしすでに廃業したこともあって言わせてもらうと、私の実家で頼むよりも大手を利用することを私自身はオススメするほどです。

 

大手業者については数社ありますが、お勧めは明朗会計とアフターフォローのバランスが良い「カーオークション.jp」です。

カーオークション.jpがおすすめの理由

中古車・自動車オークションを代行!中古車検索はカーオークション.JP
中古車・自動車オークションを代行!中古車検索はカーオークション.JP 出典:https://www.car-auc.jp/

 

カーオークション.jpがおすすめな理由は営業実績がある大手業者であるからで、何かあったときに簡単に逃げられたりしないということです。(そんなこと当たり前だと思うかもしれないが、それほどオークション代行はトラブルが多い)

 

個人などでやっている中古車オークション代行業者も多く、費用などで比較した結果そこを利用しても、トラブルがあって泣き寝入りなんてよく聞く話です。

 

またカーオークション.jpでは費用について明瞭表示をしていて、一番重要なポイントは定額の手数料(500万円以上の車両を除く)をとっている点です。

 

中古車オークション代行の手数料が定額だと良い理由

中古車オークション代行において、落札価格の〇%を手数料とした場合には、業者としては高い車を落札したほうが手数料が多くもらえる。

そのため、中古車オークション代行を利用するユーザー側が期待する「予算内で良い車を買う」ということが達成されない可能性がある。

このことから、定額で手数料を取る場合には、このような利害の対立を防ぐことが出来るので、ユーザーの目的と相反することなく業者に依頼できる。

 

諸経費について - カーオークション.JP
諸経費について – カーオークション.JP 出典:https://www.car-auc.jp/pack/

 

さらに大手であればアフターフォローもしっかりしてくれることが多いですから、どうしても中古車オークション代行サービスを使うならば、大手しか使わないぐらいの考えで問題ないでしょう。

 

私の経験からすれば親しい友人よりも大手業者にお願いしますので、その点を参考にしてもらえたらと思います。

中古車オークション代行トラブル

先ほどもあげたように長らく運営している中古車オークション代行業者というのは実は少なかったりします。

 

小さいところだとお金を持ち逃げされてしまったり、書類の手続きを誤ったりとトラブルも多いです。

 

以下に挙げるのが、中古車オークション代行のトラブル一覧です。

 

  • 業者による手付金持ち逃げ
  • 粗悪な車両を買ってきた場合の対処
  • 報告外の手数料を要求
  • 偽の報告書を作成・報告
  • いつまでも納品されないまま手付金の返却もない
  • 書類などの不備(ユーザー側にも理由あり)
  • 不当な代金請求

 

このように中古オークション代行のトラブルは挙げればキリがありませんが、多くの原因は業者側が悪意を持って行うものです。

 

こちらでは、「報告外の手数料を取る」ということについてもう少し詳しく解説します。

報告外の手数料を取るとは

報告外の手数料を取るとは、出来る限り安く買ってそれよりも高い金額を報告というものですね。

 

これは日常的に起こりえますし、調べる方法が基本的にはないので結局業者が信頼できるかどうかというところに頼るしかありません。

 

報告外の利益がとられる方法

一般の方は業者オークションのデータを見ることが出来ないために、業者が提示したデータが正しいか判断することは出来ない。

このことを利用して、市場平均の価格で質の低い安い車を買って、資料を改ざんすることによって、利益を抜く方法がある。

中古車オークション代行については、セカンドオピニオンを取ることは普通行われないので、現実的にこのような不正を防ぐことは難しい。

 

もちろん、全てがそのような業者ではないですが騙される可能性も現実的な数字で存在することを覚悟したうえで使うのが良いでしょう。

中古車オークション代行その他トラブル

車自体のトラブルとしては先ほどあげた事故車なのに事故車じゃないということで仕入れてしまったり、メーター戻しなどの車を仕入れてしまったりと相当にハイリスクです。

 

騙される心配が無かったり、騙されてもすぐ捕まえられるような相手、例えば友人などにお願いする場合には良いでしょうけど、知らない業者を使うというのはそれなりの覚悟が必要であることはわかってもらえたと思います。

 

なお、メーター戻しなどの不備については業者オークション側に言えば取り扱ってもらえるものの、問題は買った車を戻さなければいけない手間と、購入までにかかった時間やお金など、これらは戻ってくるものではありません。

 

中古車相場・自動車相場なら カー相場.JP
中古車相場・自動車相場なら カー相場.JP 出典:https://www.car-souba.jp/

 

つまり、車は戻せてもそれ以外の失うものは取り戻すことは出来ず、「結局オークション代行なんて使わなければよかった」と分かったときには遅いのです。

 

ただし、これらの中古車オークション代行のデメリットがあったとしても、確かに中間マージンを抜けるので有利に車を買うことが出来ます。

 

次は中古車オークション代行のメリットを見ていきましょう。

中古車オークション代行のメリット

ここまで評判は良くないし、トラブルは様々なところから発生するしで良いところが少ない中古車オークション代行ですが、そうはいってもやっぱりよいところはあります。

 

中間マージンがカットできるから仕入れるのが安く済む以外にも、公開されている車の中に欲しい中古車が無いときは、素人が知らないところで取引されている車からも探すことが出来るでしょう。

 

希少な車であったり、古いけど思い入れがある車を走行距離など走っていない状態の車を探すとき、または新古車などを探すときにも最適です。

※新古車とはほとんど使われていない中古車

 

また、新しい車を安く買うためにわざと事故車を選ぶという人も少なからずいるでしょうから、様々な条件の車を探すことが出来ますね。

 

ただし、前にも書いたように知らない業者を利用することは大変ハイリスクですから、名前も知らない業者に対する通販が面白いと感じる人以外には選ばないほうが無難です。

ネットでも中古車探しの代行ができる

現在は中古車を探すということを大手車買取業者ガリバーがやっていますので、よかったらこちらから探してみてください。

 

条件を入れるとすぐにあなたの元へ中古車情報が届きます、しかも利用にお金はかからず無料です。

 

↓例:新古車を探すときの申し込み↓

なびくる+新古車探し方法

上の例では新古車を探すときの例ですが、例えば3年落ちのアクアを予算いくらなど、細かく設定することが可能です。

 

もちろん、厳しい条件を入れると車情報も少なくなるので、ある程度の幅は必要ですね。

 

⇒ネットで中古車探しサービスの詳細【無料】

 

中古車オークション代行手数料相場

業者によって定められている金額は異なりますが、定額で取るか、それとも落札価格に対して定率か、ということが多いです。

 

そして、中古車オークション代行の手数料相場としては、定額ならば5万円前後から、定率ならば5%前後となっていて、できれば安いほうが、そして定額のほうが良いです。

 

なお、「カーオークション.jp」では車体価格ごとに決められていましたね。

カーオークション.jpの落札代行手数料

落札価格 落札代行手数料(税別)
150万円未満 39800円
150万円以上300万円未満 44800円
300万円以上500万円未満 49800円
500万円以上 落札額の1%

 

500万円いじょうでは、落札代行手数料は定率になりますが、それ以外は定額となっていて、途中で話した予算内で良い車を買いたいというユーザー利益と相反を不安に考える必要はありません。

 

このように中古車オークション代行は一定の手数料を払えば、中間マージンを抜いた業者価格で車を買うことが出来ますが、そもそも一般的な中古車屋はどのぐらい利益を抜いているのでしょうか?

 

つまり、ここで考えたいのが中古車を仕入れて店で売る業者との差額であり、これらの差額と中古車オークション代行の手数料を比較することで、どのぐらい安く買える反面、リスクをとる必要があるかが分かります。

代行手数料と一般中古車屋の利益を比較

一般に中古車屋では、中古車オークションから仕入れて仕入れ値に対して10%から15%の利益、もしくは30万円以上の利益を乗せる売るといわれています。

 

人気のある中古車であればすぐに売れるために、利益を多く乗せる必要はありませんが、あまり売れない車では利益を多く乗せるか、安く仕入れて利益をとる方法で、売れ筋の車よりも多くの利益を確保する必要があります。

 

ここで代行手数料と一般の車屋の利益を比較してみましょう。

 

例えば200万円の中古車を仕入れて販売するとして、利益を15%乗せて売ると230万円になるため、業者オークションよりも30万円高く買うことになります。

 

対して中古車オークション代行においては、200万円の車を購入した場合には次のような計算になります。

カーオークション.jpで200万円の車を買った場合の手数料
手数料など(税別)
落札代行手数料 44800円
落札量 8000円
陸送費 7600円から
納車前点検 19800円から
3年保証 49124円
合計 129324円
中古車屋の利益の差額 170676円

 

かなり大雑把な計算であり、中古車屋も諸費用がかかりますし、中古車オークション代行においても陸送費と納車前点検がもっと多く掛かるので、これ以上細かく考えることはしませんが、重要なのは約20万円の差額でリスクをとるかという判断です。

安い買い物が高く付くことも忘れずに

販売店であれば文句も言えますし、手続きに関しても行ってくれる場合も多いですが、代行サービスでは基本的に車だけということになり、現状渡しとなります。

 

そのため、購入後に整備をしなければいけないような状況になったら、もしかすると20万円分の差額も吹き飛ぶ可能性があります。

 

もちろん、安く車を購入できるのは当然として、それと引き換えにリスクを負っていることを忘れてはいけません。

 

車のオークション代行を申し込む場合には、中古車相場を見てどの程度の金額差があるかどうか、量的な差を確認したうえで、依頼するかどうかを決めるようにしてください。

代行でのお金以外のトラブル

ここまで見てきたとおり、中古車オークション代行サービスは非常にリスクの高いサービスなので利用するのなら細心の注意が必要でした。

 

ここまではお金を中心にした注意点をお話してきましたが、それ以外についても注意しなければいけないことがあります。

 

主なトラブルとしては、取引の流れであったり、名義変更であったりと、車を全く知らない素人が少しでも安く中古車を買うことができるといって、オークション代行に手を出すものではありません。

 

それでもやってみたいという方をとめることはしませんが、安く買うならばそれなりの覚悟を持たなければいけないということは知っておいてほしいのです。

リスクとリターンを考えて代行サービスを使うか決める!

中古車オークション代行サービスはリスクがあるだけ魅力的な取引でもあるからです。

 

通常、販売店が得られる利益を小さく出来るということは大変合理的なサービスで、整備をする必要性がないような車や整備を自分で出来るなんていうときにはとても有意義な取引となるでしょう。

 

ですから、ここで申し上げたいのは相応のリスクがある取引であることを認識しているかどうかということ。

 

逆にリスクをとりたくないから業者に対して多くのお金を払っていることを認識することが大切です。

中古車オークション代行をネットで気軽に使う

ここまで説明した問題点などを認識したうえで中古車オークション代行サービスを利用ことが大切であり、何かトラブルがあっても業者に払う利益分のリスクを負ってしまったと割り切れる方なら使えるサービスだということです。

 

逆に、何か問題があっても自分の下した判断の責任であると思えない、または思いたくない方は中古車販売店に任せてしまったほうが賢明であり、精神衛生上もよいのではないでしょうか。

 

特に、中古車は新車と比べたらパーツ単位での故障など発生しやすいので、様々な心配をしたくない方にとって保証を置いてくれる業者は頼もしいものではないでしょうか。

 

これらの点を踏まえたうえでどのように中古車を買うかどうか、つまりは、保証をお金で買うか、リスクを理解したうえで中古車オークション代行業者を利用するか、もしくは普通に中古車で車を購入するかを決めてください。

 

そして、リスクを取れないという方にとっては、しっかりと保証してくれる業者が一番ですので、業者から買うほうが後になって後悔しません。

 

なお、途中でも話に出しましたが、現在ではオークション代行と中古車ショップの中間的なサービスがあります。

ガリバーが面倒を見てくれる人気中古車探しサービス

テレビCMなどでおなじみのガリバーが運営していますので、何かあってもいきなり業者が消えるということは考えにくく、業者オークション物件などからも中古車を探せます。

 

何よりも最長で10年保証を付けられるのは、長く使える良い中古車選びをしたい人にとっては魅力的です。

 

ここまでべた褒めするのは、利用が無料であることに加えて非公開情報からも提案してくれることで、まだ使ったことがないという方はどんなものか確認しておくだけでもオススメします。

 

⇒ガリバーの中古車検索サービス詳細【利用無料】

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者