車を取得したときにはあらかじめ廃棄するときの代金を徴収されています。

 

これが車のリサイクル料金です。

 

ただあなたは車を売ったわけで、廃棄処分したわけではありません。

 

車のリサイクル料金は前払いのものですから、廃棄処分していないものに関して払ったものは返してもらえるはずです。

 

こちらでは、前払いした車のリサイクル料金を車売却時は返してもらえるのかということについて確認していきます。

リサイクル料金で損をしないために!

リサイクルに掛かる費用は最終的に廃車をする人が払うものですが、それをあらかじめリサイクル料として徴収しています。

 

つまり大体の場合には廃車しないにも関わらず、料金を払っているという現状です。

 

ということは車買取業者に売った場合には、大体のケースでは払っている場合が多いのでこれを請求することができます。

 

最終的に廃車していないのですから当然でその権利もあります。

 

でも、一部の車買取業者はこのリサイクル料金を返してくれないことがあります。

書面や質問で業者に確認する

買取業者の言い分としては、「車買取額に反映しています」という名目ですが、実質的に返還をしていないケースがあるようです。

 

実際に、買取額に反映されているかどうかは別として、ここであなたが気にしたいところは一部の買取業者は自動車リサイクル料金などで金を稼ぐことができるということです。

 

そのため、査定額が付かないようなときになんとか値段をつけましたというところでは、実は儲ける算段をつけていてそのような見せ方をしている場合もあるということです。

 

これは非常に残念なことですが、割とよくあることなのです。

 

このようなことが無いように、リサイクル料金の返還についてはしっかりと反映されているかを確認しなければいけません。

 

ちなみに大手業者の場合にはこういったことはほぼないと考えてよいでしょう。

 

以上、自動車リサイクル料金についてあなたの損得に関わる部分でした。

ヤフー知恵袋の質問

ヤフー知恵袋でもリサイクル料金の返還については質問がありました。

 

Q:自動車リサイクル料金の流れについてですが
基本的に(リサイクル料金預託済み)自動車を売買する際に
その自動車を購入する人(買い手)は
元の持ち主(売り手)には「車両の代金」と別に
「自動車リサイクル料金」を支払うことになっていますよね?
で、最終的に「廃車」にする人には「自動車リサイクル料金」は戻らない。
(最終的な持ち主が解体業者等に支払う形になるって感じですか?)

そこで疑問なのですが
最近の大手ディーラーは、どんな車両(多走行・高年式等)でも
自社オークション(もしくは他社オークション)に流し
そのほとんどが売れていると聞きます。
で、オークションで売れた車両は「中古車扱い」になり
落札した人(業者)は「自動車リサイクル料金」を含んだ金額を支払うことになる。

ということは、現在の大手ディーラーは
新車を購入した客の車両が
どんなに中古車的価値の無い車両でも
中古車として買取し
「自動車リサイクル料金」を、その客に戻しているのでしょうか?

その辺の事情に詳しい方いらっしゃいましたら、ご解説お願い致します。

補足
早速のご回答、ありがとうございます。
それでは、以前のように
廃車処分代として数万円(確か3~5万円くらいだったと記憶していますが)の
処理費用を取るディーラーは
現在はいないって事でよろしいのでしょうか?

A:もちろん。たとえ1円でも有価で下取りしたのであれば、戻さないといけない。

本当はスクラップにするような車でも
無理やり下取り金額をつけて、下取りすることがある。
そうすると客はリサイクル費用の戻りがあり、販売店もオークション、最悪でも鉄くずで解体屋に売ることができる。

有価ではなく、0円で引き取ってしまうとスクラップにしないといけない決まりがあるので、そうしてるわけ。

補足
スクラップにしないのであれば「廃車処分費用」としては徴収しない。
ただし、有価の下取りでも移転登録、抹消登録等は必要なので、「下取り車諸手続き費用」として徴収することはある。

販社によっては、一切徴収していない法人もあるので、法人によって違うとしかいえない。

 

このように実は返してもらえるのを知らずに引き渡してしまった方も少なくありません。

 

とはいえ、車の下取であったり買取の場合において、大手業者がかかわる場合にはたいてい査定額の中に含まれていることがほとんどです。

 

もし車をすでに売ってしまったという方でリサイクル料金について疑問を感じているなら車買取の契約書を確認してみましょう。

 

自動車税についても同様ですが、多くの場合には査定額の中に反映されています。

自動車リサイクル法に基づく考え方

平成17年1月に施行されました。料金を払うタイミングはこの3つです。

 

  • 新車購入
  • 平成17年2月以降初めて車検
  • 自動車を廃車

 

自動車リサイクル料金は1度払ってしまえば、その後支払う事はありません。つまりは前払いというケースがほとんどです。

 

一回払えば良いので何度も払う必要はありません。

 

そして、自動車リサイクル料金は車を処分する人が支払います。

自動車リサイクル料金は、最終的に車を処分する人が支払う事になります。

 

解体した場合ではなく売った場合などには、売却した車両代金に加えて自動車リサイクル料金相当額がもらうことができます。

 

ただし、車査定業者などは査定額に含めているという構造である場合がほとんどです。

 

自動車の廃車手続きをしたい場合などは、車買取業者等に車を是が非でも売れば自動車リサイクル料金分を請求できるので、結果的に自動車リサイクル料金を支払わずに済むという裏技的なことも可能です。

 

「自動車リサイクル料金を支払ってある車を他人に売る場合は次の所有者から売却車両代に加えてリサイクル料金相当額を受け取る権利がある」ということを知っておくと車の所有権が移るときには有利に立ち回ることができるでしょう。

 

以上、「車買取でリサイクル料は返ってくる?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。