Q:車を売るときにタイヤはスペアタイヤを装着していたらまずいですか?

 

先日、車を売ると決めてから査定を申込み、所用で車を利用していたらタイヤがパンクしてしまいました。

 

そのため、現在はスペアタイヤをつけている状態ですが、やはりタイヤは交換してから査定に出すべきでしょうか?

 

よろしくお願いします。

交換するとかえって損をする可能性が高い

A:タイヤは交換せずにスペアタイヤのまま査定に出しても大丈夫です。

 

もちろん、タイヤ分の査定減額はあるでしょうが、そのまま査定に出したほうが金銭的にお得で、逆に交換してしまうと全体的に考えたときに損してしまう可能性が大きくなります。

 

このことから、スペアタイヤのまま査定を受けたほうが良いということになります。

なぜ交換すると損をしてしまうのか?

車買取業者は、自社内に整備工場をもっていたり、特定車種のパーツを保有していたりします。

 

また業者の横つながりで、一般の価格よりも安く修理依頼できるような関係も持っているでしょう。

 

そのため、あなたが交換に使う支出よりも安く修理することが出来るわけです。

 

このような状態から、あなたがタイヤを交換して出したほうが査定額は高くなるでしょうけれども、修理に支出した費用を査定額上昇で回収するのが難しいのです。

 

このような理由であなたがタイヤを交換しても損をしてしまうというわけです。

どうしてもという方は中古タイヤをオークションで買う

ほとんど気持ちの問題になってしまいますが、どうしても欠陥のある車を査定してもらうのは気に障るという方は、中古タイヤをインターネットオークションで仕入れるという方法が有効でしょう。

 

特にスポーツカーなどのタイヤは、表面だけ使ってすぐに売ってしまう人が多いので、そういったタイヤは元値から考えると大変安価で仕入れることが出来ます。

 

ただし、ほとんどの場合に、得をするということには貢献しませんので、やはり確実性を取るとスペアタイヤのまま査定に出したほうがよいです。

 

タイヤは1つの交換でなく4本交換となりますので、高くなってしまいますからね。

ほとんどの場合には交換せず査定に出したほうがお得

以上より、タイヤがパンクしてスペアタイヤを装着している状態であっても、交換せずに査定に出したほうがよいです。

 

なお、当然ですがパンクしたタイヤとホイールも一緒に引き渡してあげてください。

 

タイヤは要らない!といわれるかもしれませんが、ホイールは絶対に必要ですから^^;

 

他にも付いていたパーツはあなたが使っていなくても業者に引き渡すようにしましょう。

 

最後にまとめると、タイヤがパンクしてスペアタイヤ装着は確かに査定減額に影響がありますが、直す支出を査定額で回収するのは困難なのでそのまま出したほうが全体としてお得ということになります。

 

以上、「スペアタイヤを装着した車を売っても大丈夫?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。