車を売るときの走行距離ですが先に結論から申し上げると、最重要項目として影響します。

 

面白いのが車の年式と走行距離との対応によって評価が変わる点ですが、走っている車よりも走っていない車のほうが価値が高いのは当然ですね。

なぜ走行距離が車の査定額に影響するのか

車買取業者はあなたから仕入れた車を、基本的にはすぐに業者オークションで換金します。

 

この業者オークションの相場が、【車種・グレード・走行距離・年式・色・状態】である程度決まった額で売れるようになっています。

 

この精度がすばらしく、3万円前後の幅で予想できるのであなたの家に出張査定にいったときには車の状態などを調べて業者オークションの相場を調べて、利益などを抜いた額を買取額上限として車を買っているのです。

 

このようなビジネスモデルですから、走行距離が重要なのは理解してもらえたと思います。

走行距離の平均とは

先ほど、年式との関連性で走行距離が重要とお話しましたが、これには目安といいますか平均があります。

 

1年間で乗る走行距離は1万km前後と考えられていることが多く、それよりも走りすぎても走らなかったとしても良い評価とはならないようです。

 

なぜこのようなことになるかといえば、おそらくメーター戻しなどのリスクがあるためでしょう。

メーター戻しとはどのようなものか

メーター戻しとはメーターを意図的にいじって不正に走行距離を調整するというものです。

 

意図的出ない場合には、事故などによってメーターを交換することになったときは、前の距離が分からないことでメーター戻しと同じ扱いになります。

 

結局のところ、メーター戻しというよりは距離不明車とするのが妥当なのかもしれませんね。

 

このような事情ですから、車査定業者は常に注目するのが走行距離の項目ということです。

中古車を買うときにも使える知恵

中古車を探しているときにはあなたも走行距離を注目してみませんか?

 

そのときになぜこの車は走行距離が少ないのに安いのかと疑問に思うことがあると思います。

 

メーター戻しなどを考えるとその安い車はとてもハイリスクな車だということが分かりますね。

 

もしかすると掘り出し物なのかもしれませんが、中古車というのはいつでもこのようなリスクから開放されることは無いです。

 

そのため、ある程度仕方ない点は除いても明らかにおかしな価格のものは常に注意したほうがよいと思います。

 

走行距離は車を売るときも買うときも非常に重要な要素であるため、良い意味でも悪い意味でも注目してください!

 

1年1万km目安で確認してみてください。

 

もちろん、リスク付きで掘り出しもの車に手を付けてみるのも悪くありません^^;

 

以上、「車を売るときにどのぐらい走行距離は影響しますか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。