ハイブリッド車のメリット

ハイブリッド車のメリット:3行まとめ

ハイブリッド車のメリットは税金優遇と加速性

燃費は同クラスと比べると良い(ただし経済性は悪い)

最先端技術の車に乗っているという優越感

 

ハイブリッド車とは、日本においてプリウスを代表とする電気モーターとガソリンエンジンの組み合わせを動力とした自動車です。

 

一般にハイブリッド車といえば、燃費が良く維持費が安く環境にも良いとされていますが、総支出で考えるとそこまで優れた車ではないということをご存知でしょうか?

 

これは意外なことですが、維持費が安いと思って買ったハイブリッド車が実は車を買うところから売るまでを考えると、それほど得ではないのです。

 

さらにハイブリッド車は多くの方が乗っているからといっても、先進技術の車に乗っているという優位性を主張することは出来ません。

 

そういったことで、ハイブリッド車のメリットは税金優遇と加速だけとなっています。

 

ただし加速することはそれほど悪いことではなく、特に車体が重い車の場合には大きな効力を発揮します。

 

こちらではハイブリッド車のメリットを見たうえで、そのメリットがどのように役立っているのかを考えていきます。

ハイブリッド車メリット3つ

ハイブリッド車はモーターを用いるためにガソリンエンジンだけを搭載した車と比べて次の3点で優れていると考えています。

 

ハイブリッド車メリット3つ
  • 加速性
  • 燃費性能
  • 環境性能

 

反面、ハイブリッド車は車体価格が高いので、購入するときには燃費との引き合いで考える方が多いようです。

 

しかしながら、車体価格が高いけれども燃費が良いから得、と安易に考えるのは望ましいことではありません。

モーター駆動による力強い加速

電気を使ったモーターはガソリンエンジンと異なり、初期加速のトルク発生が非常に優遇されています。

 

そのため、燃費を節約できることとに加えて走行性能も向上するといった効果があります。

 

一度、この加速に慣れてしまうと相当パワーのあるガソリン車に乗らない限りは劣る感覚を覚えるでしょう。

 

ハイブリッド車とガソリン車があるモデルを試乗してきた動画がありますので、それをつかってみていきます。

ハイブリッド車vsガソリン車:加速対決!

ここまでハイブリッド車のメリットを説明してきましたが、実際に環境に良いかどうかも分かりませんし、燃費が良くても高い車体価格で経済性があるかといえば、それほどでもないことが分かりました。

 

では、加速はどうでしょうか?

 

ハイブリッド車とガソリン車を同じ車種で乗り比べて実証した動画を収録したのでその比較です。

 

ヴェゼルハイブリッドの動画

 

ヴェゼルガソリンエンジンの動画

 

最初にヴェゼルガソリンエンジンに乗った後に、ヴェゼルハイブリッドに乗りまして、その加速の違いにアクセルの踏み方を間違えてしまいました。

 

結果として、ヴェゼルハイブリッドの加速性は相当高いことが分かり、残念ながら撮影中に加速することによってカメラが飛んで行ってしまいました。

 

普通の運転で加速度を感じることはありませんが、ヴェゼルハイブリッドについては少しアクセルを踏んだだけでこの加速です。

 

車種にもよりますが、ハイブリッド車の加速性能については特に分かりやすい違いが出たので、ぜひ一度動画を見比べてほしいと思います。

税金の優遇を見たハイブリッド車のメリット

メーカーにとって、ハイブリッド車は燃費達成基準を目指すためだけの車であるといえば乱暴なようですが、あながち間違いではありません。

 

燃費達成基準を満たすとどうなるかといえば、エコカー減税の適用があり、最高ランクでは免税や非課税となります。

 

このように、燃費が高いことは車を売る側にとって、ユーザーが特定の車を買う理由になりますので、ある意味ではマーケティング上の利点でしかないのです。

 

つまり、メーカーとしてはハイブリッド車を製造販売することは経営上のメリットがあるわけです。

 

世界的にも燃費についてはエネルギー消費などの観点や二酸化炭素排出量を考えると低いほうが良いのですが、レアメタルの利用は廃棄処分まで考えると、ハイブリッド車がすべての項目で環境性能が高いというのは乱暴すぎます。

税金面で確かにハイブリッド車は有利!

モーターは加速時に効果があるのはもちろんのこと、ブレーキをかけたときにバッテリーに充電しています。

 

そのため、無駄なくエネルギーを使うことが出来ますのでハイブリッド車は環境性能が優れるという利点があります。

 

ユーザーにおいて、税金の減額または免税として恩恵を授かることが出来るでしょう。

 

エコカー減税の適応は、自動車税、取得税、重量税において適用がございます。

 

ハイブリッド車はエコカー減税達成に都合が良い車

以上のように、ハイブリッド車は燃費について目標を達成するための車であり、日本の達成基準は車体重量で定められた目標を目指す車になっています。

 

そのため、車体重量がハイブリッド機構のおかげで重くなっているのも良く影響して、減税率が高い車となっています。

 

車種別のエコカー減税適用表
重量が重いほど燃費基準が緩くなるのでハイブリッド車は有利

 

マーカーは付いていないのですが、プリウスはなんと車体重量の区分が1421kg以上の区分であり、そんな車がカタログ燃費でリッターあたり34km走るならば、エコカー減税においては重くて燃費が良いので有利に決まっています。

 

世間では維持費が良いといわれてもてはやされているハイブリッド車ですが、実情としては国の産業として車が売れないと困るので、ハイブリッド車を購入につなげる政策であることが見え隠れしています。

 

そういえばトヨタとホンダはハイブリッドに力を入れていますが、やはりそういった政治的な動きが影響しているのでしょうか。

 

次にこの金銭的な点について、ユーザー側から考えるとどうなのでしょうか?

ハイブリッド車の燃費は確かに良い

市街地走行時においてガソリン車は加速時に多くの燃料を消費するものでありますが、ハイブリッド車はモーターで加速するために燃料消費量が抑えられます。

 

車体の大きさにもよりますが、カタログ値において最も燃費性能が良いトヨタのアクアにおいてはリッター37.0kmとなっています。

 

また車体が大きくなっても燃費の恩恵はありますが、車体価格が上昇するのが必ずしも経済的であるとはいえない場合があります。

 

極端な例でいえばトレーラーなどはもしバッテリーをつむとしたら、バッテリー自体を運んでいるといわれるほど効率が悪いものとなります。

 

コンパクトカークラスがハイブリッドエンジンと最も効率がよく、ミニバンやSUVのミドルサイズを越えると効率が悪くなるのですが、エコカー減税をもらうためには車体重量が増加して燃費が良くなるので有利に働いています。

ハイブリッド車は燃費に有利だが経済性は優れていない

ユーザーにとってハイブリッド車は経済的にお得ではありません!

 

と、いうのも燃費がよいことで維持費節約になるでしょうけれども、高くなる車体価格はどうなるのでしょうか。

 

このことについて少し考えてみると、実は多くの方が気が付いているはずです。

 

一般に1日30キロ以上、年間休まず走行して1年1万キロですが、これでは高い車体価格を取り戻すのは困難です。

 

年間15000キロを7年ぐらい走ってようやく高い車体価格を回収できるというレベルです。

 

このように燃費が良いからといって、車体価格が高いのでそれを取り戻すために使ってしまい、多くの方はそれほど車に乗れないので取り戻す前に車を手放すことになります。

環境性能は燃費以外も見る必要がある

ここまで見たようにハイブリッド車に経済性は乏しく、財布には全くエコじゃないですね。

 

さらに、ハイブリッド車は専用のバッテリーを使っていますが、これも7年~10年後には交換しなければいけません。

 

製造には大量のレアメタルが必要で、バッテリー交換でさらに必要になります。

 

環境性能や経済的な部分について、ハイブリッド車はどこらへんがエコなのでしょうか?

 

結論からするとただエコカー減税の燃料基準を達成するために存在しているのではないかと思うぐらいなわけです。

ハイブリッド車には期待しすぎないことが大切

このような事情ですから、環境性能に良い!経済的に優位!なんていうのは幻想なので捨ててください!

 

もし、ハイブリッド車を選考する理由があるとしたら・・・技術の先進性でしょう。

 

「あれ、今は電気自動車が最先端」ということは、今のご時勢ハイブリッド車に乗る方はよくわからないけどハイブリッド車が好き、ただそれだけなのかもしれませんね。

 

メリットを見る前にデメリットなどを知っておくことは大切なことです。

ハイブリッド車のデメリット

ただし、ハイブリッド車は良いことばかりではありません。

 

主な原因は車体価格が高いこと、燃費が良くてもこれを取り戻すのが難しいのにここをセールスポイントで売ってくること、燃料電池交換は結構高く付くことなどがあげられるでしょう。

 

これについてはここまで説明してきた通りですが、実際に経済性が良いと思って買ったら、実はそれほどでもなくむしろマイナスだった・・・というのはデメリットであると言えます。

 

最近はハイブリッド車に乗ることの周りとの差別化もなくなり、ハイブリッド車は普通の車となってしまったわけで、こうなるとわざわざ高い車体価格を払ってまで乗る必要はなくなってしまいます。

 

以上を踏まえると、経済性だけでハイブリッド車を買ってしまった方にとっては、走行して高い車体価格を回収するという観点から、保有・維持すること自体がデメリットになっているといえるのかもしれません。

 

ハイブリッド車メリット:まとめ

近年話題のハイブリッド車ですが、燃費・加速性能・環境性能においてガソリン車よりも有利となっています。

 

特にユーザーが気になるのは経済性についてでしょう。

 

ハイブリッド車は車体価格が一般のガソリン車よりも2割~5割高くなっていますので、この燃費性能や減税額がその増加分を上回ることを想定した上で選ばないといけません。

 

一概に燃費については一年間に少なくとも1万キロ以上~1.5万キロ以上乗らないと元が取れない可能性があるといわれています。

 

そのため、生活に車を使う方ならこの恩恵を享受できるのではないでしょうか?

 

また減税については確実に効果が出ますので、出来れば免税の車を選ぶことが出来ればお得ですよね。

 

特に車体の価格が高いものについては自動車取得税が免除されることについて貢献するのではないでしょうか。

 

ただし、消費税10%になったときには自動車取得税が廃止を予定されていますので、そのときにはエコカーの魅力がひとつ減ることになりますね。(とはいえ環境性能割が加わり負担実質的に自動車取得税が名前を変えるだけ)

ハイブリッド車の維持費に騙されないで!

ハイブリッド車の利点についてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

もしエコカーとして買うことを考えているなら中古ならまだしも、高い車体価格まで出して買うほどの価値がなくなってきたかもしれません。

 

最終的には電気自動車か水素自動車がエコカーとなり、自動車の中心となるでしょうからハイブリッド車はつなぎの技術でしかありません。

 

ただし、現在の電気自動車は航続距離と車体価格に課題がありますのでまだまだ買いではないでしょう。

 

サイト管理人の私がエコカーを買うのなら、ディーゼルエンジンを搭載した車を買うと思います。

 

ハイブリッドは保有してみたい反面、先が長い車だとは思っていませんので長く乗るならディーゼル車のような車のほうが良いでしょう。

 

とはいえ、安く買うことが出来るのならハイブリッド車も良いでしょうから、少なくとも電気自動車や水素自動車が現実的になってきている今、経済的な理由や環境性能においてハイブリッド車を買う理由は乏しいのではないでしょうか。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者