不動車は駐車場やガレージの肥やしになってしまって、面倒だから放置してしまうケースが多いようですね。

 

駐車場代もかかるしガレージのスペースもふさがってしまうので良い状態とはいえません。

 

しかし、廃車を後回しにすればするほど損をしてしまうことを知っていますか?

 

というのも「動かない車が意外に売れちゃった!」なんんてこともあるわけです。

 

こちらでは、動かない車を売ることや廃車することについて、一番損をしない方法をみていきたいと思います。

 

まずは廃車について確認しましょう。

不動車でも無料廃車は可能

動かない車であっても無料で廃車することができますが、なぜわざわざそのような面倒なことを無料でしてくれるのかを説明します。

 

ほとんどの車はリサイクル料金をあらかじめ預託しています。

 

あなたもリサイクル券を見たこと、聞いたことがあると思いますが、このときに役立つために払っているわけですね。

 

つまりは、リサイクル券を利用することにより、リサイクル費用を後から必要としないので、業者としては負担がなく資源が回収できるのです。

 

業者は当然利益を必要とする企業ですから、無料で引き取った資源を売るなりしてお金を儲けるわけですが、うっかりすると引き取り費用なんていう名目でお金を払ってしまうかもしれません。

 

これはもったいないですよね^^;

 

廃車であれば無料でする業者も多いですから、有料のところは避けて無料のところに引き取りをお願いすると良いでしょう。

 

続いて不動車であってもお金になる、つまりは動かない車でも売る方法をみていきます。

売れる動かない車とは

不動車であっても廃車費用が掛からないことは説明したとおりですが、実は海外に需要がある車の場合に、廃車にお金がかからないばかりか車を売ることが出来ます。

 

つまりは、あなたは動かない車を処分してお金を得られるということが出来るわけです!

 

海外での日本車の需要というものはかなり大きく、多少故障しても動けばよい、という場合も珍しくありません。

 

これはパーツ単位での価値も認められていることもあって、故障しているならば他のパーツが使えるから問題ないというわけです。

 

日本では走行距離10万kmを超えたり、10年落ちではほとんど価値はありませんが、海外ではまだまだ使える車なのです。

 

そういったことで、海外で需要がある車については高く売れるわけです。

 

ここまでは海外で評価される車ですが、次に見るのは日本でも動かない車を評価する場合についてお話していきます。

下取り査定はおまけがあるかも

日本でも本来価値が無い車であったとしても評価してくれるのは下取り査定においてです。

 

ちなみに動かない車の価値は軽自動車で2万円以下、普通車では3万円ほどです。

 

ここまで価値が落ちてしまった車でも、下取りにおいてはこの限界を突破することが可能です。

 

なぜこのようなことになるかといえば、車買い替えをさせることがディーラーの狙いであって、車価値の評価は車を買わせるための値引きと同じなのです。

 

特に下取りキャンペーン中ではその効果を大きく発揮できます。

 

車買い替えのタイミングに限られてしまいますけれども、動かない車を処分できて値引きも引き出せるというのは、なかなか悪くないですよね。

不動車の価値

車が動かないとしても資源的な価値があります。

 

車は鉄で出来ているのと廃棄の触媒に貴金属が使われていますので、それを回収することで軽自動車は2万円ほど、普通車は3万円ほどの価値があります。

 

なお、この中には自動車税の戻しや廃車によって回収できる自動車重量税、自賠責保険もありますが、期間によってはもっと多くなるでしょう。

 

鉄くずの資源は別によいとして、税金などの払い戻しについてはしっかりと請求したいところですね。

 

また、間違えても有料での廃車は、離島など特殊な例を除けば避けて欲しいところです。

 

最後に動かない車を売りに出すときの一番損をしない方法をみていきます。

動かない車でも査定は受ける

車は動かないとしても価値があるのはみてきたとおりです。

 

一番高く評価されるのは、海外での需要があるような、例えばトヨタハイエースなどの実用的な車だと、無料で引き取られたら泣いてしまうほどの損となります。

 

また、時代によっても異なりますが、燃費がよくなった軽自動車も需要がありますので、必ずしも高く売れるとは限りませんが、動かない理由次第では意外な査定も付くでしょう。

 

このように意外に査定額が付く場合も少なくありませんから、まずは売るつもりで査定に出すと損をしません。

 

しかも今は車に価値があれば家まで査定に来てくれるわけですから面倒も少ないですから、使えるものは使ったほうが良いでしょう。

 

というわけで、一番損をしない方法としては、次のようになります。

 

  1. 出張査定で車を売る
  2. 下取りなどで車以上の評価を得る
  3. 数万円で売却
  4. 無料の廃車

 

現代では、相当遠いところからこない限りは無料で引き取りが当たり前になっていますので、お金を払って引き取りということがないように気をつけてくださいね!

 

まずは、少しでも高く売れるかもしれませんから、出張査定を使ってみてください。

 

⇒動かない車の出張査定詳細はこちら【無料】

 

以上、「動かない車は廃車せず売ることができた!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。