改造車でも高く買い取ってもらえる可能性はあります。

 

ただし、改造の度合いや売り方によって扱いが異なってきます。

 

一般に嫌われる改造というのは査定が低くなってしまうことがあります。

 

例えば出力系や派手な外装などは査定が安くなってしまいます。

 

ただし、前者の場合には致命的であって(とはいえ車種によっては高く売ることも可能)、後者の場合には車自体に穴を開けて取り付けているような場合でなければ、そして純正パーツがあるならば普通の評価を獲得することが可能です。

 

ここでは、それら改造車を高く買取させる方法についてみていきます。

 

まずは先ほど申し上げたような改造の度合いを確認しましょう。

改造の度合いで査定額が変わる

あなたの車がどの程度改造されているのか、確認して欲しいのが改造の度合いです。

 

マフラーを変えている程度の軽微なものであればほとんど問題はありませんし、純正でないホイールは逆に良い評価となる場合すらあります。

 

ただし、ブーストコントローラー(ターボなどの出力を調整する)などエンジンの出力やLSDなどのデフを社外のものにしている場合は話が変わってきます。

 

冒頭で申し上げたように、例えばレースカーとして利用されるような車を改造した場合には、それらに使う用途がありますので売る業者によっては査定額が高くなるでしょう。

 

他方、例えばラグジュアリー感があるトヨタクラウンであったり、トヨタセルシオを改造してあっても買う人がいません(もちろん例外もある)。

 

ですから、特に考えて欲しいのが一般の人があなたの車を欲しがるのかどうかということです。

 

ホイール程度のドレスアップならまだしも、派手な外装が受けないのは改造している方でもわかっていることでしょう。

 

そのようなときには、売値が不利になってしまうのは致し方ない面があることを覚えておいてください。

 

もちろん、純正に戻せるような状態ならばその限りではありません。

売れやすいほど査定が良い

かなり荒い言い方をすれば、売りにくい車ならば買取額に悪い影響があると判断してください。

 

改造とは異なるものですが、査定額によい影響がある車の色は一般性が高い「白・黒・銀」だそうです。

 

ここからも、いかに一般的じゃない車が査定額に悪い影響を及ぼすかが分かってもらえるでしょう。

 

結局、車買取業者は車を買い取った後に車を売って儲けなければいけないわけで、そのときに売る対象がいなければ話にならないわけです。

 

ですから、改造車全般が悪いということではなくて、商品として価値があるかどうかというところで考えてください。

買取と下取の評価基準

売る方法によっても査定額が変わってきます。

 

買取においては、ホイールなどのドレスアップパーツなど軽微な改造は査定額に良い評価を与える場合があります。

 

純正部品があるなら、それも一緒に渡せば確実でしょう。

 

ただし、下取においては全く評価されないケースがほとんどです。

 

そもそも買取と下取では評価の仕方が異なりますので、残念ながら社外パーツなどは下取において評価されません。

 

せっかく安くない出費で改造したのですから、下取をすると考えていても買取の査定も行ったほうが良いでしょう。

 

⇒下取と買取の違いについて

強烈なドレスアップはマイナス

個性の強いドレスアップを施している場合には、たとえそれが軽微な改造であっても評価されない場合があります。

 

特に純正のパーツなどを加工して改造しているときには査定額に不利になったり、場合によっては買取を拒否されるでしょう。

 

なお、タイヤ・ホイールが外装からはみ出ているようなケースでは不正改造となり、ディーラーの下取は曲される可能性が高いので注意してください。

 

やはりここでも軽微な改造かどうかが非常に重要になります。

出力・動力面の改造は厳しいが・・・

基本的にこういった改造をした場合には、非常に売りにくい車ですから下取でも買取でも査定額は厳しいと思います。

 

なによりも、こういった改造を行っている方は車に詳しい方が多いですので、そのことは良く分かっているでしょう。

 

どうしても高く売るのなら、ネットオークションなどで売る方法がありますが作業を全て自分で行わないといけないことや訴えられるリスクなども考えると良いともいえません。

 

同じような人たちが集まるような場所で買主を募る方法が最も良いのかもしれません。

 

相手が欲しい車であれば、下手をすると相当高く売れる可能性も秘めています。

 

いずれにしても普通に売るとしたらかなり安くなるのを覚悟してください。

 

ディーラーは改造車を特に嫌がりますので、下取においては下手をすると引き取り不可となるかもしれません。

 

⇒下取と買取の上手な使い分け方

一般に売るのは依然厳しい

あなたの車の改造の度合いはどのようなものでしょうか?

 

出力・動力面の改造までしているなら会社を通すとハイリスクな分だけ査定額が下がる可能性が高いですから、どうしても高く売りたいなら個人間での取引を試みるべきです。

 

⇒ネットオークションなど個人間の車取引には常に訴えられる危険性がある

 

対して、軽微なものなら車買取業者に査定に出したら、良い評価がもらえるかもしれませんので査定を試してみるのが良いでしょう。

 

査定自体は無料で行うこともでき、必ず売る必要もありませんので気軽に使えるから悩む必要がありません。

 

ここまで説明してきたように商品としての価値があるかどうかというところがポイントです。

 

もし価値があるならば、改造したままでも問題なく査定評価されますし、通常の車よりも高く買ってくれることだってあります。

 

しかしながら、そうではないと考えているならば、純正パーツなどを保有していたら一緒に査定時に渡すことによって、マイナス評価を最小限にとどめることが出来るので、結果として改造車を高く売ることが出来るということになります。

 

なお、パーツ自体には価値がありますから、自分で出来る方は査定前に純正に戻して、残ったパーツはネットオークションで処分するということが一番お得な状況かもしれません。

 

手間はかかりますが、自分が出来る範囲でやってみてください。

 

改造車でも高く売るなら今すぐ確認

 

以上、「改造車買取が厳しくなる理由」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。