中古車買取を依頼したときに意外に高い査定が付いたので車を引き渡したのもつかの間、いつになっても代金は振り込まれない。

 

中古車買取を依頼したときに最近では、大手業者が増えているので大丈夫ですが、一昔前は中小な業者が多く、詐欺被害も少なくありませんでした。

 

せっかく高い金額で評価されたと喜んでいても1円もお金を手にできないのであれば、まったく意味がありませんね。

 

車体ごと国内流通であれば車体を探すことができるとしても、多くの場合はパーツに分解されて輸出されてしまうことになります。

 

そうなれば、証拠も何もなくなってしまいますし、さらに証拠があってもお金が回収できないなんてことは少なくありません。

 

このように車オーナーは、車を売るときにはどこにどのように売るかということを注意しなければいけません!

 

こちらでは、車買取査定の詐欺についてどのように防いでいくべきなのかをお話していきます。

認知度が低い業者に車を売るときは注意

全ての小さい会社が悪いというわけではありませんが、やはり大きい会社のほうが安心できるのは当然です。

 

車売却の詐欺的手法に引っかからないようにするには、車を売るときはできれば知名度が通っている業者に売るほうがよいです。

 

車買取チェーン店は評判が悪かったりしますが、買取業者は車を安く買いたいと考えますし車オーナーは車を高く売りたいと考えていて、このように利益が衝突していますから、取引回数が多くなれば悪評や単純な文句も出てくるものです。

 

この文句や悪評は詐欺とはまた違うものであり、大手車買取業者はその取引責任を追跡しやすいという点で優れているのは間違えありません。

 

つまりは、評判で判断せずに取引実績がある大手か中小の車買取業者に売ったほうがリスクは小さくなるということになります。

 

ちなみに余談ではありますが、このような先入観を持って信用するというのはとても危険なことです。

 

つまりは、大手車買取業者を装えば警戒を解くことができるなんていう考え方もできるわけで、看板に対する信用は良いとしても偽業者でないということは、不審であるならば確認するに越したことはありませんので注意してみてください。

書類は一番最後に渡せば確実だが・・・

取引実績がある車買取業者以外は、書類を一番最後に引き渡したほうが良いでしょう。

 

インターネット上でも情報があったのは、車検証などを送ったら連絡が取れなくなって車買取代金の回収ができなくなってしまった!というものがありました。

 

取引にはそれぞれのパワーバランスがあります。

 

あなたが車を引き渡したり書類を引き渡したら、あなたの力が弱まるでしょう。同時に相手の力が強くなります。

 

車買取はつまるところは交渉ごとですから、このようなパワーバランスを気にしながら行う必要が有ります。

 

何度も申し上げますが、取引実績があっていわゆる大手の車買取業者は心配しなくてもよいですが、小さい会社や個人売買などでは書類を買取代金が振り込まれてから送るなどして、パワーバランスを調整してください。

未払いの車買取代金を回収するのが困難

基本的にお金が無い相手から債権を、ここでは車買取代金を回収することは難しくなります。

 

詐欺的手法を利用する相手は、、資金移動などをうまく利用することで金銭や資産を保有していないケースが多いので、一度巻き込まれるとほとんどの場合には泣き寝入りになってしまう可能性があります。

 

つまり、回収するのが難しいという認識を持つことで分かるのが、保証があるなしではなく詐欺に巻き込まれないことが特に重要です。

 

「見識あるものは危ういものに近づかない」という言葉があるように、ここで情報を確認した方は危うい取引をしないようにしてくださいね。

 

掘り出し物を見つけることは確かに嬉しいことですし楽しいことではありますが、それに伴うリスクもあり、さらには保証があっても実質的な請求が大変なんていうことも念頭に入れておく必要があります。

車を買うときはヤフーオークションでの業者に注意

こちらでは車を売るときの話ですが、それにあわせて販売のときについても注意したいことは、個人を装って業者がヤフーオークションで売っていたりする場合があります。

 

もちろん、悪い業者もいればよい業者もいるわけですが、それをひとつずつ判別するのは難しいものがあります。

 

どうしても安いから変な車や業者と取引してしまうリスクを負ってまで、車を購入したいというならばよいでしょう。

 

ただし、普通は少し安くてもリスクを取りたいと考える人も珍しく、むしろ少しお金を出して安心できる業者から買うということも考えてみるようにしましょう。

 

なお、良い業者かどうかという判断は難しいといえば難しいのですが、保証をしっかりとつける業者は当然安全できます。

 

保証には範囲と期間がありますので、特に期間を求める方は最長10年付く販売先もあるので、興味があればのぞいてみてください。

 

⇒最長10年保証が付く中古車検索サービス

大手や少なくとも中小の査定会社に売る

車オーナーは出来れば車を高く売りたいと考えますから、できるだけ高い査定額をつけた業者に車を引き渡しますが、それには相手の取引実績も考慮してください。

 

取引実績が無い業者や個人に対して車を売るときは書類は一番最後に渡すようにしないと大変なことになります。

 

ちなみに、基本的には車体があっても書類が無ければ所有権の移動が出来ませんが、業者によっては輸出やパーツ取りで車体だけ解体されて取引されてしまう可能性も否定できません。

 

そのため、書類を一番最後に渡せば必ず安心ではありませんので気をつけてください。

 

私なら取引実績がある車買取店に車を売ります。

 

あなたがリスクを多少とっても良いと考えている場合は名の通っていない業者に売るのもありですが、そうでないのなら出来るだけ取引実績があって安心できる業者に車を売ってください。

 

⇒取引実績がある車買取業者への依頼方法はこちら

 

以上、「中古車買取の詐欺は現在もあるのか」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】