車買い替え時の税金

車を買い替えたときの自動車税や自動車重量税などの取り扱いは気になりませんか?

 

これらの税金は前払いしているものであって、未経過分については当然にあなたは還付を受ける権利を有します。

 

ですので、車を買い替えたときに旧所有車に対しての税金に関してどのような取り扱いになるのか。

 

もしくは場合によっては自動車税が未納のケースもあると思います。

 

今回は車買い替えにおける自動車税などの車に関する前払い、そして未払いの税金取り扱いをみていきます。

支払った税金の種類によって扱いが異なる

税金の還付等、期間計算においては軽自動車税を除き月割りで処理されますので、自動車税の納付書がきたから払ってしまった場合のおいても無駄になることはありません。

 

というのも、未経過分については自動車税であれば翌年度の3月まで、自動車重量税であれば車検と同時に支払いをする方がほとんどでしょうから、車検の残存期間について考えれば問題ありません。

 

このように自動車関連の税金については月割りで処理される場合が多いです。

 

ただ、中途半端な日にちに関しては切捨てとなる場合が多く、その分は無駄になってしまうことはあきらめてください。

 

また、未納の場合には、その月までの計算で納税義務が生じることになるということです。

 

なお、軽自動車税だけは1年分で固定ですから月割り計算はありません。

 

車を売却した場合には査定額に税金未経過分を反映させるケースが多いです。

 

手続きが面倒であったりすることが原因でしょうけど、この場合にも年額固定の軽自動車税は対象にはなりません。

自動車税の還付は手続き無しで快適

自動車税は廃車時には手続きをすることなく還付されます。

 

ただし、振込みまでは相当の時間がかかるといわれています。

 

相当の時間というとアバウトなのですが、よくいうのは忘れていたころに入金されているということです(笑)。

 

また車を売却時には、査定額へ上乗せされているケースが多いのも特徴です。

 

このことで少しイレギュラーなのが3月車を売った場合には、名義変更が手続き的に間に合わないこともあるので査定額に1年分の自動車税が上乗せされているケースがあります。

 

特に金額に不安を感じるときには、買取店に確認をしたほうが良いでしょう。

軽自動車税は還付されない

先ほども申し上げたように軽自動車税は月割りの概念がないので還付はされません。

 

毎年4月1日現在の所有者(場合によって使用者)に課されるもので、4月2日に登録したなら364日は税金が掛からないという点で車保有者有利ですから割り切りましょう。

 

納税義務がある場合には、かなり損に思えますがそれでもそれほど高額ではありませんからあきらめましょう。

 

なお、余談ではありますが軽自動車税の課税タイミングに所有車とされていないならば課税されませんので、軽自動車を買うときは4月1日に買うのではなく4月2日に買うと約1年分の税金がお得です。

自動車重量税の取扱いは車検と同列

車売却じには、自動車重量税について車検があるという扱いで考える人が多いようです。

 

そのため、車検残りがどの程度かという処理と一緒にされることが多いです。

 

なお、廃車の時には永久抹消登録をしたときに同時に申請を行わなければいけません。

 

⇒廃車のときに自動車重量税還付の注意点

自動車税未納の場合もそれほど心配は要らない

まず事前に言われるのが自動車税を払うように言われます。

 

それでも払わない・もしくは払わないなら、車下取や買取の際に査定額から減額処理をされることになります。

 

これは自動車税未納のケースでは、納税証明書が無いために名義変更手続きをすることができないためです。

 

なお、大手買取店ガリバーでは自動車税未納の場合の査定減額は最終処理としており、所有者が先に支払っていることが望ましいとしています。

軽自動車税以外は月割りで処理される

税金を払ったからといって、月割りで査定額に評価されますから心配なく車を売ることができるでしょう。

 

ただし、軽自動車税のように特殊なものもありますので注意が必要ですが、元々軽自動車税はそこまで高くありません。

 

そのため、買い替えを躊躇して保有している車の価値が下がってしまったらもったいないことです。

 

軽自動車といえども、自動車重量税の評価もありますから早い決断が良い結果につながるでしょう。

 

というわけで、車買い替えのときの税金は月割で評価されるということです。

 

以上、「車買い替え時の税金」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

このページを見た人はこちらのページも見ています

  • 【中古は大丈夫?】軽自動車税金値上げと対策
    2015年4月1日より軽自動車税は年間7200円から10800円(自家用)に値上げされました。   金額的には年間3600円の値上げでそれほど高くはありません。   しかしながら相…
  • 軽自動車廃車のやり方には3種類の方法がある
    登録車(普通車)と異なり、軽自動車は管理している組織が異なります。   それに伴い、軽自動車の廃車は登録車の廃車とは異なるものとなりますが、内容としては変わりません。 軽自動車廃車の種類 軽…
  • 短期保有なら軽自動車税の増税前に急ぐ必要は無い
    2014年12月30日の大綱でエコカー減税が軽自動車税にも適用されることになりました。 他の自動車取得税と自動車重量税については、普通車同様に適用がありましたが軽自動車税だけは適用がありませんでした。…
  • 自動車税を払い忘れているが査定を依頼することはできるのか?
    自動車税は毎年4月1日に車の所有者(もしくは使用者)に対して、課される税金です。   通常、5月前後に納付書が送付されて、5月末までに納めることになります。   この自動車税を払う…
  • 車買い替え時の自賠責保険取り扱い
    車を乗り替えたときの自賠責保険の適用はどのようになるのでしょうか?   特に下取ならディーラーに丸投げできますが、最近は買取のほうが金銭的に得だといわれています。   特に買取のと…