車が全損したときは「買い替え・修理」どっち

 

車が全損したとき:3行要約

車が全損したときは修理をしても高く付く場合が多い

近年の自動車特性上、修理をしたところで完全に修復することは不可能

自動車保険は使っても使わなくても損だが、いざというときに使わないとさらに損

 

事故は過失割合というシステムがある限り、損をすることが多いです。

 

過失割合というのは、事故当事者ら、被害者と加害者のどちらが悪くて事故が起きたのかということを、割合で定量化する考え方です。

 

過失割合については例えば、車同士の事故であれば、信号無視の車が原因で衝突したとしても、法規を守っていた側もいくらか過失があるだろうという考え方をします。

 

つまり、相手が完全に悪いとすることは車を運転しているときにはまず起こりえないということで計算されます。

 

このことがなぜ損かといえば、今の例のように信号無視の車と事故を起こしても、あなたが前方不注意のような過失を責められるわけです。

 

なんとこの割合分だけ補償が減りまして、その減った分は誰が得をするか考えると一般的にいえば保険会社でしょう。

 

このように事故処理というのはとても複雑であり、補償もしっかりとしてくれるかはどこまで交渉できるかどうかによるところが多いです。

 

そのため、車の壊れ具合によっては、車を買い替えたほうが良いのか直すほうが良いのか迷うことがあります。

 

ここでは、対物賠償保険にフォーカスして事故車は直すよりも買い換えたほうが良いのかどうかについて見ていきます。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車全損で修理は損なことが多い

軽自動車の新車販売価格は70万円~150万円ほどですが、全損級の事故であれば130万円ほどの修理費用となるようです。

 

電化製品などでもそうですが、直すよりも新しいものを買ったほうが費用がかからない場合もあります。

 

車についても同じで、特にモノコック構造という骨組みを使っている車は損傷を完全に直すことができません。

 

結局査定額も落ちてしまいますし、乗っていることで何か不具合も起こるかもしれません。

保険を利用しても完全な補償にはならない

さらに、保険には過失相殺などもありますので、結局は修理しても賄いきれないケースも多いようです。

 

ここでは全損級という例ですが、全損扱いでなければ保険も満額で支払われないのでさらに厳しい状況になるでしょう。

 

このように直すというのは、相当特殊な例であり多くの場合には買換えのほうが良いことがわかります。

事故車を修理するケース

どうしてもその車に思い入れがある場合には、直して乗るケースになりますが、金銭的にはあまり有利な選択ではありません。

 

直して乗る場合には、特に骨組みまで損傷が及んでいる場合には、売るときに確実に査定額が低くなります。

 

これは、モノコック構造という骨組みは一度損傷を受けると完全に直すことができないためです。

 

さらに、査定が悪くなるのみならず乗り心地にも影響が出ますし、いきなりドアが開かなくなるような例もあります。(これについては親族の日産セレナで体験済み)

 

このように損傷が大きい車を直す場合には、不具合と常に付き合いながら車に乗ることを覚悟する必要があります。

廃車にして車買い替えするケース

廃車して車を買い替える場合には、保険金額と新しく買う車の差額がどの程度なのかによるでしょう。

 

先ほども申し上げましたが、保険というものは結局思ったよりも支払われないことが多いです。

 

これは、リスクに備えるという保険商品の性質によるもので、結局のところ損害よりも大きく支払われることは少ないようです。

 

そのため、買い換えるときにどの程度の出費になるのかを計算することが大切でしょう。

 

買い換えること自体は古い車を処分して新しい車にするということですから、事故があった車に乗り続けるよりも精神的に楽なのかもしれません。

保険商品の期待値はマイナス

大衆向けの保険商品などは大きく見ると損である場合がほとんどです。

 

賭け事と同じで、確実に損であるような商品を買っているという認識で保険を買う人は少ないようですね。

 

ギャンブルが好きな人は、ルーレットで考えると分かり易いかもしれませんね。(0と00が保険会社の取り分)

 

いざ、保険が発動するときになると困っている人にさらに困ったことをするのか!とやるせない気持ちになることがほとんどです。

 

とはいえ、リスクに備えるのは大切ですから、期待値などを考えずに加入すべきでしょう。

 

私は、車保有時にはこのような保険の性質が嫌いだったことと若年層だったので保険料が高いこともあって、ハイリスクではありましたが保険には加入しませんでした^^;

もらい事故で過失割合0になるとき

冒頭でお話したように、車同士の事故の場合において、被害者側であっても普通に運転していたならば過失が全く無いという事故はほとんど起こりません。

 

これを考えると車を運転する限り、何かしらの責任に問われるわけですが、実は過失割合が0になるという場面もあります。

 

それは停車中にもらい事故が起こったときです。

 

この場合においては、もらい事故に注意して急発進しなかった、回避しなかったという過失に問われることはまずありません。

 

停車中であったかどうかの確認もそれほど大変ではなく、エアバッグが発動したかどうかで分かります。

 

運転中であれば、エアバッグが発動しますからね。

 

とはいえ、過失割合が加害者の全過失だったとしても、事故は出来ればかかわりたくないものです^^;エアバッグも発動しませんしね。

車全損で「買い替え・修理」まとめ

ここまで、事故車は直すよりも買い換えたほうが良いということで説明してきました。

 

取得できる保険金にもよりますが、基本的に車というものは機械部品ですから乗換えを前提としています。

 

そのため、大きな故障や事故などの損傷があった場合には良い機会であるとして買い換えるのも悪くありません。

 

通常、事故車は買取が難しいと思われがちですが実はそんなこともありません。

 

特に海外で需要がある車ならパーツとしても価値がありますし、最悪くず鉄としての価値があります。

 

あとは、意外に知られていませんが税金の還付や輸出時のリサイクル料金の払い戻しなど車買取業者の取り分というのは、思っているよりも多いのです。

 

そのため、どうせ売れないだろうと思わずにまずは査定に出してみることをオススメします。

 

⇒事故車を少しでも高く査定に出すときはこちら【無料】

 

以上、「車が全損したときは「買い替え・修理」どっちが良い?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者