福祉車両の助成金【障害者などが車購入時の補助金】:サムネイル

福祉車両の助成金:3行要約
  • 福祉車両助成金など申請方法・場所は各内容によって異なるが、まずはディーラーなど車購入場所で聞くのが早い
  • 優遇措置は助成金と貸付金があるのでその区別に注意する
  • 助成金は障害者など被介護者でない介護者(健常者)などでも制度を利用できる

障害者の方や障害者付き添いの方が福祉車両を買うときに助成金を受けられるって知っていましたか?

福祉車両の優遇されるもの
  • 福祉車両購入時の消費税は非課税
  • 自動車税は減免
  • 自動車取得税は減免
  • 燃料費の助成
  • 高速道路の割引
  • 駐車禁止規則除外

障害者でも自動車を使いこなせるとなれば、行動範囲も広がりますしバリアフリーな社会を考えれば障害者こそ自動車を使えるようにするべきでしょう。

こういったことから、国では障害者が自動車を購入するときに一定の条件を満たすのなら助成金を支給するようにしています。

こちらでは、障害者の方やその付き添いの方が福祉車両を購入して、国関連から取得できる助成金などを説明していきます。

なお、こちらでは福祉車両の補助金は「助成金」と表現をまとめて説明していきますが、それぞれは福祉車両周りで利用されて支給及び貸与される金銭等という意味で表現を「助成金」としています。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

福祉車両助成金や補助金・優遇措置の一覧表

福祉車両

障害者等が福祉車両を購入するのなら、助成制度や補助制度、免税制度などが数々設定されています。

優遇措置
消費税非課税
自動車税減免
自動車取得税減免
自動車購入資金貸付
車運転免許取得貸付
有料道路通行料割引
車改造費助成
駐車禁止規制適用除外
燃料費助成

福祉車両購入時における消費税・自動車取得税は非課税となり、自動車税は減免となります。

考え方によっては、最新の環境性能が高いエコカーを買うこともなく、税金関連が減免されるのはありがたいことです。

福祉車両には、改造費などが助成されるとしても、お金がかかるものですから、使える中古車を安く購入して改造費を助成してもらうような使い方も出来ますね。

福祉車両助成金の申請方法

ホンダ福祉車両関連助成の流れ
ホンダ福祉車両関連助成の流れ 出典:https://www.honda.co.jp/welfare/tax/pdf/driveassist_support.pdf

これらの障害者に対して行われる助成金は、国レベルのものではありません。

申請は地方公共団体によって行われ、障害者手帳に紐付けされている制度となります。

助成金などは、あるときには使えたものが突然使えなくなるケースや地方公共団体によっても取扱が変わってくるでしょうから、早い段階で確認することが大切です。

なお、次に説明する援助というレベルであれば、国単位でも支援はしてくれるのを確認できると思います。

福祉車両助成金等の申請場所

福祉車両の助成金などの種類による問い合わせ先は異なりますので、こちらでは優遇措置別の問い合わせ先を表にまとめてきます。

問い合わせ先
消費税税務署
自動車税都道府県税務署・福祉事務所
自動車取得税都道府県税務署・福祉事務所
自動車購入資金福祉事務所
車運転免許取得福祉事務所
有料道路通行料福祉事務所
車改造費福祉事務所
駐車禁止規制警察署
燃料費役所の福祉担当課

その他、車利用による助成は役所か福祉事務所に問い合わせください。

また、福祉車両の助成金について、最終的な問い合わせ先は上の表に挙げた場所ですが、車購入時にわからないことはディーラーに聞くと一番早いです。

特に福祉車両の非課税になるオプションについてはディーラーに聞くのが最も確実で簡単です。

千代田区での助成金取得方法例

福祉車両助成は税務署などに問い合わせる
福祉車両助成金などは役所での申請が多い

福祉車両の助成金は、車購入時に優遇されるものであったり、貸付や助成としての優遇があったりと、どこかで一つの団体が行うものではありません。

このことが障害者やその付き添いの方が、福祉車両などの助成金を申請しようとしても、情報に一元制がなく困惑する理由の一つです。

ただし、幸いなのはそれほど手間がかかるものではありません。

例えば車を購入する場合に税金がかからないというものに関しては、ディーラーで相談に乗ってくれますし、自動車税や軽自動車税は税金の公共団体窓口に行けばよいということになります。

こちらでは、千代田区での福祉車両助成内容を見てみましょう。

千代田区ホームページ - 自動車税・軽自動車税・自動車取得税の減免
千代田区ホームページ – 自動車税・軽自動車税・自動車取得税の減免 出典:https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/shogaisha/waribiki/jidosha.html

千代田区のホームページを見ると分かるように、役所に案内があり問い合わせ先も一目瞭然です。

こちらでは自動車税と自動車取得税、そして軽自動車税については、役所で取り扱っているものなので、当然役所に福祉車両での助成内容を問い合わせるという形になります。

ただ、個別にはそのようになりますが、実際はディーラーで総合的に疑問を解決できるようになっています。

その後に手続きをするという流れになるのがほとんどで、手続きをどうすればよいのか困るということはありません。

福祉車両で助成金取得の条件

椅子が出てくる構造がある福祉車両
福祉車両かどうかを分ける要因は「福祉用の装備」があるかどうか

障害者やその付き添いの方が、福祉車両を購入時に助成金を取得できるかどうか注意しなければいけないのは、購入する車が福祉車両としての構造があるかどうかです。

最初から福祉車両の対象車であれば特に問題はありませんが、そうでなければ改造をしたときに初めて対象車となることを忘れないでください。

また車購入の利用時にも燃料費の助成や高速道路の割引など様々な制度があります。

そして一度は見たことがあるかもしれませんが、駐車禁止規則除外というのもあります。

駐車禁止の地域でも駐車を認めるといったものです。

福祉車両のマーク
福祉車両のマーク

明らかに福祉車両じゃない車で福祉車両のマークを見る機会があると思いますが、本来は福祉車両のための制度ですから正当な用途で使うことで周りから変な目で見られることも無いでしょう。

助成金の対象となる人

冒頭でも説明しているように、障害者助成金の対象としては、障害者本人だけではなく、その付き添いの方も対象となっています。

  1. 障害者本人が運転する場合
  2. 障害者と生計を一にする者(介護者・健常者)が運転する場合
  3. 身体障害者の利用に供すると認められる改造を施している場合

自動車を運転する人が障害者でなくても福祉車両の助成対象になる点をご確認ください。

意外に本人が障害などを持っていないと助成されないということを考えている方が多い反面、現実的にはそのようなケースは少ないため、健常者である介護者が助成金を申し込むことができることを覚えておきましょう。

助成金の対象になる車

福祉車両の助成金対象になる車は、改造とは例えばシートが障害者用に可動式になっていたり、車椅子を収納できる機構についての改造です。

一例として次のような改造・装備がある車を福祉車両といい、助成金の対象になる車です。

福祉車両として認められる装備一例
  • 手動運転装置
  • アクセルペダルの位置変更
  • 足で車の操作が出来る改造(例:ウィンカーを足で灯火出来る)
  • ブレーキレバーの位置変更
  • 座席の改造
  • 車いすが付き込み出来る構造
  • 椅子自体が出てくる構造
  • 車いすのまま積み込み出来るリフト・スロープ

    車後部に車椅子をスロープで収納できるようなものも最近は良く見ますね。

    車いす格納タイプの福祉車両
    車いす格納タイプの福祉車両

    分かり易いところでは、車椅子を効果的に運べるものが福祉車両の代表的なイメージではないでしょうか。

    他方、足を使わずに手だけで運転できるような車両も、当然に福祉車両です。

    両足の不自由な方へ|運転補助装置(足の不自由な方へ)|福祉車両|Honda
    両足の不自由な方へ|運転補助装置(足の不自由な方へ)|福祉車両|Honda 出典:https://www.honda.co.jp/welfare/purpose/for-drive-legs/

    このように対象者としての範囲は障害者本人以外に、または車の範囲自体も改造を施している場合など、それぞれの範囲は拡張しています。

    助成金は何に使えるのか?

    福祉車両の助成金は、福祉車両を購入や改造する際に使えるわけですが、実はそれ以外の用途にも利用可能です。

    助成金の使い道
    • 運転免許取得時の貸付・助成
    • 自動車購入時の貸付
    • 改造費の助成

      助成金について気をつけて欲しいのが貸付と助成があるという点です。

      「貸付」とは将来返済義務のある助成金であり、「助成」とは将来返済義務の無い助成金となります。

      助成金といわれると返済義務の無いお金というイメージがあると思います。

      このように全面的に助成金が払われるわけではないということを確認してください。

      助成金と貸付金の違いはしっかりと区別する

      ただ、多くの方がイメージしている通りだと、車の改造をするときに助成金があるということで想像されているようで、そのイメージとは全く変わらないものであることを確認できると思います。

      他方、運転免許取得時及び自動車購入時の貸付についてですが、免許所得時はさておき、車を購入するときもある程度融通が利くということでの認識が最も望ましいのではないかと考えています。

      なお、貸付を助成金と間違えることは少ないと思いますが、間違える人は多いのでここで確認しておきましょう。

      福祉車両を買うなら助成金を申請する

      福祉車両:車いす屋根上格納タイプ

      以上、障害者が車を購入するときの助成金についてみてきました。

      障害者本人が申請する場合を除けば、実際のところ法律の抜け穴を通すという人も少なくありません。

      このような状況から、助成金の認可が下りることが少し困難な場合があります。

      特に障害者本人以外が申請を行うときには改造を行うときにはディーラーなどの助言をもらうようにしましょう。

      なお、福祉車両を購入するときは、車両に対して助成金は支給されませんので、金銭的な懸念がある場合には中古車から探してみると良いでしょう。

      その場合は、自分で探すと福祉車両の数も限られていて大変ですから、あなたの代わりに情報をまとめてくれるサービスを使ってください。

      ⇒予算以上に良い中古福祉車両を探すならこちら【利用無料】

      お役立ていただけたら幸いです。