保険ってなんだかもったいないですよね?

 

確かにリスクに備えるというのは非常に大切ですが、使えば保険料が上がってしまうし、使わなければお金をただ払っているだけに過ぎない。

 

もう一度いいますが、リスクに備えているわけですから必ずしも無駄金じゃないにしても、使わないのに高い保険料を払い続けるのは大変もったいなく思ってしまうのは仕方ありません。

 

このような状況がありますので、使う機会があれば使うという考え方もあるようです。

 

今回はそこにフォーカスしたいと思います。

車売却前に修理で保険を使う?

車を売るときに車両保険を使って査定額を上げるかという点ですが、10万円を境に考えるとよいということですが、私の意見では車を売るときに車両保険を使って修理するべきではないと考えています。

 

保険を利用すると等級が落ちることによって、来年以降は保険料が高くなるわけですからこれと支出する額を比べるのが大切です。

 

身近に気軽に保険を相談できる保険屋がいれば一番よいのですが、気軽に相談できない保険屋の場合にはなにか言われるかもしれません^^;

 

どうやら保険屋には、倫理的な方と倫理的に装う方がいて、いずれも損得で保険を使うことを嫌がる人が多く、話が進まない可能性があるからです。

 

こういったことで、少しでも得をするために保険を使うという選択に対して、明らかに不快な態度を取られることがあるということを覚えておきましょう。

 

本来、保険というものは金融商品であるはずなのですが、利用されることを抑えるということも企業努力のひとつなのでしょう。

 

確かにお金集めとしては何も無く期待値がプラスになるほうが良いには決まってますが^^;

 

ところで、車を売るときの査定を行う前にキズを直したことで結局お得なのか、ということについてもっと実質的にみていくとしましょう。

修理費用の回収が難しい

キズなどがある場合には査定を減額される可能性がありますが、掛かった修理費用以上に査定額を上げることは難しく、修理費用の回収は多くの場合できません。

 

「え!?それじゃ意味無いじゃん!」という反応をする方がほとんどだと思いますが、だからこそ修理する必要はないのです。

 

そうなんですよね。大変残念なことなのですがお金をかけて直してもそのお金以上に査定額を上げることは困難なのです。

 

車査定業者は買い取った後に車を格安で直すルートを持っていますから、あなたがお金をかける以上には査定額は上がらないわけですね。

 

ただし、キズの修理は実費でするということですから、そこで車両保険を使ってと考えるわけです。

 

が、しかし!その人の状況にもよりますが10万円~20万円を目安に損益分岐点がありますので・・・難しいですよね。

 

車両保険を使えば当然等級が下がりますので、後々に出て行くお金が増えるわけです。

 

一番分かりやすいのは、これが保険加入最後というときに使うとお得なのですが、実際にはそういった機会は少ないわけで、車両保険でわざわざ直すのはリスキーだと考えています。

保険は全体で見ると損するようになっている

理論的なお話で申し訳ないのですが、合法的な利用で保険を使って儲けられるとしたら、保険屋が損をしてしまうことになるので、なかなか保険をうまく使うというのが難しい現状があります。

 

リスクに対する価値を考えると必ずしもそうではないのですが、ここでは簡略化するために乱暴な言い方をします。

 

保険屋は確率的に損をしないように、逆に言えば保険契約者は確率的に必ず損をしてしまうように保険を設計します。

 

ですから、このように保険を使って得を出来るというのは保険設計の欠陥であるということになるわけで、このようなミスを確率論に長けた設計士が見逃すはずがありません。

 

そのため、最終最後に保険を使って修理をしたとしても、前段階で等級をあげた、つまりは保険を利用しないで損をしていた保険料について払い戻しを受けるようなもので、結局は損をしているなんていうケースがほとんどです。

 

乱暴な言い方でしたが、保険というのもはこのように多くの方からお金を集めてリスクに備えるという商品であることを理解して欲しいがために誤解を恐れずに申し上げました。

 

実際の計算はさておき、どのような方や状況ならまず確実に保険を使って車を売ったほうがよいのか、最後にそれをみていきましょう。

車両保険は使わないほうが良い

保険料金があがったとしても、車を売った後は保険も解約しますから等級なんて全く気になりません。

 

車も保険料で直せますから、出した額以上には査定額はあがらないといっても修理に際して出した金額は0円なわけでお得であるといえます。

 

状況としては、夫婦で入っていた自動車保険を奥さんや旦那さんの片方を解約するような環境でしょうか。

 

このような状況なら確実に得をすることが出来ますから、保険を使って車を直す意味もあります。

 

そんなわけで保険を使って車を直してから査定をするなら普通の方は、10万円~20万円ほどの損益分岐点で気軽に相談できる保険屋だったら相談を、確実に得を出来るような人は直してからということになります。

 

ただし、車の査定額がどの程度あがるかという憶測も立てるのは難しいですから、保険を解約しないケースにおいては車を売るときには普通に査定に出したほうが安定的に得ですからあまり悩む必要は無いかもしれません。

 

状況別に分けて考えてみてください!

 

以上、「車両保険はいくらから使うべきか?」でした

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】