Q:私は車の買い替えを行うために、今ある車を下取に出して新しい車の購入資金に充てようと考えています。

 

当初においては下取で考えていたのですが、職場の知人に買い取りも検討したほうが良いと言われたことから買取査定も考えるようになりました。

 

しかしながら、私の車は走行距離が10万キロを超えるような車で、とても価値があるとは思えません。

 

このような状況ですが、車を出来れば安く買いたいと考えていますので高い査定が付くのなら挑戦してみたいという気持ちもあります。

 

このような車を買取査定に出してもよろしいのでしょうか?

 

よろしくお願いします。

「走行距離10万キロを超え」は厳しい場合が多い

A:最初から希望がありませんが、走行距離10万キロを超えている車の査定は厳しいものとなります。

 

その理由は、消耗部品などの交換が必要なのがここで起こるからです。

 

そのため、中古車として一般に売るなら部品を交換しなければいけませんし、それでも値段が付かないことが多いですから有利に売ることができないというわけです。

 

あなたが中古車を買うときに走行距離10万キロを超えた車を買うのは避けますよね?

 

中古車販売店では、保有するリスクも負いますから余計シビアになるのは当然です。

 

ただし、このようなときでも全く無価値ということはありません。

 

というのも、車は動けばそれだけで価値があるものであり、資源的な価値を考えると査定がゼロというのはいささか業者の利益のため以外では考えられません。

 

もし、下取や買取で価値がゼロといわれたとしても、実際には税金の還付であったり、そういったものでお金を搾り出すことが出来ます。

 

そのため、いくらかのお金の足しになることは十分に考えられるでしょう。

車種によっては高い値段が付く場合がある

走行距離10万キロを超える場合でも価値がある車では安くなってしまいますがそれなりの相場が付くケースも少なくありません。

 

では、走行距離が多くても価値がある車というのはどういったものでしょうか?

 

実は海外輸入で需要がある車や国内で希少価値があるような車なら問題が無いのです。

 

海外で需要がある車というのはSUVであったり、ワンボックスです。

また国内で希少価値があるような車は、高性能なスポーツカーでしょう。

 

具体的にいうと34のスカイラインGT-Rは人気があります。

 

このような車を持っているなら、強気で査定に臨んでも問題ありません。

参考:車を効果的に高く売るための最終ラインは7万キロ

先ほど申し上げたように10万キロを超えた場合には買取相場が不利であることを説明してきました。

 

というのも、車の査定価値というのは買う方がどれだけいるかで決まるわけで、それについて期待できないならば売値も安くなってしまうからです。

 

そこで、多くの方が最終的に「ここまでなら買っても良いだろう」と考える7万キロが車を高く売るとするラインなのではないかと考えています。

 

もちろん、7万キロを超える走行距離の車であっても価値がある車についてはお話したとおりですが、実際問題としてあなたも安い車で7万キロまでなら買ってもよいかと考えませんか?

 

それに対して10万キロだと、その車を買おうかどうか悩むはずです。

 

このように車を売る時期というのは、多くの方が車をまだ買っても良いかと考える時期に売り抜けることが大切なのです。

 

そのひとつの基準としてここでは走行距離7万キロメートルということで申し上げました。

10万キロを超える車を少しでも高く売る方法

廃車でも価格は付く場合が少なくありませんから、買取となればいくらも値段が付かないということは少ないでしょう。

 

どうしてもいくらか値段を付けたい場合は、無料査定を利用して少しでも高く買う業者を探すことが大切です。

 

多くの業者に査定を依頼すればどこかしら高く買う業者もいるはずです。

 

申込み自体は1分で終わりますので、あきらめずに査定だけでも試してみましょう!

 

無料の車査定はこちらからどうぞ

 

以上、「車を売りたいが10万キロ超の走行距離で査定が付かないはうそ?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス