新車を買うとメーカー保証などが付いてきます。

 

新車購入から数年間は特定の機能やパーツについて保証があるというものです。

 

これは車に限ったことではなく電化製品などの機械はいつ壊れるかわかりませんから、保証が付いている場合が多いですね。

 

新車保証というぐらいですから、新車から買わないと保証されないのか?と思いきや、実は中古車を買っても正しい手順を踏めば、この保証をつけることが可能です。

 

こちらでは、中古車を購入したときに行う「保証継承」について、どのように行うのかを説明していきたいと思います。

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

中古車でも3年~5年の保証を受けられるが準備が必要

中古車で買ったとしてもメーカー保証を受けることはできますが、「保証継承」という手続きが必要です。

 

保証継承とは名前の通り、保証を引き継ぐことを指します。

 

車はメーカーが作ったものなら保証書が有り、保証期限内ならば保証を受けることが出来るのです。

 

保証は「一般保証」と「特定保証」に分かれます。

 

一般保証とはオイルや消耗品類などを除いたものについて3年間保証、もしくは6万kmの走行距離までとしている場合が多いです。

 

特定保証とはエンジンであったり動力を伝達する部品などの車根本機能に関わる機械部品について5年間保証、もしくは10万kmの走行距離までとしている場合が多いです。

 

また車のさびなどについても保証しているケースがあり、こちらは1年~5年・走行距離制限は無い場合が多いです。

 

オーディオなどの電気部品については1年間保証、もしくは2万kmの走行距離までとされている場合が多いです。

 

このように項目別に保証期間等が変わってきますが、中古車においても保証を受けることが出来ます。

 

ディーラーで新車を買わないと保証が受けられないような印象ですが、実のところ違うのですね。

 

ただし、この保証継承が意外に曲者なので注意しなければいけません。

保証継承の手続きは結構めんどくさい

先に言っておきますと包み隠さず書きますので、メーカーの方からすると余り良く思わないものでしょうけど、新古車や中古車を買うユーザーに分かり易く書くためなのでご理解ください。

 

新車保証をメーカー側の立場で考えると、車の販売促進のためにつけている制度です。

 

ここが重要なのですが、なにもあなたに気持ちよく車に乗って欲しいからというわけではありません。

 

実際に働いている人からすればそういった考えが出てくるでしょうけど、本当の目的は車をもっと売って儲けたい、これが保証制度の最終的な目的です。

 

保証継承については正規ディーラーで買ったわけではない車をディーラーで保証の引継ぎをします。

 

そのため、表向きには出さない(場合によって露骨に嫌な顔をする販売所や販売員も普通にいる)ですが、内心はそれほど乗り気ではありません。

 

そんな販売促進のために設けた制度を簡単に行わせてくれるはずはありません。

 

勘の良い方なら感づいているでしょう。

 

手続きが面倒だったり、費用が掛かるわけです。

 

保証継承の手続きの中身

まず保証書があることが大切です。

 

電化製品でも保証書が無ければ基本的には保証外ですよね?

 

中古車を買うときに、新車保証を利用しようと考えているときは特に、保証書があるかどうか注意深く確認してください。

 

車に詳しくないから分からないという方は、新車保証期間中の車なら販売員に保証継承が出来るのかどうか必ず確認してください。

 

次に保証継承は、継承した時点から効力を発揮しますので保証継承できる状態だけでは保証してくれません。

 

そのため、保証継承できる車はさっさと保証継承する必要があります。

 

さらに保証継承をするメーカー系ディーラーで法定12ヶ月点検を依頼して車を確認後に、代理店印を押してもらう必要があります。

 

法定12ヶ月点検は「1万5千円~」の費用で時間は「半日ほど」かかります。

 

このように面倒な手続きが必要なので、保証継承をしない人が多いのですが先ほど申し上げたようにただ継承できるだけではダメなのです。

 

問題は保証期間中に故障などが発生したという事実が必要なので保証継承を行わないと新車保証を利用することが出来ません。

保証継承に関するトラブル

先ほども説明したように、保証継承をしないでほったらかしにしたときに故障したら新車保証は使うことが出来ません。

 

新車保証とは時点のものではなく、期間について適用しているものだからです。

 

そのため、せっかく新車保証を保証継承で引き継げるにもかかわらず、実際には手間がかかるので後回しにしてあとで多額の修理費がかかるときに困る!なんてことは日常的に起こっています。

 

せっかく保証継承できるのに、行っていなかったことで損をするという、いわば保険のような状態になるわけです。

 

もちろん、保証継承については手間もお金もかかりますし、おまけに中古で買って保証継承するというのは良い顔もされません。

 

ですが、故障などについてはいつ起こるかわかりませんし、だからこそ保証を設定しているわけで、その制度を利用できるときに使わないのは大変もったいないことです。

 

特に慎重でない人ほど、保証継承をしておくとよいケースも多く、手間とお金がかかっても可能ならば行うべきであると考えます。

保証期間がある中古車を買ったら保証継承する

新車保証が適用できる中古車を買ったときには、必ず保証書があるかどうか、そして良く分からない方は販売員に保証継承が出来るかどうか確認してください。

 

基本的に新しい中古車で新車登録から3年以内・5年以内などなら保証継承が可能なケースがあります。

 

次に、せっかく保証継承できるとしても、手続きを行わないと保証が適用されませんのですぐに保証継承手続きを開始してください。

 

ここで少しばかりかお金が掛かります。

 

車を買うときには整備点検したのになんで?なんて思いますが、先ほど書いたようにディーラーとしては喜ばしいものではありませんから、金を取るぐらいで考えてください(実際は保証内容を確定させるためにも必要な手続き)。

 

面倒とお金と時間をかけて得られた、新車保証ですが何も無ければ逆に問題ありません。

 

金が掛かったし面倒だったと思うかもしれませんが^^;

 

でも、高額な修理費用がかかるミッション系やエンジン系の故障の場合に、保証継承していれば無料で修理依頼できたにも関わらず、全額実費になってしまったとあればせっかく買った車も車を手放すことになりかねません。

 

人は予防することに対して、消極的ですからかなり意識しないと出来ないものではありますが、新車保証期間がある中古車を買ったら必ず保証継承をしておく、これを覚えておいてください。

 

なお、保証継承が出来るということはナンバーをつけてしまっただけのほとんど新車の中古車「新古車」もお得に保有できますので、新古車について気になる方はこちらを確認してください。

 

⇒ほとんど使われていないナンバーを取っただけの中古車について

 

ちなみに、保証期間が残り少ない場合には、それも考慮に入れて保証継承をするかどうか考えるのも良いでしょうが、特定保証の期間が2年間残っているならば、3年目の車検を依頼するついでに行うのは有りかなと考えていますがいかがでしょうか。

 

 

なお、中古車に保証をつけて欲しいという方はできる限り新しい車を購入するべきです。

 

新しい中古車を探す場合には自分で探すのもよいですが、手間もかかりますし良い中古車が探せるかは運次第なところがあります。

 

そのため、買って欲しいと相手からあなたの条件に合う車を提示してもらうほうが楽で確実なので、興味がある方はそのサービスを確認してみてください。

 

↓新しい中古車「新古車」を探すときの申し込み例↓

なびくる+新古車探し方法

 

⇒あなたの条件に合う車を探してくれるサービス詳細【無料】

 

以上、「中古車を買って新車保証を継承させることはできるか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス