頭金はいくら用意する?

車頭金はいくらが相場:3行まとめ
  • 車の頭金は2割から3割用意するべきだが、全額ローンでも問題はない
  • 頭金がローン審査に直接影響しないが、返済負担率の基準で間接的に不利になる
  • 車維持費を考えると返済負担額をシビアに考えるべき

あなたは車を買うときには、全額を現金で用意できますか?多くの場合には、車を買うときにローンなどを組んで分割払いにしますよね。

現代の消費生活を考えると、何かほしいとしても現金を用意するまで貯めてから買うというよりは、物品が高い場合には特にそうですが、ローンやクレジットなどの分割払いにするものです。

このように、車を買うときに全額を現金で用意できる人は珍しいですから、多くの方はローンやクレジットを組むことになります。

車を購入するときに融資を利用するとして、そのときによく言われるのが頭金をいくら用意するかです。

車頭金とは
  • 車頭金とは、車をローンなどで購入する場合に、車体価格などの一部を現金で用意するものである。
  • 車の頭金があると月々の返済負担が減ることが期待でき、また借入金額が減ることでのローン審査通過がしやすくなる影響もある。
  • そのため、車購入時にいくら用意するかの目安は、車購入者の関心の一つである。

ただし、頭金が必要といってもすぐに用意できるものではありません。

お金が無いからローンを組むことを考えているという状況が多いでしょう。

ただ、頭金を用意できると月々の支払額が少なくなったり、審査が通り易くなったりとメリットも多いので、出来ればいくらかでも用意したいものです。

こちらでは、頭金をどの程度用意したら良いのかということについて一応の目安をみていきます。

さらに、ローンなどの融資関連やいつ頭金を用意するべきかということについて確認していきたいと思います。

まずは、車購入時における頭金を用意するとどのような良い点があるかということを見てください。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車ローンに頭金があると月々負担が軽減

頭金を用意することで月々の支払いを抑えることができます。

そのため、少しでも頭金を用意することで月々のローン支払い負担を軽減することができるでしょう。

とはいえ、持っているお金の全てを頭金に使ってしまうと万が一にも車が故障したときなおすのが困難になりますので、30万円程度は手元に現金を置いておくの安心できますね。

次に頭金の金額的な話になります。

頭金を用意したほうがよいのは誰でもわかるけれども、実際にいくら用意したほうが良いのか?ということです。

車頭金相場は2割から3割ぐらいが目安

頭金を用意するならば、車体価格の2割から3割ぐらいを用意するのが妥当です。

車体価格に対する頭金をどれぐらい用意する目安としての金額を表にしてみました。

購入する車の車体価格頭金を用意する目安(車体価格の3割)
150万円45万円
200万円60万円
250万円75万円
300万円90万円

あなたはこの金額を見てどのようにお考えでしょうか?

多くの方にとってこの金額、大きいと感じるのではないでしょうか。

しかしながら、頭金として用意するならばこれぐらいの金額を用意するほうが良いと考えています。

300万円で車ローンを組んだ時の頭金

こちらでは例として300万円で車ローンを組んだ時の頭金を見てみます。

上の表では90万円の頭金を用意するとよいという目安でしたが、仮に車ローンを頭金なしで組んだ場合と目安通りに頭金を用意した場合を比較してみます。(60回払い・年利3%)

まず車ローンを頭金なしで組んだ場合には毎月の返済は「45,581円」になります。

それに対して頭金を90万円用意した場合には毎月の返済は「31,907円」になります。

頭金有無で返済負担の差を考える

重要なのはこの差額13,000円が月々の収支のなかで重要になるのかということです。

例えば月に使えるお金が20万円ほどあるような方なら、それほど支払の影響は大きくありませんが、これが月に使えるお金が5万円の方にとっては影響が大きくなります。

つまりは車購入計画で頭金が必要かどうかは、審査に影響もありますが、実際には月間の収支によるところが大きいのです。

さらに買うときに忘れがちな車維持費については年間で50万円かかるとすれば、月間4万円上乗せされますので、これについてもよく考える必要がありますね。

最近は頭金を用意しないで全額ローンを使う人も多い

ただ、最近は頭金なしで車体価格のすべてを融資する、いわゆるフルローンで車を購入される方も増えています。

そのような場合には絶対に金利が低いほうが有利です。

審査に心配があるとしても、過去に返済が遅れたりした場合以外は、低金利ローンを試すことは大切で、無意味に高い金利を払うほどもったいないことはありませんよね。

頭金はいつ用意するべきか?

次に頭金を用意するのはいつから考えるべきかということになります。

すぐに頭金をどうにかできるお金がある方はいいとして、多くの場合については現在頭金がないことが多いのです。

基本的に、頭金について悩む方は車を購入するに際して、頭金はないけれどもあったほうがよいのか?という点にばかり注目してしまいますが、実際は事前に貯めておくべきものなのです。

こちらでは、頭金をいつ用意するべきかという期間的な側面と、期間がないときの用意する2つの方法に関する方をお話します。

3ヶ月から6ヶ月前から貯めていくのが理想的

何かを購入しようと考えるときには、貯金をすることは実は容易です。

逆に漠然とした目標で貯金が出来る方は相当自制できる方かお金をあまり使わない方でしょう。

しかし、普段から貯金していないという方も車を購入するというプランの元ならば、頭金を用意する貯金はそれほど難しいものではないのです。

そのため、車購入プランを立てる段階で、出来る限り頭金を用意するということを考えておくと良いでしょう。

なお、そうはいってもすぐに車がほしくなったという状況もあるでしょうから、次は状況として限定的となりますが、そのような方の場合はどうするかという点についてお話します。

下取りを見直すのはとても大切

車を持っている方は、今ある車を下取りに出そうと考えていますよね?

実はこの下取り査定はそれほど有利でない場合もあります。

というのも、下取りによる車体価格評価はある程度一定の基準が決まっていて、市場ではそれなりの価格がついているのに安い評価しかされないようなケースもあるからです。

下取りによる値引きよりも高く車を売ることができ、その金額を車購入代金に充てたら値引きと同じですよね?

つまりは、車売却先について比較検討する必要があります。

下取り額は交渉出来る!

最終的に下取りを選んだとしても、比較交渉の末に下取りをするのと、何も交渉をしないで下取りに出すのでは雲泥の差です。

ぜひ、車を現在保有していて、頭金の用意をどうしようかと考えているならば、車を有利に処分する方法について考えてほしいものです。

もしあなたが今もっている車を少しでも高く売りたいと考えるならば、下取りをどのように見直したほうが良いのかを見るようにしてくださいね!

カードローンで頭金を用意すべきでない?

次に頭金をカードローンなどの別融資で用意して払うという方法があります。

これについては、ほとんどの場合に不利になることが多いのでやめたほうが無難でしょう。

また、カードローンでの融資履歴や貸し出し金額増大が、特に銀行などで車ローンを組むときに、金利や審査面で不利になりかねませんので、多くの場合に利用しないほうが良いということになります。

このようなときには、素直にフルローンを組んでしまったほうが妥当でしょう。

早期返済可能ならカードローンも悪くない

ただ、唯一の例外としてはボーナスが入るなど後にまとまったお金が入ることで、融資を早く返せるならばカードローンを利用するのも悪くありません。

また、融資枠の大きさによって金利も変わってきます。

自由に繰り上げ返済できることもあって、返済期間も短くなるので、総支払い金額としては金利の見た目ほど多くなりません。

とはいえ、低金利で借りられるのが目的別ローンの利点なので、わざわざ高い金利で借りる必要もないでしょう。

車ローンで頭金なしの審査影響

審査時の目安として、一年間に支払うローンの返済額の総額が年収の4割を超えているかというものがあります。

4割を超えない場合には審査が通る可能性が高く、4割以上なら通らない可能性が高くなります。

住宅ローンやフリーローンなどで今回組む自動車ローンの年間返済額の合計が、あなたの年収の4割を超える場合には、頭金で調整などをすると良い結果につながるでしょう。

そのため、頭金は必須ではないですがあると総支払額と審査について有利になります。

なお、この4割という基準は、金融機関やそのときの状況、また個人の与信状況によって変動するものであり、一定の目安としてご利用ください。

その他、3割や3.5割としているという状況も確認しています。

つまりは、月々の支払い金額について甘めに考えると4割、厳しく考えると3割という状況で考えると良いでしょう。

次に頭金の有無がローンの要素に与える影響について詳しく見ていきます。

金利面では頭金が多いほうが有利か

当たり前ですが、融資する金額が少ないほど、金融機関も少ない貸し倒れリスクですむことになり、結果として金利は低くなりますし、金利が固定されている融資ならば審査が通りやすくなります。

ただ、住宅ローンと異なり、車のローンでは融資金額として大きくないことや、頭金を用意することで変わる融資金額の変動も少ないことで、それほど大きく状況が変わることはないと考えています。

つまり、頭金を用意したほうが金利面では有利ですが、小額ではそれほど変わらないというのが現状です。

もし、頭金を用意して変わってくるとしたら次の審査面での影響のほうが大きいはずです。

頭金を用意したら審査が楽になる

最終的には、人が判断するようなケースも多いわけですが、その前に量的基準を超えられなければその前提にも立てない場合がほとんどです。

このことは、前に説明したローンなどの返済に充てる金額が年間の所得の4割を超えるような場合には、融資ができないというようなケースです。

審査に不安がある人ほど頭金を用意するのは難しいということも少なくありませんが、だからこそしっかりと用意して融資の審査に備えるべきでしょう。

なぜこのようなことが重要かというと、融資審査を通過できないと、他の融資も断られた期間からしばらくの間断られてしまうからです。

そのため、融資は1回で決めるような覚悟と準備を持って望むべきで、そのときには融資の審査について、ある程度相談できるならばしてみると良いということになります。

頭金の有無で返済期間に影響は少ない

頭金を用意することで、返済期間に影響を与えるということはそれほど関係ありません。

もちろん、頭金を用意すれば融資金額が減りますので、融資審査における量的判断で月々に許容できる支払い金額も高くできることもあって、返済期間が短くなることもあります。

ただし、これはあなたの選択であり、早く済ませたいならばより短い期間を、月々の返済を減らしたいならば長い期間を選択することも可能です。

このことから、頭金を用意することで車ローンの返済期間が変動するというのは、ごく一部の要素であって、それほど影響はないということになります。

なお、返済期間のついてはこちらのページを確認してください。

車ローンと住宅ローンとの関係性

車ローンの審査においては、現在の借り入れ状況をチェックした上での審査になります。

そのため、金額が大きい住宅ローンがある場合には心配される方がいらっしゃいますが大丈夫です。

前も申し上げたように金融機関というのは、融資することで利息を取って経営するわけですから、基本的には貸したいというのがスタンスです。

その点で、住宅ローンは額が大きいために、これについて他の融資と同等の評価をしてしまうと融資できる人が少なくなってしまいます。

この点を考えて、住宅ローンの貸付残高については一定の配慮が計算段階でされるのです。

ただ、年収における月々の返済額や所得における貸付金額による量的判断について、場合によっては審査が通過できない可能性もあることは知っておいてください。

住宅ローンが先のほうが望ましい

車ローンについては住宅ローンについて考慮してくれるわけですが、家を買うときのローンでは車ローン貸付金額が、審査通過に悪い影響を与えるということを考えると、住宅ローンがある段階で車を買うことは良いとしても、家を買う予定があるときに車ローンを組むのは得策ではありません。

近い将来について、家を購入するような場合には、人生設計をよく計画してから車を購入するほうが良い結果が得られるかもしれません。

なお、詳しくは次のページで説明していますので確認してください。

新卒でも車ローンを通すことはできるか?

車の融資金額はそれほど大きくないことを考えると、新卒でも車ローンを通すことはできそうな気がしますが、これは金融機関しだいというところになります。

一般に貸し倒れリスクが高い顧客からは、金利設定を高くしなければいけないかったり、担保をとることで融資のスコア調整をしたりすることが可能です。

これを考えると、銀行などの融資先では、金利が低めであるということにあわせて審査が厳しいという状況があります。

逆に、ディーラー系のローンであれば、金利は高めですが融資については通過する可能性はあります。

残クレでは多少審査が緩やか

最近流行の残価設定型クレジットについては、クレジット契約であるために車の所有権が留保され、担保として信販会社に車所有権を握られているような状況になるために、融資審査も比較的緩やかでしょう。

つまりは、融資先によって難易度が変わってくるので、審査の難しい融資先を選ばなければ、新卒であっても融資が可能である場合も十分考えられます。

とはいえ、ここでのお話は頭金の話ですね。

融資金額を小さくできる頭金の存在は、当然に新卒で融資審査をするときに有利に働きますので、新卒であればなかなか現金を用意するのは難しいと思いますが、だからこそ購入計画を立てて、計画的に頭金を用意するようにしてくださいね。

車ローンで頭金は絶対に必要なのか?

結論から言えば頭金は絶対必要ではありません。

というのも、クレジット契約時における所有権留保措置のように、車の所有権を信販会社が保有して、いわゆる車を担保状態にしているような状況もあるからです。

本来であれば、無担保だと金利が不利になったり審査状況では通らなかったりということもあるのですが、車を

資産として考えるならば、これを担保にするならば当然にフルローンも可能になるという状況です。

しかしながら頭金なしのフルローンで融資を組むことは、月々の支払いが高くなり家計を圧迫することになるでしょう。

または、返済期間が延びることで、総支払い金額が増大して長期的に考えると不利になります。

頭金を用意できない場合

頭金が用意できることに越したことはありませんが、実際には用意できるならばこのような疑問も出ないでしょうから、多くの場合に用意できないケースということでしょう。

そのときの対処法としては何個かありますが、一番よいのは車体に掛かる費用を小さくすることです。

例えば300万円の新車をほとんど使っていない中古車である通称「新古車」にすることで270万円で購入できるとすれば、30万円頭金を用意したことと同じことになりますよね。

特に新車を購入しようと考えている方にはオススメの方法であり、このことは「新車がいかに高い買い物か」ということを要因としています。

新車の価格が割に合わない理由

車は登録することで、見た目上ではナンバープレートをつけると、新車から中古車になるわけですが、このときに2割ほど価値が落ちてしまうのです!

例のケースだと300万円の車がナンバーを付けただけで240万円になり、車自体は何も変わらないのに新車ではなくなっただけで60万円も価値が目減りします。

このことは多くの方が知っている事実ですが、それでも新車を選ぶ価値はあると思います。

ただし、どうしてもお金に心配があるのにわざわざ新車を購入する必要は無く、むしろその逆を狙っていくというのが最近少し話題になり始めています。

これが新古車の購入を検討するということです。

新古車の探し方

新古車自体はディーラーが積極的に売りたい車ではありませんが、流通の過程でどうしても発生してしまうものです。

例えば展示車などは乗られている車ではありませんが、触られている車であるために、どうしても新車として販売できないためお宝物件になるわけですが、どうしても数は限られるわけです。

そのため、探そうとしても運が良くないと探せないということでした。

そもそも、ディーラー自体が新古車を売ることについてそれほど乗り気ではなく、残念ながら新古車を探すのはタイミング次第である、という状況だったわけです。

現在の新古車探しはネットを使う

これは過去の話になりつつあり、現在は新古車専門で取り扱っている業者もいるぐらいで、先ほどのナンバーをつけるだけで車価値が落ちるということに嫌気がさした方に人気があるようです。

とはいえ、全国どこでも探すことは出来ませんから、ここはインターネットに頼ることがオススメなわけです。

現在、探しにくい車を探してあなたにその情報を届けてくれる無料のインターネットサービスがありますので、それを有効に活用するということになります。

もちろん、近所に新古車専門店があれば見に行ってもよいですし、そうであっても新古車は色やグレードなどが選べませんので、少しでも選択肢が欲しい方はどちらも確認すればよいでしょう。

いずれにしても、少しでも出費を減らすことが頭金を用意できない方にとっては重要ですから、あなたがどうしても新車のこだわりがないのならば、新古車の情報も見てみるとよいのではないでしょうか。

新古車を探すときの申し込み例

なびくる+申し込み例
⇒無料で新古車を探してくれるサービスの詳細

 

続いて頭金をこれから用意するという方に向けてのお話になります。

実は難しい頭金を貯めるという行為、これをうまく行うには計画性を持って考えていく必要があります。

維持費を考慮して月々の負担をチェック

頭金は多ければ多いほど良いのですが、それでも限度というものがあるでしょう。

よく言われるのが、お金が無いからローンを選んでいるのに頭金なんて用意できるわけないだろうということですが、やはり無いよりもあったほうがよいというケースもあります。

10万円~30万円でもあると違うということですから、数ヶ月待ってから買うかボーナス支給を待つかで頭金を用意してからローン申し込みが良いでしょう。

いずれにしても頭金を用意すると、支出軽減とローン審査で効果を発揮しますので前向きに検討していきたいところです。

頭金は無いよりあったほうが良いですからね。

では、車体価格と維持費を見ながら考えていきたいと思います。

車の車体購入時の支出の詳細について

車体とオプション車体価格とオプション価格
消費税車体価格とオプション価格×8%
自動車取得税車体価格とオプション価格×90%×3%(軽自動車の場合には2%、50万円以下なら免除)
リサイクル料金7000円~18000円
ナンバープレート都道府県によって異なるが1500円~1800円ほど
車庫証明から納車などの代行10000円~30000円前後自分で行うなら印紙代で数千円

上の表を見てわかるように、車を買うだけでこれだけのお金が必要になります。

ここから保有することになりますので、使うためにはガソリンを払ったり税金を納税したりと支出する項目は挙げればきりがありませんね。

続いては購入後にかかる項目について確認していきます。

購入後にかかる支出は想像より多い

車や状況によって支出する項目はかなり変わってきますので、こちらでは表に掲載するというよりも、個別的にお話していきます。

まず車を保有すると税金を納めることになりますが、代表的なものは自動車税でしょう。

自動車税は毎年4月1日の自動車所有者に対して課される税金で、納税は翌月5月末前後となっています。

こちらの税金については続きは他ページでお話していますので、詳細について知りたい方はそちらで確認してください。

追い打ちをかける車検費用

続けて、新車購入から3年目、もしくはそれ以後は2年ごとに車検代は10万円~20万円ほどかかります。

ユーザー車検によって自分で行うなら自賠責保険24ヶ月で27840円(軽自動車は26370円)と検査費用のみで数千円と3万円ぐらいで出来ます。

しかしながら、車検整備にはどうしてもパーツ交換でお金がかかりますので、想定していた費用よりはかかるケースがほとんどでしょう。

任意保険は年齢で差が大きい

さらに、任意保険に加入する場合では若年者の場合20万円~35万円でかなり高額ですよね。

25歳以降安くなりますが毎月決まった額が何も無くても(むしろ何も無いほうがよい)お金がかかりますので、安いに越したことはありませんし、意識するとすごく高く感じるのが自動車保険の支出です。

30代後半からさらに安くなりますので、事故を起こす可能性が少ない人ほど安くなるというものです。

若年層がより高額な自動車保険料は、近年話題にされる若者の自動車離れの原因といわれています。

ガソリン代も当然かかる

そして車は内燃機関を搭載していますので、使うためにはガソリンが必要です。

それによって疲労する各駆動部分には潤滑油が必要なのでオイル代が、機械部品ですから使っていればいつかは壊れますので故障したら修理代がかかります。

その他、車の利用については消耗品を交換する前提で設計されていますので、タイヤ代であったり電球であったり故障するたびにお金が出て行きます

このように、予算ぎりぎりで車を買うのは、真の車好きでないならやめたほうが無難です。

余談ですが、自動車業界の者としては、この若年ほど高額な自動車保険料について、どうにかならないものかと思います。

保険商品である以上リスクについての料金となりますから、若い人が事故を起こさないような状況が出来なければいけません。

つまりは自動運転や運転アシストなどがもっと効率的に利用できれば改善していくのではないかと考えています。

車ローンは頭金を用意して月々の負担を軽くする

まずは頭金は多ければ多いほど良いというのは説明不要でしょうけれども、実際にはどの程度用意すればよいのかというところで疑問があると思います。

よく言われるのが頭金として払うことが出来るのに現金を残しておくこと。

確かに現金を残しておくことは重要です。

現金を残しておかなければなにかあったときに困りますね。

借入と手元においておく現金のバランス

ただし、必要以上に現金を残すよりは借入を少しでも小さくする、つまりは残す現金を頭金に充てるほうが将来期間に対しては有利であることが多いです。

そのため、今度は逆の考え方ではありますが月間の収支を考えて生活に支障が出ないように頭金で調整すると言うことができれば良いでしょう。

頭金の平均・目安といえば車体価格の2割~3割となります。

以上より、出せるなら多く頭金を出して月間の支出と審査通過、車故障に備えていくらか残しておく。

頭金を出すのは支出バランスや審査の調整を行うために出すというところが良い結論ではないでしょうか。 

あなたのカーライフにお役立ていただければ幸いです。