外車を売るときに高く売る方法があったら知りたいですよね?

 

外車を買うときには国産車に比べてそれなりの支出となりますが売るときには安くなってしまうことは、外車の保有を検討したことがある方ならばよく知られていることです。

 

まずは、当サイトでは外車の買取査定相場を独自計算していますので、そのデータを使ってこの差をみていきます。

外車買取査定相場表で買取価格と販売価格の差を見る

例として見ていく車については高すぎても安すぎても、また流通量が多すぎても少なすぎてもいけないので、「メルセデスベンツCクラス2年落ち(2016年式)グレード:C200アバンギャルドAMGライン」で調査します。(調査日2018年6月)

 

まず当サイトで統計計算した買取価格と次にカーセンサーの中古車販売価格です。

当サイト独自計算の相場表

Cクラス2年落ち買取価格グレード別グラフ

 

当サイトのデータは算出に前月データの業者オークション成り行きデータを利用して、そこから業者の想定利益を引いた金額を算出してグラフや表にしています。

 

上のグラフはグレードごとにメルセデスベンツCクラスアグレードを比べています。

カーセンサー中古車販売価格の調査結果

カーセンサー中古販売価格メルセデスC201806

こちらはカーセンサーで実際に販売されているメルセデスベンツCクラスアバンギャルドAMGライン販売価格比較です。

 

見てわかるように買取価格と比べると販売価格が高いことが分かります。

 

買取価格と販売価格は驚きの相場差だと思いますが、これはデータを間違えていませんからね!

 

分かりやすいように表で整理しますね。

メルセデスベンツCアバンギャルドAMGラインの買取価格と販売価格比較表

買取価格・販売価格
当サイト計算:メルセデスベンツCアバンギャルドAMGライン 195.1万円から202.4万円
カーセンサー中古車販売1 364万円
カーセンサー中古車販売2 404万円
カーセンサー中古車販売3 323.9万円

 

見てわかるように一番安い販売価格であっても100万円以上も差が付いています。

 

もちろん、当サイト計算の買取価格は業者の利益分を引いていますので、業者が頑張ってくれればもっと高い買取金額もあり得るでしょう。

外車の買取価格は国産車のようにはいかない

しかしながらそれでも、この差は国産車の比ではありません。

 

しかも、メルセデスベンツCはそれほどリセールバリューが悪くない外車である点も付け加えると、外車を売ったり買ったりするのは経済的には良くないことが分かります。

 

これ、だれが損しているかといえばそういったリスクは全部買取価格や販売価格に転嫁されるので、車を購入した人か在庫を抱えてしまった車屋でしょう。

 

今回はこの外車が買うときは高いくせに売るときには安くなる理由を説明して、どのようにしたら外車が高く売れるのかを説明していきます。

外車の買取が安くなる理由

外車は国産車に比べて売却市場が限られていますので、どうしても価格の安定性がありません。

 

多くの車買取業者は、車を仕入れた後にすぐ業者オークションで換金してしまいますから、この価格の安定性はとても重要な項目になります。

 

車買取業者は車オーナーから仕入れた車をすぐに業者オークションで売却するのですが、外車の場合には換金がうまくいかない可能性があります。

売れ残りリスクについて

その理由は外車を取り扱うことは国産車ほど市場が大きくないために、売れ残るというリスクがあるわけです。

 

このようなリスクがある以上、査定額を安くせざるを得ないというところが本当のところです。

 

従って、外車の買取額は安いのは在庫リスクによるところが大きいのです。

 

さらに外車は車体価格が大きい場合が多く、このことも買取価格が小さくなる理由のひとつです。

値下がりの大きい車の特徴

これは外車に限ることではありませんが、先ほどの買取査定額が小さくなってしまうことに加えて、値落ちが大きい点が買取金額の下落に大きく影響を与えています。

 

例を考えると200万円の車と500万円の車では、当然に500万円の車のほうが時間経過で値落ちするペースは早く、外車は基本的に国産車よりも高い場合が多いですから、買取金額が小さくなるという印象が出てしまうわけです。

 

これについては外車特有のものでもありませんし、むしろ車特有の相場ですから、高い車を購入した場合には、フェラーリなど特別な例を除けば、多少あきらめるほかありませんね。

 

そういった値落ち込みで車を購入するという覚悟が必要であり、特に新車の場合にはその度合いが大きいでしょう。

耐久性の問題

我々日本人は国産の故障が少ない車に慣れてしまっていますので、車というものはそれほど壊れるものではないという認識があると思います。

 

しかしながら外車は基本的に国産車に比べると壊れやすく、メーカーの保証も3年ほどなのでちょうどそれが切れる頃に中古車市場に出回るから安い査定額になることがあげられます。

 

故障したときのパーツなども、昔よりはマシになったものの国産車のように簡単に取り寄せることはできません。

部品交換のタイミングで相場がさらに安くなる

このように、故障などの耐久性の問題が保障期間が切れる3年というタイミングでの売却が多いこともあって安くなってしまうということです。

 

外車の維持費が高いことも考えると、特に保有していた方ならば分かってもらえる話ではないでしょうか。

 

ちなみに、だからといって消耗品などのパーツを交換してから査定に出したとしても、出費以上に査定額は上がらないことが多いので、そのまま査定に出してしまいましょう。

外車を高く売る方法

外車の買取額が安くなってしまうのは避けがたい事実ではあります。

 

それでは高く売ることは難しいのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!

 

実際に外車というのは市場は国産車よりも小さいですが、それでも人気や需要というものはあります。

そのため、皆さんも知っているように外車というものは国産車よりも販売価格が高いですよね?

 

買取額は安く売値が高いというのはどういった状況でしょうか。

外車が売買で不利な理由

外車が高く買って安く売る理由は査定をつけたときのリスクによるものなのです。

 

ということは、業者によっては積極的にリスクをとってくる=査定額が高めということも起こりえます。

そこで見積依頼をする業者数を増やすことが重要になってくるのです。

なぜ見積依頼する業者数が重要なのか

ある業者ではリスクは取れないので査定額は低め、ある業者ではリスクが取れるので査定額は高めという具合ですね。

 

このように業者間での価格差は小さいものではありませんので、最低でも5社以上の査定を受けることでリスクが取れる業者を探すことができるでしょう。

 

間違えても1社のみの査定または下取だけを検討などしないでください。

 

少しでも外車を高く売りたいのであれば多くの業者に見積を依頼することが重要です。

 

ただし、ここまでは国産車の時の話で外車の場合には直販系の業者にも査定を依頼するべきです。

なぜ一括査定だけではだめか

最初に見てもらったように外車の買取価格と販売価格の差はとても大きいのですが、これは2回分の業者が抱えるリスクを反映した差になっています。

 

まずは買った車が業者オークションで換金したときに儲からない可能性があるリスク、また業者オークションで買った後で店頭に並べて売れない・売れにくいリスク、この2つのリスクを含んでいます。

 

ということは、直販モデルの業者のほうがこういったリスク分を小さくできるので、買取価格が高くなることが分かりますよね。

直販モデルの買取業者に期待する欠点

ただし、直販モデルは常に店頭のスペースがあるとも限りませんし、必要な車であるかどうかは時期よって変わってきます。

 

それに対してあなたは売る時期を変更することはなかなかないはずで。売るとしたら売るというのがあなたの立場です。

 

そのため、一括査定も利用しながら直販モデルの業者にも査定を依頼するというのが最も外車を安売りせず少しでも高く売る方法になります。

外車買取価査定場表:高く売る方法のまとめ

外車買取査定相場表を使ってなぜ外車が安くなるのか、また高く売る方法についてみてきました。

 

外車は販売では高く、売る場合には安くなるので、国産車以上に頑張って売らなければ安く買われてしまうし、査定額も期待できないということでしたね。

 

査定を行う上でもう一つ知っておいて欲しいのが、最初から高い査定額は出ないことです。

最初から高い査定額を出さない理由

これは車を安く買った分だけ利益が増えるという業者側の都合もありますし、わざわざ安く買えるのに高く買う必要はない、ということはあなたもよくわかることです。

 

最初に提示される額はとても安い査定額であることが多く、そこで妥協してしまうと大変な損をしてしまいます。

 

そのため、外車を買取依頼するときは国産車を売るよりも少し我慢強くなければいけません。

外車を売るときには必ず査定額比較交渉することが大切

とはいっても、業者間の査定額を比較してそれぞれで競争させるだけである程度の査定額まであげることが出来ますので、後はあなたが納得する額になるまで交渉すればよいでしょう。

 

まとめると、外車を買取査定に出すと最初は安い額を提示される可能性が高いので、そこで妥協することなく少なくとも比較だけはして高く買う業者に対して交渉をするようにしてください。

 

⇒外車を売るときの一括査定サービス【無料】

 

⇒外車専門店に査定を依頼する【こちらも無料】

 

以上、「外車の査定が安くなる理由:損する前に見て!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス