車を売るときにガソリンは満タンにしておかなければいけないのでしょうか?という質問が意外に多かったので回答いたします。

 

確かに、レンタカーを借りたりしたときはガソリンを満タンにして返却することから、このような疑問が起こるのでしょう。

 

ただし、車を売るときには最良の答えがあります。

【結論】ガソリンは満タンにする必要は無い

レンタカーの場合と異なり、車を売るときにはガソリンを満タンにする必要はありません。

 

それどころか、ほとんどガソリンが入っていない状態であっても全く問題ありません。

 

ただし、満タンで返したほうが良いだろうとする考え方があることも事実です。

ガソリンが少ないとタンクがさびるといわれている

昔から、ガソリンは満タンのほうが良いといわれています。

 

その理由は、ガソリンタンクが錆びるからということです。

 

確かにガソリンが入っていないよりは、入っているほうがタンクは錆びにくいそうです。

 

ただし、現在はガソリンが入っていようが入っていまいがさほど変わらないようです。

 

セルフスタンドでガソリンを給油したことがある方は分かると思いますが、キャップをひねってあけたときに「シューッ」という音がしますよね?

 

これはタンク内と外気との圧力が違うことの表れで、タンク内が密閉されていることを表しているともいえます。

 

そのため、現在の車であればガソリンが入っていない状態でも、問題ないという場合が多いといえるのです。

ガソリン満タンでなくても査定額へ影響無し

ガソリンが満タンであることは、車の査定額に影響はしません。

 

そのため、ガソリンが入っていようが入っていまいが査定額が変わらないのでガソリンを満タンにする必要は全くないのです。

 

ただし、ガソリンが空でエンジンがかからないとなると損害賠償などされる可能性も否めませんので、最低限入れておけば問題ありません。

ガソリンが少なくて文句を言われるのか?

基本的に、ガソリンがいくら少なくても文句は言われません。

 

ただし、先ほども書きましたがガソリンが全く入っていない状態では、車査定業者は車の引き取りができません。

 

そのため、もちろん文句を言われますし場合によっては損害賠償請求される可能性すらあります。

 

そのため、ガソリンが全く入っていないという状況は避けるべきでしょう。

 

納車のときも基本的にはガソリンは入っていない

もし燃料が少ない状態で、車を引き渡すことについて気が引けるなら納車時のことを見て欲しいと思います。

 

納車のときにはガソリンはほとんど入っていないことがほとんどです。

 

メーカーの看板を掲げているディーラーですらそうしているわけです。

 

車を売るときには、ガソリンが少なくてもかまわないということを理解してもらえたでしょうか?

 

なお、車営業マンが自主的に動いている外車関連のディーラーでは、営業マン自ら車を乗ってきて納車をするのでガソリン満タンで納車されることもあるようです。

最悪ガソリンスタンドへいけるならOK

ガソリンを多く入れて、車の引渡しをすることで車査定業者は喜ぶのは間違えありません。

 

ただ、別にあなたが得るものはありませんので、基本的にはガソリンが少ない状態でかまわないというわけです。

 

基準としては燃料が全く入ってない状態では、車は動きませんので確実にガソリンスタンドまでいける量が入っていれば問題ありません。

 

従って、ガソリンは満タンでなくても良く、10キロ走れるほど入っていればあれば良いということになります。

 

以上、「車を売るときはガソリン満タンにしなくてOK!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス