寒冷地仕様の車とは、寒い地域で使いやすいように調整された車のことで、寒冷地対応していないと不具合が出るパーツも多いのです。

 

車の寒冷地仕様についてはグレードの設定となっているケースが多く、通常スペックのものと比べてエンジンがかかりやすくなっていたり、ワイパーブレードが強化されていたりと、雪が降ったりよく凍りついたりする地域でも快適に使えるグレードの車です。

 

このような車を他の地域で使った場合に不具合は起きないのでしょうか?

 

例えば、寒冷地仕様の車を灼熱の地域で使った場合に何かしらの不具合が出てしまいそうな気がします。

 

こちらでは、寒冷地仕様の車を寒冷地以外で利用したときのデメリット、寒冷地仕様とそうでない車の違いについてお話していきます。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

寒冷地仕様車:今はデメリットなし

2000年よりも前においては、寒冷地仕様の車だとラジエターが小さいことから暑い地域で利用するとオーバーヒートするようなことがありましたが、現在はそのようなことはほとんどありません。

 

特に日本で製造されるような車の場合には心配はありません。

 

むしろ、気候の変化が激しい日本においては逆に使い勝手がよいケースがあります。

 

ただ、海外で生産された車では、そもそも現地が寒冷地である場合には、ラジエターなどに問題が出るケースもあります。

 

そのため、並行輸入車の外車については、寒い地域で販売されている車については注意が必要でしょう。

寒冷地仕様車を売買するとき

このような寒冷地仕様車は購入するときにおいては割高となりますが、売るときには通常グレードとそれほど変わらないものが多く、場合によっては安くなってしまうかもしれません。

 

過去においては寒冷地仕様車はその寒冷地のみで流通していることがほとんどでしたが、現在は日本のオートオークションも盛んになりましたので、全国各地で見ることが出来ます。

 

そのため、九州地方で寒冷地仕様車の中古車が流通するということも珍しいことではなく、古い車でなければそれほど問題となるケースはありません。

 

逆にこのような車を寒冷地での利用をする場合には、全国での流通が行われるようになった現在でそれほど価格も変わらないというならば、それはお得ですよね。

 

これに付随して寒冷地での流通が想定されていない場合には、寒冷地仕様であってもそれが高い査定に必ずしもつながるわけではありませんので、この場合は損と考えることもできます。

寒冷地仕様車の特徴

見た目に大きな特徴があるわけではありませんが、寒冷地仕様車でない車と比べるとパーツ類で異なることがあります。

 

寒冷地仕様車の特徴を箇条書きするとこのようになります。

 

  • バッテリー容量の大型化
  • オルタネーター(発電機)の高性能化
  • ワイパーモーターの強化
  • 積雪対策熱線増量
  • エアコン外気流入口の積雪対策
  • ロングライフクーラント(LLC)の高濃度化
  • 室内空間の気密化

 

その他、ミニヒーターやミラーヒーター機能などの装備や冷却水関連について凍結防止処理を施していることなど確認できます。

寒冷地仕様は寒冷地適用の特別仕様車

このように寒い地域でも車が起動するように電気関連の調整がなされていることと、積雪対策・寒気対策をしているところが特徴となります。

 

これらを素人の人が調整するのは難しいこと、またディーラーなどで対応するとそれなりにお金がかかってしまうために、寒冷地仕様の車は特に車をはじめて買う方や知識がない方にとっては非常にありがたいグレードとなるでしょう。

 

したがって、普段車を利用する場所が寒冷地でなくても、旅行で寒冷地へ出かける場合には故障も少なくなり、寒冷地仕様は現状においておいしい仕様なのかもしれません。

車の寒冷地仕様「違いとデメリット」:まとめ

冬にスキーやスノーボードなどをされる方なら寒冷地仕様の車を発見したときは運が良いと考えるのも良いでしょう。

 

バッテリーなどの電気系統のパーツは寒冷地だと、気温によって作動に負荷がかかりますので雪山で立ち往生というようなことも少なくなると思います。

 

そのため、もし寒冷地仕様ということで中古車情報が出ていたとしてもその車は「買い」です。

 

「寒冷地仕様」などというと特殊な改造をしてそうな印象ではありますが、そんなことはなくグレードのひとつと考えるぐらいでちょうど良いです。

 

以上、「車の寒冷地仕様とは【違いとデメリット】」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

なお、寒冷地仕様の中古車を面倒なく探したいという方はあなたの代わりに中古車情報を集めてくれるサービスも確認してみてください。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】