8ナンバー車の利点については、税金と維持費について有利といわれていますね。

 

ほとんどの普通車は5ナンバーか3ナンバーとなりますが、特殊用途車を8ナンバーとして登録することが出来ます。

 

そしてキャンピングカーや街宣車(放送宣伝車)などが8ナンバー車となりますが、一般の人が8ナンバーについて考えることはそれほど多くないでしょう。

 

そんな中、今回8ナンバー車についてお話しているのは、このような登録をすることによって税金や維持費の節約に有利ではないかといわれているためです。

 

こちらでは、8ナンバーで車を登録することで車の維持費が節約できるのか、またはその方法や金額についても見ていきます。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

8ナンバー車は維持費が安くなる場合がある

冒頭でお話したように、一般の人が8ナンバーについて関心を持つ機会は少ないのですが、多くの場合には維持費が安くなることを期待して登録を行うようです。

ナンバー自動車税自賠責保険料車検期間
116000240408t未満は初回2年
以降毎年
34500013920初回3年
以降2年
41600017270初回2年
以降毎年
53950013920初回3年
以降2年
84080017450最初から2年

モデル車が均等でないため、比較するのに全く適していませんが、8ナンバー車と同様のモデル車である1ナンバー区分の部分を見てもらうとなんとか比較することが可能でしょう。

 

1ナンバーと8ナンバーの情報を見ると、大きく違うのは自賠責保険であり、差は7000円ほどとそれなりの額を確認できます。

 

他方、自動車重量税については当然に車両重量によって定められていることから、ナンバーによる差が無いことが確認できますね。

 

そのため、8ナンバー登録をして得になるのは、自動車税と自賠責保険料であり、さらには自動車任意保険についてでしょう。

 

その他、高速道路の代金は事業用か自家用で値段が変わることも、今回の8ナンバー登録とは直接関係ありませんが、確認してもらえたらと思います。

8ナンバー登録をしている状況例

海外仕様のSUVなどはエンジン排気量なども大きいことから、自動車税なども高くなるために、8ナンバーとして登録する場合があります。

 

アメ車のアストロやキャデラック、また国産車ではトヨタランドクルーザーなどの大型車は、良く8ナンバー登録するかどうかで関心が持たれる対象です。

 

他方、事業用の利用もあって、実質的にはトヨタハイエースや日産キャラバンで8ナンバー登録している車が多いような印象で、他には福祉車両などもこの登録が多いですね。

 

実のところ、8ナンバー車として登録することはそれほど難しいわけでもなく、ちょっと知識がある方が挑戦するには比較的簡単な部類に入ります。

 

このような節約ノウハウは知っている人がリスクを承知してやる分には良いでしょう。

 

しかしながら、一般の方が手を出すには不具合があるケースも多いのです。

 

次に説明するのは、8ナンバー登録をした場合の大きなデメリットになります。

任意保険が非常に通りにくい

最近はダイレクト型の任意保険がありますけれども、こういったネット完結の保険会社での取り扱いは非常に厳しいものとなっています。

 

そもそも、実際に車を見ていないのに保険を設計できるわけですから、8ナンバー車のような節税目的の登録車は冷遇されているわけですね。

 

もちろん、キャンピングカーや福祉車両など正当な理由で登録したものなら、保険屋も対応してくれると思いますが、そうでない場合にはハイリスクの案件となりますので出来れば避けたいのが通例となっています。

 

そのため、8ナンバーの車両を取得する場合や変更するときには十分に注意が必要です。

 

任意保険なんて加入しなくても良いという方は別としても、ほとんどの方は無視できないものではないでしょうか。

 

なお、この任意保険については会社所有の車にした場合も高くなりますので、自分が管理できる法人などを持っている場合には、所有者を会社にするか自分にするかという点で迷います。

 

多くの場合には会社所有のほうが有利である場合が多いですが、会社に車をレンタルしているという扱いにすることで、任意保険料を安くして会社の経費として車の価値減少を負担させるなんてこともできますね^^;

一般の人が8ナンバー登録する必要無し

何事も裏技系のものはお得な部分とリスキーな部分が存在します。

 

8ナンバーについては、税金が安くなるのがメリットであり、デメリットは任意保険の加入ですね。

 

それでも、任意保険については加入できる場合もありますので、保険代理店に何社か聞いてみると良いでしょう。

 

等級制度が無いので、若年の方ほど有利であり、年配の方は等級が無い分不利なのかもしれません。

 

逆に若い人、等級が低い人ほど8ナンバー登録をしたほうが経済的な面では得ということになります。

 

一般の人でも、8ナンバー登録が経済的に良い点も多々ありますが、登録時の手間や車検法定費用であったりこの印紙代、また登録した後の面倒も考えると、8ナンバー登録はよいものとはいえず、事業用の車に利用するにとどめるのが望ましいのではないでしょうか。

 

そのうえで、8ナンバー登録を良く知っている方であったり、上記のように通常の任意保険で不利になるような状況では、8ナンバー登録を検討するという程度で良いでしょう。

 

そのため、一般の方が8ナンバー登録をする必要は無いと結論付けます。

 

以上、「8ナンバー車の税金と維持費」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。