車を買うときは大体の方はローンを組むと思います。

 

車は決して安い金額の買い物ですから、本当に倹約してお金を貯められるか、お金が余っている人以外、つまり普通の人はマイカーローンの融資を受けますね。

 

もちろん、にも左右されることですが、仮に車を現金一括で買うことが出来るとしたら、何かしら優遇されることがあるのでしょうか?

 

資金がある場合には現金一括払いをすることにより値引きなどの特典があれば嬉しいですよね。

 

今は余り見ませんが、「カード歓迎」などののぼりを見ると現金が優位なのか?と考えてしまいます。

 

今回はこの現金一括払いに値引きがあるかどうかという点についてみていきます。

現金一括払いで値引きは無い

いきなり残念なお知らせとなりましたが、現金一括払いによる特典はありません。

 

過去においては、カードの決済手数料が困る状況も多い中で、現在ももちろんそうなのですが、車の販売に関してはディーラー指定の融資を利用すれば一番で、現金による決済にメリットはありません。

 

ここで、ディーラー指定の融資という話をしましたが、この部分について理解すると現金一括購入があまり歓迎されない理由が分かると思います。

ディーラーローン利用で値引きの理由

実は値引きなどに関しては、ディーラー指定の融資を受けたほうが優遇されるというのは、前も話したとおりです。

 

その理由は指定の融資を組むことで、ディーラーはインセンティブ(融資を紹介したときの報酬)をもらうことができます。

 

そのため、車を売る以外の部分で利益を確保できますので、値引きなどにも積極的に応じてくれるということです。

ディーラーローンでの値引きは得なのか?

値引きについてはこのように融資を組んだほうが良いということですが、ユーザーにとっては必ずしもそうというわけでもありません。

 

借入には金利がかかりますので、総支払金額を考えるとおそらくは現金で買ったほうが一番有利でしょう。

 

だからこそ金利という手数料が得られる信販会社が儲かり、そこから販売店へインセンティブがあるのです。

 

そのため、総支払額においては現金のほうが有利ということになる場合がほとんどなのです。

現金一括vsローンで値引き

ディーラーの営業マンなら「ローン・クレジットを組むときの値引き」と「利息払いなしの現金一括払い」のどちらの方法ががお得なのか計算できるかもしれませんが、現実問題としてさすがにそんなことをお願いは難しいです。

 

インセンティブを得られるとともに、販売店で、または販売員単位で融資契約のノルマが決まっているような場合もあるからです。

 

ユーザーにとってできる限り安く買いたい車取引ですが、ディーラーにとってはできるだけ値引きをしたくない、できる限り利益が欲しいという状況があるわけです。

 

そのため、相手側が無意味に協力してくれることは稀でしょうし、実はそれほど簡単な計算ではないのでおそらく協力してくれないと思います。

極力現金払いで値引きも受ける方法

ここでは値引き交渉をするための方法、つまり値引きを成功させて利息もあまり払わなくて良い方法を紹介します。

 

それはディーラー側にも利益を持たせること、そして協力してもらうことです。

 

相手の目的は何でしょうか?

それは車をあなたに売って利益を出すことです。

 

分解すると「車を売ること」「利益を出すこと」ということです。

車も売らないといけないし、利益も出さないといけないのです。

 

そこであなたはローンを相手のインセンティブが入る最低額で組んであげて、残りを現金払い、そして値引きもしてもらうということが良いでしょう。

ディーラー側に譲歩することが大切

現金で払って利息を極力少なくするけど値引きも受ける、このようなわがままな提案をするのは気が引けるものですが、交渉の基本は相手にも利益を持たせることで相手も納得してくれます。

 

そのため、ローンが入ることでインセンティブがあることは知っているので最低限のところで利用する代わりにできる限り値引きをして欲しいと申し出ると良いでしょう。

 

どこまでディーラーのことを信用してよいか分からないと思いますが、お互いの目的や利益をすり合わせることが全ての交渉成功の秘訣です。

 

全面的に信用するのは怖いところもありますので、似たような他会社の車と比較交渉をしたのちに切り出すのが最も良いタイミングではないでしょうか。

 

特に融資数のノルマが課せられている場合には、インセンティブも融資数である場合が多く、信販会社などからは嫌われるかもしれませんが、ルールとしてそうなっている以上うまくやればよいと考えます。

部分的なローン利用が値引きの秘訣

ディーラーで指定されたローンなどの融資を受けることで値引き交渉し易くなるというのは話したとおりです。

 

上で説明したように全額をローンにしなければ良いわけなので、逆に融資金額を少なくすることが出来れば一番ですよね。

 

ここで、頭金を用意できる方は多少用意しておくと、融資額を少なく出来ますのでとても有利になります。

 

頭金をすぐに用意できないという方は、下取の見直しをすることで現在の車処分価値を良くすることが可能ですから、少しでもお金を何とかしたいという方は、買取査定も行って車の価値を比較するようにしてみましょう。

 

⇒下取査定を見直すための買取査定サービスを確認【利用無料】

利息を考えると現金一括払いが有利

結局最終的にはどっち付かずな結論となって申し訳ないですが、金利なども考えると現金での支払いはそれほど悪いものではありません。

 

というのも、重要なのは最終的にどちらが得なのかということではありませんか?

 

そのときに比べるのは、将来期間も考えた金銭の支出量で考えるべきでしょう。

 

もし値引きが成功したとしても、それ以上に利息を払っているということでは全く意味がありません。

 

そのため、最終的にいくら金銭が支出するのか、時間的な金利効果も考えるととても計算が複雑で、正直その計算をする価値があるのかどうか考えてしまうほどなのかもしれません。

 

時間的価値を考えるにはフィナンシャルプランナーなどの専門家に依頼することになるかもしれないわけで、数千万円から億越えをする不動産ならまだしも、自動車についてそこまで計算をする必要はありません。

 

ですから、わかりやすさという点においては現金で買うことはとても良いことだと私は思います。

ローンを使って早期一括返済の技もある

早期に一括返済などをすればよいわけですから一番良いのはこの方法となるでしょうから、手元にお金があって早期返済も可能な契約かどうか確認したうえで、先ほど説明した複合的な方法をとることが最良となるでしょう。

 

ここまで説明してきたように、多少複雑とはなりますが多くの場合には販売店の担当者に聞くと、多少相手よりな話になるかもしれませんが知恵を貸してくれるはずなので、気軽に相談してみてください。

 

なお、一応反対意見として低金利で融資しておくことはよいことという考え方もあるので、高い金額でのカーローンでなければ、融資を受けるというのもありだと思います。

 

そのボーダーラインは、年利3%前後というところで見てます。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者