車検切れでも買取・引き取りOK!サムネイル2

車検切れでも買取:3行まとめ
  • 車検切れであっても査定でマイナスにはならないが、車検があってもプラスは少ないため、売るために車検を通す必要はない
  • 車検が無くても自動車税が掛かるので、これを止めるには廃車手続きが必要になる
  • 公道が走れないので持ち込みで車を売ることには苦労するが、今は引き取り無料業者が使える

⇒すぐに手間なく売れる方法を見たい場合はこちら

 

車を日常的に利用しているならまだしも、売ることや廃車することを考えていて、さらに使っていない場合には気づけば車検切れになっているということも少なくありません。

 

そんなときに困るのが、車を売ったり処分をする場合に悪い影響が出るのではないかということです。

また、車価値によっては、引き取り費用を払わなければいけないような状況も出てくるのかではないか心配になることもあるでしょう。

 

そこでこちらでは、車検が切れてしまった車を売るときに、手間がかからずに損をしない方法を解説していきます。

車検残が無くてもマイナスなし

まず知っておいていただきたいのは、車検残が無くても基本的にはマイナスの評価は無いということです。

つまり、車検が切れていても気兼ねなく車を売ることが出来ます。

 

車検が無くても問題ないというのはいざ引き取りを行うとすれば、多くの場合に「ローダー」という車載車で来ることになるため、引き取る車が公道を走る必要がないためです。

 

車載車の写真
ローダー(車載車)は車を運ぶためのトラック

 

またそのほかに業者側の都合で車検があることはそれほど重要とされないことも理由の一つです。

業者にとって車検が無くても問題ない理由

車を買取業者は、あなたの車を買い取ったあとに、どこに処分するかは業者の種類や買い取った車によって異なります。

 

処分方法 特徴 車検残が必要ない理由
店頭販売 質が良い車 すぐ売れるとは限らないため
業者オークション 店頭で販売しない車 業者間で車検残を評価しないため
輸出 海外需要がある車 国が違えば車検引継ぎはないため

 

上の表を見てわかるように、車検残が無いとしても業者としては損失もほとんどないために、車検切れであっても評価をマイナスにするということはないのです。

 

それでは逆に車検残がある場合においてはどうでしょうか。

車検残はプラス評価されるが大きくない

車検が残っている状態で車を売るとプラスの評価をされますが、数か月残っている程度ではほとんど評価されません。

店頭に並べて売るにしても、業者間での取引であるにしても、流通している途中で車検が切れることも多いです。

 

また車検評価は「公道を走れること」に加えて、「自賠責保険・自動車重量税」の前払い評価も含まれていることもあり、これは廃車(永久抹消)をすることで還付を受けることが出来ますが、還付の条件が厳しいこともあって、自動車税のように月割で払い戻し評価を受けられません。

 

次に車検が残っている状態で評価されるのは、自家用乗用車の場合でいえば1年半前後から評価されます。

このことから、車に飽きるなどの特殊な理由があって車を売る場合以外は車検残がしっかり評価されるということはないということになります。

車検をとってから売るべき?

車検が切れた車を売るならば、車検をとったほうが高く売れるのか?という疑問がありますね。

確かにほとんど満期で車検が残っているならば、車の評価額にプラスとなります。

 

しかしながら結論としては車検をとらずに車を売ったほうが、ほとんどの場合で得であると言えます。

このことを2年分車検が残った中古車の業者オークションデータと車検切れの中古車データを、ほとんど同条件で比べてみます。

トヨタアクアで車検残の評価違いを確認

トヨタアクアでほとんど同条件の車価格を比較してみます。

 

  • 車種:トヨタアクア
  • グレード:G
  • 車体色:パール
  • 走行距離:4万キロメートル前後
  • 車検比較:1年11か月残と車検無し
  • 相場に影響を与える「サンルーフ」「革シート」の差異:なし

 

以上の条件で「車検残があるアクアは109.5万円」、「車検がないアクアは103.0万円」だったので差額は6.5万円でした。

もちろんこれは一つのデータに過ぎないので条件をそろえたところで結果は大きく変わりますが、車検自体の評価額を見るためには役立ちます。

 

さて、アクアの車検を受ける最低限の費用(法定費用)を見てみます。

 

  • 自動車重量税:24,600円
  • 自賠責保険料:25,830円
  • 印紙代:1,200円
  • 合計:51,630円

※エコカー減税の適用しない2回目の車検

 

これは最低限かかる費用であり、その他整備をするとなれば安くても15万円前後、高い場合は30万円ほど掛かります。

 

これを車検の有無による相場の違い6.5万円と比べると、わざわざ車検を通す必要がないことが分かります。

 

以上より、車検が無い場合でも車を売ることが出来ますし、さらに車を売るために車検を取る必要もありません。

 

車検切れの車を売る場合には、安心して業者に売却を依頼することが出来ますので参考にしてください。

 

車検切れでも廃車するまで自動車税支払いが続く

実は意外に忘れてしまうのが、車の車検がないということで「公道を走れないしとりあえず置いておくか」と考えている方が、5月になって自動車税の納税用紙が来て驚くという状況も少なからず発生しています。

 

これは車検が無いからといって自動車税や軽自動車税の負担がないということではなく、登録・届出(ナンバーがある状態)が有効であれば、自動車税を払う義務があります。

 

登録や届出を取り消すのは、廃車をする必要があり、廃車には一時抹消と永久抹消があります。

 

廃車と聞くと、車を廃棄処分するように聞こえますが、これは永久抹消の廃車処理であり、車の廃棄処分を伴わない廃車処理が一時抹消です。

廃車の費用

車検切れで廃車をする場合の費用は一時抹消と永久抹消で処理が異なります。

 

一時抹消に必要な費用
  • 一時抹消登録手数料:350円
  • 印鑑登録証明書の発行手数料:300円ほど

 

永久抹消に必要な費用
  • 申請書:40円ほど
  • 印鑑登録証明書の発行手数料:300円ほど
  • 車の輸送費:1,000円から

 

これらの手続きを行政書士などに依頼した場合には1万円前後の費用が掛かります。

 

一時抹消の場合には車体の移動が必要ありませんが、永久抹消の場合には解体を必要としますので、車検が無い車の場合には車を移動する手段が必要になります。

 

仮ナンバーを取得して自分で行えば1,000円ほど、業者に依頼すれば1万円以上掛かる場合もありますが、現在は廃車を無料でする業者も多いために、わざわざ作業を車の輸送だけを業者に依頼することはありません。

 

このことから、一時抹消の場合にはそれほど費用は掛かりませんが、車の処分を考えている場合には、業者にそのまま引き渡したほうが得です。

車検切れでは持ち込みができない

パトカーの写真

車検がなければ公道を走ることは出来ません。

 

車検無しで公道を走った場合の罰則は大変重いものとなっていて、「無車検運行による道路運送車両法」の法令違反となります。

これは前歴がない状態でも6点の違反点数が加算されるために、たった一回の違反で免許停止処分になってしまいます。

 

また車検を受ける場合には自賠責保険を同時に前払いすることの性格から、車検切れの車は自賠責保険も切れていることが多いので注意が必要です。

自賠責保険切れで公道を走ることについても法令違反となり、「無保険運行」による違反は6点の違反点数が加算されるため、こちらも一回の違反で免許停止処分になります。

違反の点数については警視庁ホームページから確認できます。

 

なお、車検が無い車を売るとなれば方法は「仮ナンバーを発行して自ら業者に持っていく方法」と「業者に引き取り依頼をする方法」があります。

仮ナンバーを取得して業者に持ち込み

仮ナンバーの発行は手間がかかる…

仮ナンバーとは、一定の事由によって臨時に道路を運行できるものです。

 

仮ナンバー自体の取得費用は1,000円と高くありませんが、自賠責保険を別途加入しなければいけないので、これによって普通乗用車なら6,090円(1か月)必要になります。

 

また、仮ナンバーの取得は自賠責保険加入のために陸運支局に車無しで行く必要があったりと手間がかかることに加えて、車を引き渡した後もまた車無しで仮ナンバーを返しにいく必要があります。

 

そのため、車を売ることの目的でわざわざ仮ナンバーを取得するということはリサイクル料金を払うようになってから特に現在では行われません。

出張査定なら手間がかからない

仮ナンバーでは費用が6,870円以上掛かってしまい、また手間もかかることを説明しました。

 

反面、業者が査定や引き取りに来る場合ならば費用や手間はほとんどかかりません。

 

またどんな車であっても最低限の資源的な価値があることに加えて、リサイクル料金をすでに前払いしているので廃棄処分の費用が掛かりません。

 

このことから、費用無料で廃車引き取りする業者や、数万円程度のお金を手にして引き取りに出すこともできるわけです。

 

以上から、車検切れの車を売る、または廃車する場合には出張で引き取りをしてくれる業者に依頼することが手間も掛かりませんので、賢く車を売りたい方は参考にしてください。

 

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均18万円査定額UP!(概算価格が分かるから下取り相場とすぐ比較可能!)
相見積もりで業者間の比較
一括査定利用で平均17万円査定額UP!(実例で13万円から60万円も上昇!)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者