車買取の詐欺

車買取の詐欺:3行まとめ

車買取業者は、自動車の古物商を持っていれば誰でもできるので業者選びで詐欺をされることを防げる

車買取の詐欺は、明らかに詐欺であるものや詐欺だと感じるものまであるが、安易な契約をしないことは最優先の対処策である

車買取の詐欺などトラブルに巻き込まれないためには、名の通った業者を利用するのが一番手軽な解決策である

 

中古車買取を依頼したときに意外に高い査定が付いたので車を引き渡したのもつかの間、いつになっても代金は振り込まれない。

 

中古車買取を依頼したときに最近では、大手業者が増えているので大丈夫ですが、一昔前は中小な業者が多く、詐欺被害も少なくありませんでした。

 

せっかく高い金額で評価されたと喜んでいても1円もお金を手にできないのであれば、まったく意味がありませんね。

 

車体ごと国内流通であれば車体を探すことができるとしても、多くの場合はパーツに分解されて輸出されてしまうことになります。

 

そうなれば、証拠も何もなくなってしまいますし、さらに証拠があってもお金が回収できないなんてことは少なくありません。

 

このように車オーナーは、車を売るときにはどこにどのように売るかということを注意しなければいけません!

 

こちらでは、車買取査定の詐欺についてどのように防いでいくべきなのかをお話していきます。

車買取の詐欺は小さい業者で発生しやすい

全ての小さい会社が悪いというわけではありませんが、やはり大きい会社のほうが安心できるのは当然です。

 

車売却の詐欺的手法に引っかからないようにするには、車を売るときはできれば知名度が通っている業者に売るほうがよいです。

 

車買取チェーン店は評判が悪かったりしますが、買取業者は車を安く買いたいと考えますし車オーナーは車を高く売りたいと考えていて、このように利益が衝突していますから、取引回数が多くなれば悪評や単純な文句も出てくるものです。

 

この文句や悪評は詐欺とはまた違うものであり、大手車買取業者はその取引責任を追跡しやすいという点で優れているのは間違えありません。

 

つまりは、評判で判断せずに取引実績がある大手か中小の車買取業者に売ったほうがリスクは小さくなるということになります。

 

ちなみに余談ではありますが、このような先入観を持って信用するというのはとても危険なことです。

 

つまりは、大手車買取業者を装えば警戒を解くことができるなんていう考え方もできるわけで、看板に対する信用は良いとしても偽業者でないということは、不審であるならば確認するに越したことはありませんので注意してみてください。

中規模以上の知名度がある業者に車を売る

JADRI:日本自動車流通研究所
JADRI:日本自動車流通研究所 出典:http://www.jadri.or.jp/

 

大きい業者が必ず良いというわけではありませんが、小さい業者は比較的危険なのが車買取業界です。

 

というのも、車買取業者は自動車の古物商があればだれでも始めることができ、また廃業しても代理の者を立てることで評判が悪くても事業を再開できます。

 

こういった業界ですので、当然詐欺などをしてお金を稼ぐという方もいます。

 

現在ではそれほど主流ではありませんが、過去にヤフオク!で業者まがいのオークション出品車が多かったころは、業者オークションや一般に売れないような車を、うまく売っていたなども確認できていますし、現在でも過去ほど多くはありませんが、詐欺的行為をする業者はいます。

 

車査定業者ロゴ

 

このようなことを解決するには、ある程度知名度があって、長く営業している業者に買取を任せるのが一番です。

 

上にあげた日本自動車柳津研究所(通称JADRI)では、知名度のある業者が加盟している団体であり、この業者に対して車を売るということが、小さな業者を避けることに役立ちます。

 

もしあなたが車を売るときに詐欺などのトラブルに巻き込まれたくない場合は、大手だけに買取依頼できるサービスを使ってみてください。

 

⇒安心の大手業者のみ査定サービスの詳細【利用無料】

 

次に車買取の詐欺手口と対処法についてみていきます。

車買取の詐欺手口と対処法

ここでは、明らかに詐欺といえるものから、不当な取引まで幅は広いですが、いずれにおいてもユーザーに不利益があるものを「車買取の詐欺」として見ていきます。

 

基本的には大手ほど業務の一部で車買取の詐欺、またはそれに近い行為をしないような構造になっているので安心できますが、お互いの利害衝突による不利益をユーザーが被ることがあります。

 

車買取による利益衝突とは

車買取による利益衝突とは、車買取業者としては車を出来る限り安く買いたいと考え、あなたとしては車を出来る限り高く売りたいと考えることで、お互いに買取金額の上下によって利益の増減がある。

一般に車買取業者は「高価買取」を宣伝文句にしているが、本音としては安く買いたいということで、車を売る場合に損をしないためには、車買取業者の思惑を知っておく必要がある。

 

そのため、詐欺ではないとしてもユーザー側では詐欺と考えることもあり、こちらではそれらの内容を組み込んでいます。

再査定による減額

再査定とは

 

再査定とは、一度受けた査定額を後日変更されることで、査定士が付けた査定額について改める必要があるのかという疑問から不当に感じる方が多いようです。

 

車に欠陥が見つかった場合の減額については、売主の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)に基づくもので、損害賠償など再査定を行うことには正当性があります。

 

売主の瑕疵担保責任とは

売主の瑕疵担保責任とは、売り主が買い主に対して、過失問わず隠された瑕疵に対して責任を負うものである。

簡単にいえば、売り主は売ったものに対して買い主に対して品質保証のような責任を有しているということで、買い主には強力な損害賠償を出来る権利がある。

なお、瑕疵とは一般的に期待する性質・性能を欠くことで、この場合においては期待していた車価値がないこと。

 

さて、法的に問題がないとするならば瑕疵担保責任に問われるのは仕方なしと考えますが、一つだけ問題があるとしたらプロの査定士が車を見たのに、なぜこのようなミスを犯すのかということです。

 

例えば、あなたが中古車を買ってそれを売った場合、過去のオーナーについてはあまり良く知らないとして、前オーナーが事故をしていた車を事故車と判定できずに査定士は査定額を付けたとします。

 

この場合にはなぜプロの査定士なのにそれができないのか?法的に正当性があるからといってその権利を一方的に主張するのは確かに乱暴であるとも言えます。

ガリバー・ビッグモーターのクレームガードサービス

再査定については大手車買取業者も多少問題として認識しているようで、実はこの再査定保険みたいなものがあります。

 

これはガリバーとビッグモーターで行っているクレームガードというもので、査定時に利用することで後に再査定の文句を言われないという画期的(?)なサービスで、費用は1万円以上からとなっていて、査定額によっては高くもあり安くもあります。

 

実はプロの査定士といえども、査定の誤謬(ごびゅう:簡単に言えば「判断を誤ること」)は2%前後発生し、その多くはそれほど大きな損害にはならないものの、時には事故車を事故車でないと判断してしまう可能性があります。

 

だからといってプロなんだからしっかり査定してほしいというのは当然ですが、人である以上は仕方ないことですし、さらにはそれほど査定の判断が難しい状況もあるということです。

 

さて、このクレームガードの良し悪しはここでは置いておきまして、使うべきかそうでないかを考えていきます。

 

当然、査定額が高くなければ使う必要がないものであり、逆に査定額が高いならば使うべきであるとします。

 

また車の属性としては中古車で買った車を売るとなれば、過去のオーナーがどのようにしていたかを知ることは出来ませんので、それなりに査定額が付く場合はクレームガードを付けるのも良いでしょう。

 

また、同じぐらいの値段である場合には、再査定をしないという業者に車を売るほうが良い場合もあります。

 

カーセブンとは|車買取・車査定・中古車販売ならカーセブン
出典:カーセブンとは|車買取・車査定・中古車販売ならカーセブン https://www.carseven.co.jp/about#anshin

 

カーセブンでは、再査定を行わないと公約がありますので、査定士が出す査定額に責任が持てないならば、ガリバーやビッグモーターには売らないというのも一つの考え方です。

高いキャンセル料を請求される

高額なキャンセル料

 

車を売る契約をした場合には、その契約を履行する義務が生じますが、一方的な契約解除には違約金、いわゆるキャンセル料が掛かります。

 

このことは残念なことに契約書に掛かれていることであり、また違約金に関しては取り決めがある以上は仕方がないと言えます。

 

とはいえ、問題は高額なキャンセル料がかかることを知らずに、うっかりと契約してしまったことにあり、さらにいえば契約を急かすようなことをした場合について問題が生じます。

 

基本的に車買取業者は車を出来る限り安く、そして確実に購入したいと考えますので、当然契約を急がせることは適法内で行いますから、これが多少強引であれば悪印象を持たれるのは仕方がないことです。

売買契約を安易にしてはいけない

高額なキャンセル料は、一般的な範囲であれば問題なく、また契約書に書いてある内容に合意したから契約をしたと考えられます。

 

未成年や制限能力者ならばまだしも、一般に責任能力が問われる人であれば、契約した内容を履行する責任が発生しますので、この対処法としては安易な車売買契約をしないことに限ります。

 

また、法外に高い違約金を請求される場合においては、これを法的な争いにすることも検討することが出来ます。

 

とはいえ、多くの場合には高いといっても10万円以内のものであり、車買取業者が得られる利益やかかった費用・損失で考えると妥当であるために、巨額すぎる不当なキャンセル料は少ないのが現状です。

 

そのため、キャンセル料の請求されることに関しては、安易な契約をしないということが最も効果のある対処法です。

査定された車を返却される

いきなり車の返却で契約解除

 

一度買取依頼して引き取られた車を返されると困るのは、新しい車が来た時の置き場です。

 

そもそも、先ほどは一方的なキャンセルは違約金がかかるということでしたが、実は相手側から正当性があるキャンセルについては、一方的に出来るように契約書が作られていることがあります。

 

こちら側で契約書を作っても当然買取業者は使ってくれませんので、基本的に相手のルールに従うというのは、取引の主導権を握ることは出来ないので、仕方がありません。

業者を選ぶことが大切

買うといった車を返却されるということはめったなことがない限り起こりません。

 

というのも、業者側が儲からないならば再査定を使って減額すれば、わざわざ車を返すこともないからです。

 

そのため、一般にしっかりと営業活動をしている車買取業者であれば車を返却されるということはほとんどないでしょう。

 

車を返却されるということについての対処法は、信用がない業者と取引をしないことです。

1週間以上経っても売却代金が振り込まれない

いつまでたっても振り込まれない

車買取での売却代金は長くても1週間、銀行が5営業日が普通であり、何か事情があったとしても2週間といったところです。

 

そのため、2週間経っても売却代金が振り込まれないのであれば、業者不存在であったり、逃亡の可能性も考える必要があります。

 

ある意味で、お金が振り込まれないというトラブルが車買取での詐欺で最も一般的と言えます。

即日現金払いの業者か営業実績がある業者を選ぶ

振込による車売却代金支払いは、車査定士の安全を守るためにも重要なことです。

 

というのも、多額の現金を持ち歩いているときには、常に現金強奪のリスクがありますので、前提として銀金を持ち歩かないとするならば、このリスクを無くすことが出来ます。

 

また運転資金の都合や、車引き取り後の検査の都合上、ある程度支払いを遅らせることに、業者側の都合があります。

 

ただし、ソッキン王のような即日現金払いをする業者もいますので、売却代金が振り込まれないリスクを無くすのであれば、こういった業者を利用するのは確実です。

 

また数日間の銀行営業日後に振込は仕方ないとしても、ある程度営業実績のある業者を選ぶことは重要なことで、小さい業者や名前の知らない業者との取引は多少危険が付きまとうということを注意しながら取引しましょう。

音信不通・倒産で持ち逃げ

音信不通で倒産していた

 

近年は業者の倒産は普通のことであり、上の写真のようにコンビニエンスストアがなくなったとおぼったら別のテナントが入っていた!ということは珍しくありません。

 

とはいえ、最初から倒産がわかっていて車を買取することや、そもそも業者が不存在であるということもあります。

 

車買取業者は自動車の古物商を持っていれば誰でも出来ることから、逆に誰がやっていても不思議ではないということで、業者自体が不存在ということについてはそれほど珍しいことではありませんよね。

 

こういった場合には、売却代金やお金は返ってくるのでしょうか?

大手業者との取引が一番安全

業者の不存在や業者の倒産を完全に見破ることは事実上不可能で、わざわざ車を売るときに会社や業者が存在しているのか登記を見るなんて方はいませんよね。

 

そのため、業者の与信を確認するということはある程度は出来ても、厳密には現実的ではないといえます。

 

このことから、中小でも名前が通っている業者を利用する、また営業実績による信用も確認するぐらいのことは出来ます。

 

それが面倒であれば、大手車買取業者の系列に依頼することが最も確実かつ安全といえるでしょう。

未払いの車買取代金を回収するのが困難

基本的にお金が無い相手から債権を、ここでは車買取代金を回収することは難しくなります。

 

詐欺的手法を利用する相手は、、資金移動などをうまく利用することで金銭や資産を保有していないケースが多いので、一度巻き込まれるとほとんどの場合には泣き寝入りになってしまう可能性があります。

 

つまり、回収するのが難しいという認識を持つことで分かるのが、保証があるなしではなく詐欺に巻き込まれないことが特に重要です。

 

「見識あるものは危ういものに近づかない」という言葉があるように、ここで情報を確認した方は危うい取引をしないようにしてくださいね。

 

掘り出し物を見つけることは確かに嬉しいことですし楽しいことではありますが、それに伴うリスクもあり、さらには保証があっても実質的な請求が大変なんていうことも念頭に入れておく必要があります。

名義変更の手続き不良など

名義変更手続きをしてくれない

車を買った側は名義変更をすることをしなければいけませんが、これをしない場合は自動車税などがあなたに課税されます。

 

というのも、4月1日現在の車所有者、または車使用者に対して、税金を払う義務が生じるのが自動車税であり、車は無くても登録はあなたのままであれば、こういったことは起こりますし、現実的に個人売買においてはよく起こっています。

 

ただし、業者に売った場合にはしっかりとやってくれるものだろうと普通は考えますから、油断していたら5月ぐらいに自動車税の納税用紙が郵送できた!なんてことになりかねません。

大手車買取業者は報告をしてくれる

基本的に車買取業者は中小も含めてこのような手続きのミスをすることはありません。

 

また、大手車買取業者は業務の一部として組み込まれていますので、名義変更手続きができていないということはないでしょう。

 

そして大手車買取業者の中には、名義変更をした場合にはがきで旧所有者へ通知するとしている業者もあります。

 

ここからも業務の一部として名義変更が確実に行われることが確認できると思います。

 

そのため、名義変更手続きについては業者に車買取を任せる場合にはそれほど心配することがなく、大手車買取業者であれば事後の報告もしっかりしてくれる場合があると覚えておきましょう。

 

名義変更でのトラブルは主に個人間の車売買において起こります。

車を買うときはヤフーオークションでの業者に注意

こちらでは車を売るときの話ですが、それにあわせて販売のときについても注意したいことは、個人を装って業者がヤフーオークションで売っていたりする場合があります。

 

もちろん、悪い業者もいればよい業者もいるわけですが、それをひとつずつ判別するのは難しいものがあります。

 

どうしても安いから変な車や業者と取引してしまうリスクを負ってまで、車を購入したいというならばよいでしょう。

 

ただし、普通は少し安くてもリスクを取りたいと考える人も珍しく、むしろ少しお金を出して安心できる業者から買うということも考えてみるようにしましょう。

 

なお、良い業者かどうかという判断は難しいといえば難しいのですが、保証をしっかりとつける業者は当然安全できます。

 

保証には範囲と期間がありますので、特に期間を求める方は最長10年付く販売先もあるので、興味があればのぞいてみてください。

 

⇒最長10年保証が付く中古車検索サービス

車買取の詐欺:まとめ

車オーナーは出来れば車を高く売りたいと考えますから、できるだけ高い査定額をつけた業者に車を引き渡しますが、それには相手の取引実績も考慮してください。

 

取引実績が無い業者や個人に対して車を売るときは書類は一番最後に渡すようにしないと大変なことになります。

 

ちなみに、基本的には車体があっても書類が無ければ所有権の移動が出来ませんが、業者によっては輸出やパーツ取りで車体だけ解体されて取引されてしまう可能性も否定できません。

 

そのため、書類を一番最後に渡せば必ず安心ではありませんので気をつけてください。

 

私なら取引実績がある車買取店に車を売ります。

 

あなたがリスクを多少とっても良いと考えている場合は名の通っていない業者に売るのもありですが、そうでないのなら出来るだけ取引実績があって安心できる業者に車を売ってください。

 

⇒取引実績がある車買取業者への依頼方法はこちら

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者