福祉車両というのは、車椅子などを収納できる設備がついた車で、車椅子マークがついた車のことをいいます。

 

装備上の違いでいえば、車後部に車椅子スロープ車となっている車や、車側部に車椅子リフト車となっている車、または足の不自由な障害者が利用する回転昇降シート車のような機構の車もあります。

 

このように車椅子を格納する装備があることで、改造車となってしまうのではないかと思う方が多いようです。

 

また、改造車は車査定では不利であるという認識されている方がいらっしゃいますので、車を売ることができるかどうか気になる方が多いようです。

 

今回はこの福祉車両を売る場合についてお話して参ります。

福祉車両は普通に売ることが出来る

まず福祉車両は通常の車買取と同じ手順で申し込んで大丈夫です。

 

確かに改造車として見られるものですので、普通に売ることが出来るのか疑問がありますが実際には需要も多いのです。

 

事実、世の中には福祉車両専用の業者もいるぐらいで高値で取引されている現状です。

 

ですから、専門の業者に依頼しても良いですし、高く売りたいならばインターネット査定を試してみてから判断しても良いと思います。

 

⇒無料で使えるインターネット査定方法の詳細

 

なぜ福祉車両は高く売れるのか

福祉車両というものはオプションのように考えてみるのも悪くないかもしれません。

 

車のオプションはあればその価値が評価されて査定額が上昇しますよね。

 

福祉車両の設備もこのように考えるとしっくりくるのではないでしょうか。

 

トヨタシエンタの福祉車両の例では、同様の車に比べて15万円から20万円近く相場が高い状況でした。

 

またスズキワゴンRの場合にはグレードで福祉車両が設定されていて、10年以上前の車であっても30万円ほどで取引されていることが確認できました。

 

ここに利益を乗せて市場に出回ることを考えると、売却するときにも古い車であったとしても10万円から20万円は現実的なラインかもしれません。

 

もちろん、車と装備の状態にもよりますが福祉車両は利用価値の面でとても大きく評価されています。

 

福祉車両では内部の小キズのようなものは多いかもしれませんが、車の乗り方は派手に乗るということはありませんから状態がよく、評価が高くなっているという推定もありますね。

 

このことから福祉車両は通常よりも高く売れる可能性が高いといえます。

 

なお、途中で話に出したように福祉車両は、グレードで福祉車両が設定されている場合と改造による福祉車両化のものがありますので、次はその点をみていきます。

福祉車両グレードは有利

福祉車両といえば介護などに便利な仕様に改造されたものと、もともとグレードで設定されている場合があります。

 

基本的に福祉車両がグレードとして存在する場合のほうが、改造して福祉車両とするよりも売却時には有利になる場合が多いです。

 

このことは車種ごとに事情が変わってきます。

 

トヨタシエンタとアクアについては、別段福祉車両のグレード設定はありませんので、福祉車両は適切な改造がされている車ということになります。

 

それに対してスズキワゴンRについては福祉車両のグレード設定がされていますので、このグレードの車を買えば福祉用途の装備がついた車となります。

 

ただし、福祉利用の改造は椅子が飛び出してきて車に乗りやすくなっているものや、後方にスロープがあって車椅子ごと乗せることができるものなど、その仕様はさまざまです。

 

いずれにしても元々設定されているグレードで福祉車両となっている車のほうが売却は有利ですが、車種自体に人気があるような場合には改造して福祉車両になっていたとしてもそれほど不利になることはありません。

安売りしないように気を付ける

ここまでみてきたように福祉車両は査定額がそれなりに期待できます。

 

車というのは実のところ、実用に対して価値が付かないことが多く、例えば新車を登録しただけで価値が2割も落ちるといったところです。

 

しかしながら、トラックなどの商用車と福祉車両などは使用することで価値がある車です。

 

トラックが安い金額で取引されていないように、福祉車両も利用部分の価値が高いので、0円だったり引き取り費用が掛かるようなケースは、相当珍しいケースと言えます。

 

もちろん、使い古した車にはそれなりの価値となりますが、それでも利用価値がある車ですから安売りをすることだけはしないように気を付けてください。

福祉車両は需要がさらに大きくなる

現在は4人に1人は高齢者という状態になっていますし、今後はさらにこの流れが加速するでしょう。

 

このような状況ですから福祉車両が必要になる需要は増えることはあっても減ることはありません。

 

むしろ福祉車両が欲しいという需要が増えてくることを考えると、福祉車両の車体価格は通常のものよりも高くなる可能性がありますので、安易に安く売らないように気をつけてください。

 

せっかく高く売ることが出来る福祉車両を安く売っては損ですからね。

 

もしあなたが少しでも高く福祉車両を売りたいと考えるならば、インターネット査定を確認しておくことをオススメします。

 

福祉車両がいくらになるのか見てみる

 

以上、「福祉車両を売るなら買取業者でOK!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】