よくある質問シリーズで、車買取を依頼したときに見積書が出ないということについての質面でした。

 

確かに車を売る時や買うときには見積書は契約時まで出てきません。

 

これに理由は存在するのでしょうか?

 

まずは、質問本文をご覧ください。

 

 

Q:先日車の買取依頼をしたのですがどこの業者も査定見積を出してくれませんでした。

 

車買取業界はこういうものなのでしょうか?

 

よくIT関連の業界も言い方が悪いですが割りとラフで、見積書なども出さないなんていうことは聞いています。

 

車買取業界も割りとこういったことについて緩いのでしょうか?

 

よろしければ何で車買取を依頼すると見積書がもらえないのか教えてください。

 

 

IT関連の業界とは違うものの、車買取業者が見積書として記録を残していかない理由については明確な理由があります。

 

実は私もなぜ見積書、さらには契約書のひな型を見せてくれないのか不思議に思ったことがありました。

 

そのため、この疑問については詳細にお話できると思いますよ。

見積書を出さないのは他業者に比較されないため

A:「車を高く買いますなんて嘘じゃないか!」なんて思わないでください。

 

車買取業者は大きく儲けるためにはあなたからできる限り安く車を買う必要があるのです。

 

確かに宣伝の「車を高く買う!」というキャッチフレーズとは少し違うかもしれませんが、なにも絶対に安く買うわけではありません。

 

車買取業者は安く買える相手や状況だったらそうするだけです。

 

これについては、あなたもよく考えてもみてください。

 

安く売ってくれる相手からわざわざ車を高く買いますか?

 

車を売る側としてはできるだけ高く買ってほしいというのは当然ですが、車買取業者も車を転売して儲けるので、仕入れを安くすればするほど利益が増えるので、できる限り安く買いたいですよね。

見積書を出してしまった場合の業者不利益

見積書を出さないのは他の車買取業者よりも少し、本当にほんの少し高く買うためで、後から来た業者に見積額を見せたら、次の業者はそれより少し高い金額を提示します。

 

このように、見積書を出してしまったら後から来た業者が有利ですよね。

 

もしかすると、どうせ後からきた業者と比較されて安く買えないならそもそもあなたを相手にしたくないだけなのかもしれませんが^^;

 

とはいえ、これは車買取業者の営業マンも有限で、業者として安く買うことを使命にしているなら仕方がないことです。

 

あなたとしても結局高く買うことがない業者を相手にしないことで時間と手間を節約できますからお互いのためと思って軽い気持ちでいましょう。

 

見積書が出ないことにはとても疑問に思う点も多いですが、その現実を受け入れて望んだ結果を得られるようにするということが大切ですね!

 

さて、見積書については業者の利益を守れるように出さないということですが、見積書の次に買取契約書を結びます。

 

実はあなたが気をつけなければいけないのはこちらの買取契約書であり、見積書とは逆で業者としてはこちらはすぐに出してくれます^^;

買取契約書には要注意!

契約書も事前に見せてくれない場合が多いことも気になると、冒頭で申し上げましたが実は買取契約書には様々な規約が盛り込まれていることをご存知ですか?

 

これについては、まず訪問型の車買取にはクーリングオフが適用されません。

 

クーリングオフとは一定期間なら、無条件で契約を解除できるものです。

 

日本において、日常生活で契約の違約金などを請求されるケースはほとんどありませんね。

 

それは消費者優位に守られていることが多いからで、または実質的に違約金を請求することが割に合わないことが多いからです。

 

しかしながら、車買取契約の場合にはしっかりと違約金を取られる場合も多いのです。

 

どうしても売るのをやめたいとしたら、高額なキャンセル料を払わないといけませんし、キャンセル料を払わないにしても解約出来ない場合があります。

 

この売買契約の解除について、規約が盛り込まれている場合があり、契約者にとって厳しい内容となっている場合が多いのです。

 

普段から契約ごとをしているビジネスマンならまだしも、普通に生活している消費者には、消費者優位な状況が当たり前ですから、このことを突きつけられると驚かれますが契約というのはそういうものです。

 

一度契約によって取り決めたことは、基本的には履行しなければいけません。

 

そのため、普段生活となじみがない「契約」というものについては慎重に行ってください。

 

携帯電話の契約と異なり、契約書は面倒でも絶対に読んで確認するべきでしょう。(最近は携帯電話・スマホ契約も解約月規定などえげつない規定を盛り込んでいる)

 

もちろん、車買取以外においても契約の場面では普段よりも注意して欲しいと思います。

見積書を出さないことを逆に利用する

ここまで見てきたように車買取業者は見積書を基本的には出しません。

 

もちろん、出しても良いのですが、出したところで買取金額は比較されますし、相場も日々変わっているので、出しても意味がないという業者側の実質的な理由もあります。

 

ただ、見積書を出さないということは、数社間で比較競争させて車を高く買わせることに適しています。

 

当たり前ですが、車を出来る限り高く売りたいと考えるのは当たり前のことで、固定的に見積もりを出されてもあまり意味がないのです。

 

最近は、車買取業者も業者間比較されることは当たり前と考えており、我さきにと一番手に行って引く手あまたに見せかけて契約するか、最後にいって利益が取れそうならば契約するかというところで動くことが多いようです。

 

そのどちらも使えないとなると、手間がかかるので特に安く買いたい業者は手を出さないなんていう状況もあるようです。

 

いずれにおいても、車を高く売るためには業者間比較をすることと、短い期間で何度も価格交渉をするというのが一番適しています。

 

この点について、見積書は発行されなくても特に問題はなく、最終段階で高く売ることが出来るように動くと良いでしょう。

 

ただし、途中で申し上げたように、契約書のキャンセル規定や、瑕疵担保責任などについては確認してから契約するようにしてくださいね。

 

⇒瑕疵担保責任の詳細についてはこちら

 

車を売るとなると普段とは違うことをしなければいけませんから、戸惑うことも多いでしょうけれども目的や目標をもって行うべきです。

 

車を高く売りたいというならば見積書が出ないことは逆に都合が良かったり、またいかに良い買取金額を提示しているといってもそれを信じて契約したら実はそれほど高くないなんてこともあります。

 

日常では業者と交渉するということがほとんど無くなった現代ですが、車の場合にはしっかりと交渉しなければ利益が取られるということ再確認できればと思います。

 

以上、「なぜ車買取で見積書がもらえないのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

関連記事

車査定のトリセツ

車の査定を受けるとなぜか思ったより低い金額が出ますよね?

実は車価値に関係なく最初に出る査定は低いのです!

 

⇒なぜ車の査定額が低く出されるのか見る

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。