最近低燃費を売りにしている車が増えてきました。

 

カタログ値でいかに低燃費がどうかを競い合っている最中にあります。

 

このような低燃費をたたき出すために標準でエコタイヤを備えている車も増えています。

 

そこで、今回はエコタイヤの効果と、他のタイヤとの燃費比較を検討していきたいと思います。

そもそもエコタイヤとは何なのか?

最近出てきたタイヤですから、そもそもエコタイヤとは何なのかというところから確認していきましょう。

 

エコタイヤとは、装着することにより従来のタイヤよりも燃費がよくなる性能に特化したタイヤです。

 

そのため、なにがエコかといえば燃料を消費することを抑えることで環境性能に貢献しているというものです。

 

最近では、エコタイヤという呼び名以外にも、低燃費タイヤや少燃費タイヤなど呼ばれているようです。

エコタイヤのメリット・デメリット

近年はエコタイヤについて関心も高いようですが、果たしてユーザーにとって何がよくて何が良くないのかを考えてみたいと思います。

 

まず、エコタイヤのメリットに関しては、燃費を向上させる効果があり、このことで環境性能に良いとされているわけです。

 

また、エコタイヤの種類によっては、製造している素材についても環境によいものを選択している可能性があります。

 

そのため、もっぱら地球環境について懸念している車ユーザーには良いタイヤといえるのではないでしょうか。

 

反面、エコタイヤのデメリットとしては、車の運動性能をエコタイヤ以外と比較すると低くする可能性があり、またタイヤによってはとても高額であることがあげられます。

 

これらを考えると、地球環境保全のために利用するというならばまだしも、例えば経済的な理由で燃費が良くなるからエコタイヤを使って、高くなった金額を取り戻そう!なんていう考えはナンセンスであることが分かります。

 

つまり、燃費を向上させることが経済的な理由、車維持費を小さくするような場合には、エコタイヤを利用することは合理的な決断ではないのです。

 

現在のエコタイヤについては、燃費達成基準のために利用されているのではないか?と疑うほど利用する価値は低いものであると私は考えています。

 

なお、燃費達成基準のために利用というのは、エコカー減税などの割り率を上げるために定められた燃費を達成するために利用ということです。

なぜエコタイヤは燃費が良いのか

エコタイヤが燃費に貢献する理由としては、転がり抵抗が低いことでしょう。

 

転がり抵抗が低いことで、少ない燃料で多くの距離を走ることができ、結果として燃費がよくなるということです。

 

まず、当たり前のことですがエコタイヤが燃費性能に良いのは間違えないでしょう。

 

ただし、今使っているタイヤの空気圧をあげたとしても後に説明する転がり抵抗は低くなりますので、少し燃費節約になることをお伝え手しておきます。

 

転がり抵抗とは

転がり抵抗とは、タイヤと路面の関係におけるエネルギーのロスで抵抗が少ないほど、少ないエネルギーでたくさんタイヤを回すことができると考えていただければ良いでしょう。

 

タイヤの空気圧をあげたとしても上昇できる転がり抵抗ですが、これには一般のタイヤだと限界があります。

 

エコタイヤの場合にはそれ以上の性能を発揮できる、つまりは転がり抵抗について一般のタイヤでは達成できない水準を発揮できるのではないでしょうか。

 

もしくは、転がり抵抗をタイヤのグリップ性能を大きく損ねることなく、低くすることが出来るという夢のタイヤがエコタイヤなのかもしれません。

 

これについては次の標準的なタイヤなどとエコタイヤを比較したデータを確認してください。

エコタイヤとスポーツタイヤ・標準的なタイヤとの比較

特に注目してほしい部分については蛍光色でマーキングさせていただきました。

  転がし実験※3 燃費比較※1 コーナー性能コメント※2 制動距離※3
スポーツタイヤ 37.8m 14.5km/l 標準タイヤよりも粘る印象 23.1m
標準的なタイヤ 50.2m 16.7km/l 大きな破綻は見られなかった 22.5m
エコタイヤ 57.1m 17.6km/l 標準タイヤよりも粘る印象 23.2m

※1テストコース 80km/hで50km走行

※2濡れた路面を40km/hで曲がる

※3参考程度の情報として利用推奨

データはJAFMate・他より引用及び調査

 

 

3つのタイヤで比較した結果、確かに燃費性能が高いタイヤといえますね。

 

そして転がり抵抗が低いという点について、走行性能が落ちているのではないかと思いましたが、標準的なタイヤと変わらないということです。

 

制動距離に関してはあまりあてにならないデータでしょう。

 

制動距離からは3つのタイヤともにそれほど大きな違いが無かったというデータが分かる程度だと思います。

 

低燃費タイヤ統一マーク

2010年1月以降から日本自動車タイヤ協会(JATMA)が、転がり抵抗とウエットグリップ性能を評価する方法を始めました。

 

メーカーによって異なるスペックが多いのでタイヤメーカーサイトで確認すれば確実だと思います。

 

⇒一般社団法人 日本自動車タイヤ協会

 

エコタイヤの助成金について

エコタイヤ購入で助成金が取得できるというのはトラックのみとなります。

 

1本あたり3000円で最大10本というのが相場のようです。

 

事業者などにはありがたい助成金なのではないでしょうか?

 

一般の方には無縁なものですから、ポスターや何かの情報で確認してもぬか喜びしないようにしてくださいね。

結局のところエコタイヤはお得なのか

最終的にここが問題になると思いますが、結論としてエコタイヤはそれほどお得ではありません。

 

どういった方にオススメかといえば、地球環境について気にする方が高い費用を払ってエコタイヤを装着すればよいのだと考えています。

 

エコタイヤは標準的なタイヤよりも高い価格となっていますので、この高い分を走って取り戻せるかどうかが重要となってくるでしょう。

 

webの情報を調査した結果、現段階においてはそれほど気にする差ではないというところだと思います。

 

車の使用状況によっても変わってくることですが、わざわざ出費を抑えるためにタイヤを替える価値はないということを申し上げておきます。

 

今後もタイヤ製造技術というのは高くなっていきますので、その時に検討することで今を保留にすることも賢い方法だと思います。

 

そのため、タイヤ交換時期において興味があるなら替えてみるのも良いでしょうけども、必ずしもお得でないことは留意しておくべきです。

 

以上、「エコタイヤの効果と燃費比較」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。