車買取10年落ちの価値【査定額が有利な車・不利な車】サムネイル

車買取10年落ちの価値:3行まとめ。
  • 中古車10年落ちでは価値が無くなる車がある反面、価値を維持する車も存在する
  • 10年落ちでも買われるような需要がある車、海外需要がある車は相場が強い
  • 10年落ちの車を売るときは下取り査定のほうが有利な場合がある

車は10年落ちであったり、走行距離が10万km以上の場合には査定が付かないなど言われています。

こちらでは、10年落ちの中古車に査定が付かないのか?またどのようにすれば高く売れるのか?ということを説明していきます。

10年落ちの中古車買取は厳しい

実際に10年落ちであったりすると、査定額が厳しくなるのは事実です。

年落ちと車価値
ホンダフィット:年落ちと買取相場のグラフ

この画像は当サイトで相場計算しているホンダフィットの買取相場を年落ち別に並べたものですが、特に9年落ち以降は厳しい相場になっていることが分かります。

中古車で10年落ちを超えた車は厳しい状況になっていますが、実際にグラフを見てみると相場下落が7年落ちから進んでいることが分かります。

実は10年落ちで車を購入するという人が少ないために、10年落ちした中古車の市場受けが悪いという点で考えてみると、7年落ちや9年落ちから下落が進んでいるということで、この2年周期は車検時における車手放し期間です。

よく考えてみればわかるように車検時において車を売るかどうか考える人がほとんどであり、このタイミングで流通量が増えることが、多くの場合に中古車の相場を下げている原因となっているのです!

ここまで市場性での中古車相場を説明してきましたが、特にコンパクトカーなど比較的安価な車は影響を大きく受け、古い軽自動車ではさらに大きな相場下落の影響を受けます。

古い軽自動車は査定額が厳しい

どうしても、車体価格や技術革新が著しい軽自動車は古いモデルであったり、多く走ってしまった場合には査定が不利になり易いです。

これは、技術革新によって燃費向上などが行われている現在の軽自動車と古い燃費の悪い小さいものを比べたら当然でしょう。

ダイハツムーヴの年落ち買取相場グラフ
ダイハツムーヴの年落ち買取相場グラフ

比較的人気があるダイハツのトールワゴンタイプ軽自動車のムーヴで相場を見てみると、9年落ちまでいくと相場が付かないケースが多くなってきます。

当然人気がない軽自動車ではさらに相場が付かないケースが多くなります。

元々軽自動車はそこまで車体価格が高いものではありませんから、それと比べてしまうとどうしても価格が安くなってしまうのは仕方が無いことでしょう。

10年落ちでも高く買う中古車の特徴

ここまで説明してきたように市場で支持されないような中古車では、当然に相場も安くなるということでした。

ここで市場で支持されるならば、10年落ちであっても中古車の相場は維持されるということです。

このことは国内であれば、例えば日産スカイラインGT-Rなどすでに絶版から10年以上経っているにもかかわらず、中古車市場は高値で推移しています。

スカイラインGT-Rの買取相場
日産スカイラインGT-Rの買取相場:近年ではプレミアム価格が付いてきたのか200万円超の相場となっている

また、後に話をする海外需要がある車は底値で安定しています。

こちらでは古い車でも価値があるのは、どのような中古車かを詳しくみていきます。

年落ちの割に走行距離が少ない車

年落ちの割に走行距離が少ない車は、相場はプラスで評価されますが、市場性が問題とされるので相場に与える影響は大きくありません。

というのも、市場で欲しい人がいなければどんなに走行距離が少なくてもよい価格は付かないというわけです。

つまりは、中古車の基価格を基準にして、走行距離の大小の補正があるという程度で考えておきましょう。

先ほど話をした日産スカイラインGT-Rのような希少性が高い車の場合において、走行距離が少ないことは相場を大きく上げる要因になります。

一方、ダイハツムーヴの10年落ちで走行距離が少なくても、中古車相場に対してはそれほど大きな影響は与えないということになります。

無事故車など状態が良い車

無事故車など状態が良い車では当然中古車相場に対して良い状況になりますが、走行距離が少ないこと同様に、状態が良いことは基相場の補正程度でしかありません。

逆に状態が悪いことは致命傷になりかねません。

というのもすでに10年落ちでは、車が動かないというわけではありませんが、構造や伝送系のパーツに疲労がたまっている可能性があります。

例えば内装のずれが走行時に鳴ることもありますし、伝送系のトラブルでアイドリングが安定しないなどもあるでしょう。

つまり、状態の良し悪しは希少性がある場合を除いて、中古車の相場に与える閉胸については良い状態への影響は小さいですが悪い状態への影響は大きいといえる要素です。

古くても人気がある車

古くても人気がある車というのは車自体に希少性があることや、使用について価値が見いだせる車です。

トヨタハイエースは古くても人気があり、乗用車ではありませんがトラックでは古くても走っている点を考えれば想像が容易です。

一般的な乗用車では古くて人気ということは少ないですが、ホンダNSXなど高いグレードのスポーツカーは今でも人気があります。

海外需要がある車

海外で需要がある車は底値で安定しています。

実は安売りして一番損をしてしまうのはこの手の車です。

トヨタハイエースは古くてもそれなりの価値があります。

Buy Hiace Commercial Vans & Pickups I eBay
3,100ポンド(英通貨)は日本円で434,820.18 円(2018年12月31日現在のレート) 出典:https://www.ebay.co.uk/b/Hiace-Commercial-Vans-Pickups/122202/bn_38443616

このハイエースは現在国内でほとんど見かけないほど古いモデルになりましたが、海外では普通に値段が付くことが確認できます。

「走りすぎているハイエースだから査定が付かないだろう・・・」と考えていると、実は50万円以上なんていうケースも少なくないのです。

ここまで説明してきたのは、10年落ちの中古車でも高い相場である車でした。

次に説明するのは10年落ちで相場は低いのですが、それでも全く無価値ということはありません。

10年落ちでも多少査定が付く理由

10年落ちであっても動く車が全く無価値ということはありません。

というのも、動く車が無価値というのは市場においてそうなることも分かりますが、物として考えるとあり得ないことです。

こちらでは、動く車が無価値ではないということを詳しく説明します。

資源的な価値

車には鉄材としての価値があります。

鉄材の価格変動によって変わってきますが、普通車では2万円前後、軽自動車では1万円前後の価値があります。

ちなみに、リサイクル料はすでに車オーナーが払っていることを考えると、この費用を使って廃棄をして、資源を回収できるということです。

廃車業者が儲かる理由も分かりますね。

部品やパーツなどの価値

資源的な価値にあわせて、個々のパーツに価値があります。

最近は標準でアルミホイールが付いていることも多く、他の車種でも使える場合にはこれも有効に取引することが出来ます。

スクラップにした場合には、鉄材などの資源を回収することにあわせて、部品やパーツも回収できますので、一石二鳥というわけですね。

税金の前払いなどの価値

自動車税は1年分を前払いしますが、未経過分に関しては還付を受けることが出来ます。

また自動車税ほど簡単ではありませんが、自動車重量税や自賠責保険に関しても抹消手続きをすれば回収することが可能です。

ここまで見てわかるのは、自動車には資源的価値とパーツなどの部品、そして税金等の前払いがあるということで、動く車であれば無価値ということはありません。

普通車には3万円の最低価値がある「廃車無料」というのぼりを見たことはあると思いますが、実は陸送費などが多く掛からなければ買取業者に持っていくと、普通車ならば3万円ほどの価値があります。

これはガリバーの査定士が教えてくれたことで、明らかに価値が低い車を売りたいと考える方は確認してみてください。

⇒【どんな車でも買取】の真実!ガリバーから聞いた3万円の最低価値

10年落ちの車は「買取・下取り」どちらが有利?

10年落ちの車は車種によってかなり差が大きく、需要がある車は買取査定額が付きますが、そうでない場合には買取査定額が厳しくなります。

それでは下取りのほうが有利なのでしょうか?

実は、10年落ちの車を売るときには下取りのほうが有利になる場合があります。

というのも、ディーラーは車を売ることで利益を上げますので、ディーラーの関心は邪魔になる車を引き取るということが必要になります。

業者が下取り査定額を上げる関心が薄いのはこれが理由です。

1人で複数台の車を保有するというのはなかなか珍しいことですので、車を販売する都合上引き取りをしなければいけないということで、下取り査定は販売促進的な意味合いを持ちます。

したがって、車を買うならば下取り査定額も少し優遇するなんていうことがあり、買取査定額が付かない車では下取りが有利になりやすいというわけです。

10年落ちでもまずは売ってみる!

ここまで10年落ちの古い車だからといって価値が無いわけではないということをお話してきました。

廃車でもこれだけ価値があるわけですから、最悪でも廃車以上の価格では売りたいですよね?

ただ、車買取業者としては古い車でも価値があることをいわずに、10年落ちの車では値段が付かないということで査定0円とされる場合も少なくありません。

場合によっては、引き取り費用を請求してくるかもしれません。

これを回避するために、ネットオークションなど個人売買でも売ることができますが、ハイリスクで手間のかかる事案であることを理解する必要があります。

経過10年を超える古い車を買い叩かれずに確実に高く売るなら、見積の業者間比較は必須です。

これをすることで相場の平均を把握することができ、さらに高く売れる業者がわかりますので、本当に価値がないか調べることも可能です。

動く車が0円や無料引き取りなんてよくよく考えるとおかしいですから、古い車であってもしっかりと評価してくれる業者を探してくださいね!

車を少しでもお金にしたいという方は続きを確認してください!

以上、「中古車の買取で10年落ちを安売りして損をしない方法」でした。

お役立ていただけたら幸いです。