車を手放すことのメリット

よくある質問シリーズで、今回はローンが残っている車を手放す方法についてです。

 

まずは質問内容からみてみましょう。

 

 

ローンが残っている車を手放すことは可能でしょうか?

 

車維持費を考えると、車を使っていないとしたら手放したほうが良いのは分かっています。

 

でもまだローンが残っていますから、車の権利は向こう側にあります。

 

そもそも、車の権利が無いような状態でも車を手放すことは出来るのでしょうか?

 

 

質問者は車を手放したいと考えていますが、まだローンの最中ということで、所有権を持っていないようですね。

 

おそらくローン契約ではなく、クレジット契約を行っているものと推測します。

 

通常、自分のものでなければ売ることはできませんが車の場合には少し勝手が違います。

 

こちらでは、自分名義では無い車の売却方法についてみていきます。

 

まずはローン中の車を手放すことができるのかどうかをみていきます。

車を手放すことは可能!

車を手放すことはローン残債が残っていた場合でも可能です。

 

ただし、条件が限られてきます。

 

法的に所有者はローン会社であることが多く、あなたは使用者として登録されているからです。

 

となれば、所有者でないあなたが勝手に車を売ることはできません。

 

これを解決する鍵はローン残債をどのようにするかというところにあります。

所有権留保解除手続きのやり方

ローン会社が車の所有者となっている場合には、所有権留保解除という手続きを行う必要があります。

 

名前は良く分からない手続きかもしれませんが、要は所有権を処分しないといけない事由があるから返して欲しいというものです。

 

基本的にはこの3つの手続きとなるでしょう。

 

  1. ローン残債を一括返済する
  2. ローン契約を再度組みなおす
  3. 車買取業者が仲介してくれる

 

いずれについてもローン会社が認めない場合には、車を処分することはできませんがほとんどの場合認めないということは無いようです。

 

結局、どれかの方法にしてもローン会社は契約の更新か残債を払えば良いということです。

 

なお、車買取業者が仲介してくれる場合においても、ローン会社へは車買取業者が一括で残債を払い、車買取額が残債よりも少ない場合には、差額は車買取業者指定のローン会社と再度契約しなおすことになります。

ローン精算を相談できる業者

ここまでみてきたように車買取代金をローン残債に充てて、お金が残るかローンが残るかによって、結果はかなり変わってきますが、その入り口である対応している業者はどのような業者でしょうか。

 

ローンについては一度支払いをするような手続きになりますので、それなりにお金を用意できる業者に限られます。

 

もちろん、車買取業者に運転資金がないということはありませんが、中小の業者では対応していない場合もあるからです。

 

また、全国にチェーン展開しているような大手車買取業者ではこのような手続きは日常的に行われていますので、対応していないというところはほとんどありません。

 

このことから、ローン中の車を売る場合には大手車買取業者から査定や相談をするのが望ましいといえます。

車買取後にすぐにローンを精算する

多くの車買取業者では、車を買い取った後にローンを一気に払ってしまい所有権を取得する場合がほとんどです。

 

そのため、所有権がローン会社であってもほとんどの場合、問題なく車を手放すことができるわけです。

 

ローン残債について、精算をした後に残った買取金額をあなたは取得することができるというわけです。

 

しかしながらここで問題になってくるのが、買取額よりもローン残債が多い場合にはどのようになるのかということです。

残債額はローンを組みなおす

この場合には車買取業者と残った残債について新しくローンを組みなおすことになります。

 

このケースの場合には注意して欲しい点があります。

 

以前に組んでいたローンの金利が安い場合には、不利な取引となるかもしれませんので注意が必要です。

 

逆に、ローンの金利が高かった場合には、有利な取引となるでしょう。

 

どの買取業者に車を手放すかによりますが、査定額をつけたあとにローン残債について確認すれば間違えないでしょう。

 

このケースにおいては、車を売って現金を取得するというよりも使わなくなった車を売って月々の支払いを軽減することを目的となることが多く、月々の支払額までしっかりと確認するようにしましょう。

所有権の移転が困難な場合

契約の内容によっては、所有権の移転が困難になる場合があります。

 

例えばクリーンエネルギー自動車補助金を取得した場合には3年から4年の保有義務があります。

またローン契約において、契約の満期を迎えないといけない場合もあるでしょう。

 

このように、所有権の移転が難しい場合がありますので契約書を確認するか、買取業者に契約書を見て確認してもらえるように査定時には用意しておけば間違えないでしょう。

ローン組みなおしは不利なのか?

例えば車買取業者が間に入った場合において、車買取額のほうがローン残債よりも少ないケースでは新しく車買取業者とローン契約をすることになります。

 

新しくローンを組んでまで売る必要があるなら車を売る意味は無いという意見があります。

 

これは、確かにその通りでもありますが状況から考えると必ずしも悪いこととはいえません。

 

なぜなら、車を売ることでローンの支払い額を減らすことができますし、なにより車の維持費というものは非常に高いです。

 

⇒使わない車を処分して維持費を見直す

維持費がかなり節約できる

車は年間で維持費が普通車は50万円前後、軽自動車では40万円前後かかるといわれています。

 

多くを占めるのは、駐車場代で都市部ならもっと高くなる、逆に郊外ならもう少し安くなるでしょう。

 

それ以外にも税金や使っていなくてもかかる費用は多くあります。

 

生活が良くなるからと思って買った車も今ではただ家計を圧迫するだけになってしまった・・・なんていう家庭は特に生活に車を使わない都市部の方に多いのではないでしょうか。

 

はっきりいって、車好きでもないのに車を買って家計を圧迫させているのなら、それは手放してしまったほうが良いでしょう。

 

なぜかといえば、車は使ってこそ価値が有るからです。

 

フェラーリやランボルギーニなどの車以外では、基本的に時の経過で車の価値が下がってしまいます。

 

使ってパーツなどが老朽化するだけではなく、ただ置いておくだけで価値が下がるなんて・・・と思いますが、後から出てくる車もありますしデザインなども陳腐化してしまうのです。

 

そんな具合ですから、使わないと損ですし、使うと損をしてしまうなんて考えているのなら手放したほうが良いというわけです。

 

ただここでネックになってくるのがローンが残っている状態。

 

このときには、車を手放すことが出来るのかどうか、実は結構グレーゾーンだったりします。

 

その理由としては、融資の仕方によってはあなたに所有権が無いからです。

 

あなたのもので無い車を勝手に売ってしまったとあれば、これは訴えられるとしても文句は言えません。

 

でも、ここで不平等に感じることがあります。

 

車検費用を払うのは使用車である方が負担するのは当然として、なぜ所有権が無いのに税金を払うのか・・・

 

理屈としてはおかしいですよね?

 

でも、融資の条件が所有権を留保(つまり、あなたに与えない)というものですから仕方が無いのです。

 

問題はあなたが実質的に維持費を負担しているのになぜ車を手放すことが出来ないのか?というところでしょう。

 

まずは車を手放すことが出来るのか?それとも出来ないのか?これを確認していきたいと思います。

車買取業者に任せてしまってOK!

様々なローン契約があるために、確実とはいえませんがほとんどのケースでは車買取業者が処理してくれます。

 

そのため、ローン残債が残っていたとしても車を手放すことはできるでしょう。

 

今、車を手放す方は「一括査定のかんたん車査定ガイド」利用によって、査定依頼申し込み後すぐに概算査定額を提示してもらえますのでローン残債があるようなケースでは最適です。

 

この一括査定サービスは、最終的に車を売らなくても無料で使えるという点についても、いくらで売れるか分からないローン残債が残っている車を手放すという状況にはベストなサービスとなっています。

 

ちなみに中小の買取業者であってもローンを精算してくれるかもしれませんが、査定を受けてから無理ということでは面倒ですから、最初から大手業者に査定依頼したほうが時間も手間もかかりません。

 

おまけにお金もかかりませんから、ローン中の車を手放したい方は一度査定業者に聞いてみてください。

 

⇒ローンが残っている車の査定を受けるときはこちら【無料】

 

以上、「ローンが残っている車を手放す:買取業者に売っていいの?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】