寒冷地仕様車のデメリットは?:サムネイル

寒冷地仕様の車とは、寒い地域で使いやすいように調整された車のことで、寒冷地対応していないと不具合が出るパーツも多いのです。

車の寒冷地仕様についてはグレードの設定となっているケースが多く、通常スペックのものと比べてエンジンがかかりやすくなっていたり、ワイパーブレードが強化されていたりと、雪が降ったりよく凍りついたりする地域でも快適に使えるグレードの車です。

このような車を他の地域で使った場合に不具合は起きないのでしょうか?

例えば、寒冷地仕様の車を灼熱の地域で使った場合に何かしらの不具合が出てしまいそうな気がします。

こちらでは、寒冷地仕様の車を寒冷地以外で利用したときのデメリット、寒冷地仕様とそうでない車の違いについてお話していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

寒冷地仕様車:今はデメリットなし

現在、日本車における購入可能な普通に流通している車であれば、寒冷地仕様車であることで特に不便はありません。

むしろ、気候の変化が激しい日本においては逆に使い勝手がよいケースがあります。

中古車として流通している車で寒冷地仕様車であっても、特にデメリットはありませんので安心して購入することが出来ます。

また、新車価格においては寒冷地仕様車は若干ながら高い金額で取引されていて(トヨタランドクルーザープラドにおいて2万円弱の差)、このことは標準装備の車よりも寒冷地仕様車のほうが装備に良い物が使用されているためです。

このようなこともあり、寒冷地仕様車と標準装備の車が同じ金額で売られていた場合には、むしろ積極的に寒冷地仕様車を購入してもよいほどです。

寒冷地仕様車でオーバーヒートの危険があるのはどんな車?

寒冷地仕様車についてデメリットがあると言われていたのは古い車の場合です。

2000年よりも前においては、寒冷地仕様の車だとラジエターが小さいことから暑い地域で利用するとオーバーヒートするようなことがありましたが、現在はそのようなことはほとんどありません。

ただ、海外で生産された車では、そもそも現地が寒冷地である場合には、ラジエターなどに問題が出るケースもあります。

そのため、並行輸入車の外車については、寒い地域で販売されている車については注意が必要でしょう。

寒冷地仕様車を売買するとき

このような寒冷地仕様車は購入するときにおいては割高となりますが、売るときには通常グレードとそれほど変わらないものが多く、場合によっては安くなってしまうかもしれません。

過去においては寒冷地仕様車はその寒冷地のみで流通していることがほとんどでしたが、現在は日本のオートオークションも盛んになりましたので、全国各地で見ることが出来ます。

そのため、九州地方で寒冷地仕様車の中古車が流通するということも珍しいことではなく、ここまで説明してきたように古い車でなければデメリットもないので問題となるケースはありません。

逆にこのような車を寒冷地での利用をする場合には、全国での流通が行われるようになった現在でそれほど価格も変わらないというならば、それはお得ですよね。

これに付随して寒冷地での流通が想定されていない場合には、寒冷地仕様であってもそれが高い査定に必ずしもつながるわけではありませんので、この場合は損と考えることもできます。

寒冷地仕様車の特徴

見た目に大きな特徴があるわけではありませんが、寒冷地仕様車でない車と比べるとパーツ類で異なることがあります。

寒冷地仕様車の特徴を箇条書きするとこのようになります。

寒冷地仕様車の特徴
  • バッテリー容量の大型化
  • オルタネーター(発電機)の高性能化
  • ワイパーモーターの強化
  • 積雪対策熱線増量
  • エアコン外気流入口の積雪対策
  • ロングライフクーラント(LLC)の高濃度化
  • 室内空間の気密化

その他、ミニヒーターやミラーヒーター機能などの装備や冷却水関連について凍結防止処理を施していることなど確認できます。

一般的な部分でいえば、寒冷地仕様車については電気系の強化と、雪や冷気で冷却水が凍ったりしないこと、気密性を上げることが装備変更の特徴です。

当然これらについて寒冷地仕様車が問題になることはなく、デメリットはほとんどないと言えます。

寒冷地仕様車についてデメリットを強いてあげるとすればLLCの密度が高いために、この濃度を落としたほうが良いということはありますが、故障につながるほどの問題ではないですし、交換自体も手間も時間もお金も掛かりません。

寒冷地仕様車は寒冷地適用の特別仕様車

このように寒冷地仕様車は寒い地域でも車が起動するように電気関連の調整がなされていることと、積雪対策・寒気対策をしているところが特徴となります。

これらを素人の人が調整するのは難しいこと、またディーラーなどで対応するとそれなりにお金がかかってしまうために、寒冷地仕様の車は特に車をはじめて買う方や知識がない方にとっては非常にありがたいグレードとなるでしょう。

したがって、普段車を利用する場所が寒冷地でなくても、旅行で寒冷地へ出かける場合には故障も少なくなり、寒冷地仕様は現状においておいしい仕様なのかもしれません。

寒冷地仕様のデメリットは?:まとめ

冬にスキーやスノーボードなどをされる方なら寒冷地仕様の車を発見したときは運が良いと考えるのも良いでしょう。

バッテリーなどの電気系統のパーツは寒冷地だと、気温によって作動に負荷がかかりますので雪山で立ち往生というようなことも少なくなると思います。

そのため、もし寒冷地仕様ということで中古車情報が出ていたとしてもその車は「買い」です。

「寒冷地仕様」などというと特殊な改造をしてそうな印象ではありますが、そんなことはなくグレードのひとつと考えるぐらいでちょうど良いです。

もちろん寒冷地に住んでいるわけでもなく、旅行などでよく寒冷地にいくわけでもないならば、率先して買うことはありません。

ただし、同じ価格であればバッテリーなどの電気系が強化されていることは、普通に利用する場面でも役立つことが多いため、積極的に購入するのもありといえます。

あなたの中古車選びで参考にしてみてください。