中古車雑誌では、50万円する車がなんと20万円!なんて安いんだ!

 

と、朝刊のチラシをみて興奮気味に販売店にいったときに出された見積が50万円。

 

あれ、チラシでは20万円だったのでは?と販売店へ質問したら、

 

「こちらは乗り出し価格で50万円です」といわれて、まあそういうものだよなと納得

 

「実際に50万円する車でも乗り出し価格はさらに高くなるだろう。」

 

そんな気持ちではあったものの、内訳が気になったので詳細に見せてもらうことになりました。

 

ここで驚いたのがなにかと見る販売店手数料。

 

最初はほとんどの項目についているから、消費税かなにかのことかと思ったら純粋に販売店が取得する手数料とのこと。

 

正直、意味不明なのですがこんなに手数料がかかるものなのでしょうか?

販売店手数料は統一が禁止されている費用

実は販売店手数料は独占禁止法によって金額を統一することが禁止されています。

 

ある意味で、これを根拠に人件費や手間賃などを負担させているというところが現状でしょう。

 

もちろん、人手がかかるものに関しては仕方ありませんが、この販売店手数料がかかる項目を自分で行うからと申し出をしても断れるケースが多いことはご存知でしょうか?

 

つまり、こういうことです。

 

安めの広告で客引きをして、販売店手数料などで利益を立てる、こういう業者は少なくないのです。

 

そのため、販売店手数料は販売店の利益の源泉になりえますので、様々な項目に対して設定されているのでしょう。

主な販売店手数料の項目

ここにあげるのは一例で、販売店独自に設定しているものも多くあります。

 

大方の業者が設定している項目はこのようになっています。

 

  • 登録代行費用
  • 納車費用
  • 車庫証明代行費用
  • 整備費用

 

おそらく、あなたが取得した見積にもこれら要素は入っているはずです。

 

これら項目をさらに細分化したようなものも見ることが出来ます。

 

例えばクリーニング費用などは、中古車の場合に確認することが出来るでしょう。

 

なかにはもっとユニークなものや「これ、ふざけんな!」という項目もあるかもしれませんが、販売店で独自に設定できますので、法的には問題ないケースがほとんどです。

 

では、見積に納得いかないときにはどうすれば良いのでしょうか?

唯一の答え:その中古車は販売店にこだわらない

「くそ!おとり広告なんて使いやがって!」なんて怒る気持ちを抑えてください。

 

どうにかして利益をあげなければいけない車屋の立場も分かって欲しいなんてことは言いません。

 

ただ、納得いかないのなら買う必要は無いということです。

 

事実としてその車は大変お買い得に見えたのかもしれませんが、結局お金はなんだかんだで掛かるものです。

 

販売店にどうにかしろ!と請求したところで、どうにもならないしなったとしても対応してくれないことがほとんどでしょう。

 

見てきたように、車関連業界というのは完全に白黒付けられる管理された市場ではなく、むしろグレーに近いあいまいなところで料金を徴収するようなケースも多いのが現状です。

 

実際に、車自体は安いわけですから損というわけではありません。

 

しかし、納得できないならその車や販売店にこだわることなく別のところに当たるほうが時間も精神衛生上もよろしいでしょう。

 

同じ車が見つかる可能性などはほとんどないでしょうけど、希少車でなければ似たような車を見つけることは容易でしょう。

 

販売店手数料をいたるところで徴収しようとする業者なら、何を言っても無駄という場合が少なくありませんから、あまりこだわらずに色々な店舗を回ってみてください。

 

条件があって、納得したときに車を買えば良いでしょう。

 

業者にもうすぐ売れてしまうかもしれないなんて急かされるでしょうけども、売れたら別を探すぐらいが中古車選びにはちょうど良いのではないでしょうか。

 

以上、「車を買うときの疑問【販売店手数料はなぜ高いのか?】」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<