Q:先日私はインターネットの簡易査定サイトを利用して車の価値を調べました。

 

そこで衝撃的だったのが、なんと査定が付かないということ。

 

これはつまり、車査定0円というわけです。

 

ただ、確かに古い車ではあるのですが、不動車でもないですし事故車でもありません。

 

普通に使える車が価値0というのはどうしても納得できず、こちらで質問をさせていただきました。

 

このように査定0円になってしまった場合にはどのようにすればよいのでしょうか?

 

よろしくお願いします。

車価値の最低は2万円から3万円

A:まず安心して欲しいのがあなたの車が価値が0円ではないということです。

 

車というのは、適切に登録されている場合には税金の還付などもありますので、0円の価値ということはありえないのです。

 

ましては普通に動いて使えるのですから、その利用価値を考えるとさらに価値無しというのはおかしいと考えるのは当然です。

 

では、なぜ車査定をして0円になってしまうかといえば、実際にあなたの車を見ていないことが最も大きい要因でしょう。

 

当たり前の話ですが、実際に車を見ずに価値を定めることなどできません。

 

インターネットで簡易的に査定額を算出するサイトでは、あなたの車を見ていないのですから当然正確な査定が出せないのも事実なのです。

 

そういった状況下では、低めに査定をつけて告知したほうが都合がよく、そういったこともあってあなたの車は査定が0円ということになるわけです。

 

そのため、実際に査定を行ったとしたらもっと良い査定額が付く可能性もあります。

 

したがって、査定額が0円であっても廃車をしなければいけないと考えるのはまだまだ早いのではないでしょうか。

 

実際に車を見て0円といわれたのなら仕方ないですが、まずは実際に車を確認してもらって査定をつけてください。

 

⇒少しでも高く売ることができる業者をかんたん検索できるサービス詳細

 

次に査定が0円だったという具体例についてみていきます。

ヤフー知恵袋の質問

ヤフー知恵袋から査定が0円だったケースについて抜粋印象しています。

 

こちらの回答はとてもシンプルに大切なことをいっていますので、とても参考になります。

Q:車買取業者の査定が0円だった場合
車購入時に下取りにまわした方がいいでしょうか?

A:下取り車があると、査定費用や名義変更(抹消)費用といった名目で1~2万円取られることが多いです。
そこを指摘して、少なくともその額以上で下取りさせないと損します。

「値引き代わりに下取りアップ」という交渉ネタのためにも、下取り車はあった方が良いですが、このカラクリには騙される人が多いです。賢く使い分けてください。

査定0円の車は、一定条件項目にあてはめながら査定しますから、結果的にそうなるものでも、買い取りに無関係に車だけ見たらいくらかでも値段がつく場合があります。

年式・車種・状態によります。

また、処分になりそうな場合でも、業者は解体にまわしても儲けるのですから、その場合にはご自分で解体に回した方が賢明です。リサイクル券と車検証ほかの必要な書類が整っていれば、今のご時世なら買い取ってくれます。

また、処分するといいながら、店の代車として使っていたり、転売したりする場合もあるので、個人的にはネットオークション等で、ご自身で車両本体や部品の流通価格を徹底分析して、売れそうならご自身で出品されるのが一番高く終結できると思います。

ヤフー知恵袋より

 

下取の価格には見えない項目があっていつのまにか1万円から2万円取られているというのはしっかりと確認しないといけませんね。

 

ただ、業者によって異なるのかもしれませんので正確なことはいえませんが、下取の減額項目として設定されているといいますか、ただ査定するだけなら無料とする場合が多いです。

 

査定を受けるだけでお金を取られるというような、このケースで説明されているような状況は、きわめて稀なのではないかと思います。

 

ただし、車買取関連の業者はよくわからない項目で費用を徴収することが多いので見積書などは常に確認するようにしてください。

査定額が0円だった場合にすること

以上から、査定額が0円だったときにはどうしたらよいのか考えていきたいと思います。

 

取れる方法は下取に出す、廃車にする、再び査定に出すといったところでしょう。

 

先に申し上げておくと廃車という場合でなく譲渡であればリサイクル料金を回収することができます。

 

これは廃車をするときに預託した財源から支払われますのですが、廃車時の所有者に支払う義務があるので、譲渡なら返してもらえます。

 

一般の車であれば大体7000円~18000円となっています。

 

リサイクル代金の返還を考えながら処理方法を見ていくとなにか見えてくるかもしれません。

下取に出す場合は内訳を確認

下取に出すときに注意点ですが、先ほど書いてあったことですね。

 

基本的には車査定に詳しい人なんてそれほど多くいませんから、よく分からない減額項目などがあった場合にはしっかりと質問すべきでしょう。

 

特にリサイクル代金については注意してみてみましょう。

 

とはいえおそらくはディーラー下取においてユーザー有利には事が運ぶことは無いように思えます。

 

下取などは新車を販売するディーラーにとってはあまり重要な項目ではないのでどうでもよいのかもしれません。

廃車なら費用に注意

自分で廃車するなら廃車費用がかからないなら無料ですね。ただし手間はかかります。

 

そして業者に任せるとなると無料でやってくれる場合があります。

 

業者に任せて廃車をする上で重要なのが高い廃車手数料を払わないように注意することです。

 

車自体に資源的な価値があることもあって、たいていの場合は無料で廃車してくれるわけですが、一部ではうまく廃車料金を徴収するという業者もいるので気をつけてください。

査定は複数業者から受けること

1社のみの査定だった場合には、他の業者で買い取ってくれる可能性が無いとはいえません。

 

というのも廃車の場合と同じなのですが、輸出して海外で売るなり廃車をするなりした場合には業者はリサイクル代金分を回収できますから、それだけで実質的に利益を得ることができます。

 

そのため、0円査定が出てしまったのが1社のみなら他の業者も試してみるべきでしょう。

 

個別に申し込むのは面倒なので、手間をかけずに行うなら一括査定を使ってしまうのが手間をかけず簡単です。

 

無料で試すことができるのが良いですね。

 

なお、カーセンサーの車査定サービスなら業者を選んで買い取り依頼できますので、同じ業者に当たると困ると考える方は確認してみてください。

 

⇒申し込みする業者を選ぶことができるカーセンサー詳細はこちら

 

以上、「車査定0円でもあきらめない方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

関連記事

車査定のトリセツ

車の査定を受けるとなぜか思ったより低い金額が出ますよね?

実は車価値に関係なく最初に出る査定は低いのです!

 

⇒なぜ車の査定額が低く出されるのか見る

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。