中古車買うならどこ?

このページの要約

  • 中古車を買うならば保有期間で購入先を決める
  • 価格と質の両方をとりたいならば固定費が少ない分だけ有利なネットがおすすめ
  • 中古車を買うときの不正などを含む注意点

 

中古車を買うならどこの店を選ぶことで、よい車を購入できるのでしょうか?

 

誰でもそうだと思いますが、良い車をできる限り安く買うことができるならば、とても良い買い物をしたことになりますね。

 

でもこのようなことは車流通のプロでも難しいことで、実際問題としてなかなかうまくいかない現状があります。

 

こちらでは、中古車購入時における安く買う方法について確認するとともに、どのようにしたら一番良い中古車購入になるのかをみていきたいと思います。

あの業者が中古車保証を付けたがらない理由
中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?
実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。
良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。
最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

ディーラーと中古車販売店:おすすめはどっち?

中古車を買う場合には価格と保証品質で比べることが多く、一般にディーラーと中古車販売店では次のような比較ができます。

※ここでいうディーラーとはメーカー系の中古車販売店のこと

 

保証 価格
ディーラー 手厚い 高い
中古車販売店 普通 普通~高い

 

ディーラーは保証が手厚い分だけ価格が高く、中古車販売店では保証は店舗や車によって違いますが、価格もそれに応じて変化します。

 

メーカーの看板を掲げているだけたって、適当な保証をした場合におけるブランド価値の損失があるというだけあって、保証できるような良い車が多いというのは、ユーザーが期待する印象以上にディーラー側もプレッシャーを感じているはずです。

 

反面、ディーラーでは保証が手厚い中古車を期待するのですが、それでは高すぎるということで、それ以外の中古車販売店で中古車を買う方もいるはずです。

 

ここでポイントになってくるのは保証ということで、またその期間を、車保有の目的や年月で考えることが重要です。

 

車を長く乗るならば当然保証が長いほうが良いですし、お金を払ってでも故障などのリスクを下げたいというなら、ディーラーで車を買ったほうが良いです。

 

反面、車はどうせ壊れるものだからお金を必要以上にかけたくないという方や、予算が厳しく少しでも車体価格を安くする必要がある場合には、中古車販売店で保証と価格のバランスをとる必要があります。

ディーラーか中古車販売店かの選び方

ここで中古車を買うときに「保証」を重視するのか、それとも「価格」を重視するかは、先ほどもいったように保有期間と目的を考えるのが一番です。

 

車は機械部品ですからいつか使っていれば壊れますが、当然質が良いほうが壊れる可能性は低く、また長く使えますので、保有期間を5年以上見ているならば、ディーラーで買うことがおすすめであり、その場合には古くても3年落ちぐらいの中古車を買うべきです。

 

反面、つなぎとして中古車を買うなど、保有期間を3年ほどで考えているならば、中古車販売店で予算に合う車を探すというのが一番ということになります。

 

車を買うときから、売ったり廃車したりを考えるのはあまり望ましくないことかもしれませんし、実際にはそれほど現実味がある話ではないかもしれません。

 

しかしながら、車はいつか処分することになりますので、その着地地点は考えておく必要があります。

 

したがって、中古車をディーラーで買うか中古車販売店で買うかは「保有期間が3年かそれ以上か」で考えるのが一つの目安になりますので、参考にしてください。

 

ここまでは中古車をディーラーで買うか、それとも中古車販売店で買うかというものでしたが、次はもっと具体的にどこで買うのかをみていきたいと思います。

中古車を買うならどこがいい:判断基準

まず大前提として、良い中古車を安く買うことはとても難しいということです。

 

実は中古車業界というのは中心に業者間のオークションがあり、そこで形成される相場によって中古車の価格なども決まっています。

 

もちろん、中古車販売店などで価格を決めるときもこれを基準にしています。

 

この業者オークションの価格はほとんど毎日、日本全国で行われていて最適化が進んでいますから、かなり運がよくなければ良い車を安く買うなんてことは難しいというわけです。

 

むしろ、悪い車を高く買う可能性のほうが高いわけで、これを防ぐことが中古車選びでは最大のポイントとなるのではないでしょうか。

中古車を買うならネットが良い

中古車を買うときには、予算に対して適切な車を選ぶということが大切です。

 

このときに知りたいのは車の中心的な相場ですが、業者オークションの中にいるぐらいでなければ手に取るようには分かりません。

 

とはいえ、手引き程度には分かる場合があります。

 

それは、中古車雑誌などで複数の車種を確認することであり、またはインターネットなどで同条件の車を何台か見てみることでしょう。

 

当然ですが、古くて消耗していたり事故車であれば価格は下がりますが、これらの問題がなければ価格は上がります。

 

そして、あなたの予算がこの車を購入するのにふさわしい金額なのかを考える必要があるわけです。

良い中古車を探せるかは比較できる情報量が大切

ここで重要になってくるのは、比較できる情報量にあります。

 

情報量が少ない場合には、一番よいと思って考えていた車より後になってもっと良い車が出てきたら損をしたと考えてしまいます。

 

こういったことは日常生活でもよくあることできっとあなたも今までに体験してきたはずです。

 

これを解決するためには多くの情報を集めて比較することが一番良いのですが、一般の人には限界があります。

 

このことは世の中に出回っている情報が、中古車情報の3割しかないということです。

 

つまり、あなたが調べられる情報はネット、カーセンサー、グーなどを含めてみても全体の3割なのです!

 

これは意外に知られていないことですが、中古車流通の7割は一般の人が見ることが出来ないのです。

 

ただし、全てを見ることは業界人しか出来ませんが、その一部を見ることは出来ます。

 

私も検索サービスを使って展示車などの状態が良い中古車「新古車」を探しました。

 

↓実際に新古車を探したときの申し込み↓

なびくる+申し込み例

 

もしあなたが一般に公開されていない情報まで含めて中古車情報を見たい場合には、検索サービスを使ってみることをオススメします。

 

⇒非公開車両も含めた中古車比較がしたい場合はこちら

 

ネットの中古車販売店がおすすめの理由

ここまで見てきたように、中古車を買う場合に品質や保証をとれば車体価格が高くなり、逆に予算を低く抑えれば品質や保証は低くなります。

 

これらは中古車市場の価格が質に対してかなり安定していることが理由で、つまりは質が良いけれども価格が安いというような中古車はほとんど存在しないことになります。

 

ただし、中古車販売店自体の費用が少ない場合や広告に使うお金を少なくできた場合はどうでしょうか?

 

当然、中古車販売に際しては、中古車に対して利益を乗せて販売しますが、この利益は費用が大きいほど多くとる必要があります。

 

反面、ネットでは広大な敷地を用意して人を常駐させる店舗もありませんから、この費用をカットすることが出来ます。

 

そのため、中古車をある程度安くすることや、逆に保証を手厚くすることが可能なのです。

 

もし、あなたが予算以上に良い車が欲しいとすれば、ネットで車を探すことがおすすめというわけです。

 

車探しは無料で出来ますので、気になる方は詳細を確認してください。

 

⇒予算以上に良い車をネットで探す【無料】

 

予算と保証が一番良いのは、店舗を構えたりする必要がないネットで探すのが今は一番良いということでした。

 

次に予算違いによって「低い予算で買うとき」と「高い予算で買うとき」の注意点はそれぞれ違いますので、それらをみていきます。

低い予算で中古車を買うときの注意点

購入しようとしている車の予算が相場に足りないときには、多少程度の悪い車を購入するという覚悟が必要です。

 

前にいったように中古車市場の相場は正直ですから、相場より安ければ当然に何かしら問題がある可能性があります。

 

むしろ、相場より安いことがその問題を示唆しているというぐらい分かりやすいといえるでしょう。

 

もちろん、全部が全部とは言いませんがわざわざ危ない橋を渡る必要はないですし、逆に渡るならばそれ相応の覚悟をしておくべきでしょう。

高い予算で中古車を買うときの注意点

相場よりも高い金額で車を購入すれば、無駄に高い金額を出さないように気をつければ、平均よりも程度が良い車である可能性があります。

 

これも中古車市場の相場は正直であるということを考えれば、これ以上の説明は不要でしょう。

 

とはいえ、品質というのは何かといえば、走行距離が進んでいないことや事故車でないこと以外は、なかなか難しかったりします。

 

ただし、決定的に分かりすい基準があり、それは保証です。

中古車を買うとき:保証の見方

保証をつけるということは、中古車の品質に一定の保険が付くと考えてもよいでしょう。

 

つまりは、何かあれば保証によって保全されるわけですから、良い品質というのは一定部分で保たれることになります。

 

ただし、当然ですが車体価格は高くなる傾向にあり、車体の状態がよいからこそ保証が出せるということになります。

 

状態が悪い車に保証をつけても壊れる可能性が高いので、業者としてもあまり意味がありませんからね。

 

品質が高い車であって故障する可能性が低いからこそ付けられるということを考えると、やはり相場よりも高い車は品質が高いだろうという推測は付きますね。

中古車保証は範囲と期間をセットで見る

中古車を買うときの保証について気をつけないといけないのは、その範囲と期間です。

 

例えば良くあるのは、車の基礎的な部分については長めに保証する一方で、消耗品などの保証については保証期間が短いかもしくは保証がないというものです。

 

これは新車のメーカー保証も同様で、当然新車ほどの保証が付けにくい中古車としては、それよりも劣るかお金を張れば同等ぐらいの保証を付けられるでしょう。

 

ただし、ここで考えてもらいたいのが何でも保証を受ければよいのかということです。

 

例えば壊れたとしても消耗部品を交換すれば修理完了するようなものに保証を付けるのは、逆に保証に使うお金が多くなる可能性があります。

 

またエンジンやブレーキなど、車の基礎機能である「走る・曲がる・止まる」は、車としての根本機能であり、例えば中古車を購入して数日後に壊れたとなれば、当然損害賠償を請求することが可能です。

 

そのような部分に対して多大な保証を付けることは、無駄に払いすぎる保険料と同じですよね。

 

冒頭でいったように、中古車を買うときはいつまで乗るのかをよく考えたうえで、長く乗るならば保証は手厚く、保有期間が短いならば無駄に保証を払いすぎることはありません。

 

以上より、なんでも保証されるのが良いということはなく、保証が大きい分だけ当然車体価格が高くなりますから、車保有の期間や目的にあわせて妥協するということが必要です。

中古車を買うときに気を付けること

今も昔も中古車の不正は相変わらず行われています。

 

結局、業者がいかにして車の価値をあげるか、もしくは多くお金を取るかというところです。

 

中古車不正の多くはこの2要素が関わってくるために、これ以外のところではそれほど気にしなくても良いのかもしれません。

 

もちろん、車がいきなり壊れてしまうなんていうは論外ですが、中古車の場合には致し方ないところがあると思います。

 

その分は保証でカバーするとして、それ以外の点で中古車販売店などが意図的に行う不正などを見ていきます。

メーター不正は防ぐ・見破るのが難しい

車は走行距離で価値が変わってきますので、メーターの調整をすることで価値をあげることが出来るわけです。

 

方法としてはある方法でメーターを物理的に戻す方法がありますが、これを行うとメーターがすすんだときに違和感が発生してしまいます。

 

デジタルメーターの場合にはその限りではないでしょうけど、簡単にロックを外すことが出来るのでしょうか。

 

またメーター自体を交換してしまうともう走行距離が分からなくなりますね。

走行距離不明車は出来れば避ける

故意であるかどうかに関わらず、走行距離が不明というのはかなり危険な中古車で、特に長く乗る予定の中古車ならば買うことは避けるべきです。

 

中古車の走行距離調整はよく行われていることですが、その臭いを感じ取ったら他の中古車を選ぶほうが無難です。

 

同じ条件の中古車なんてあるものじゃないですが、選択肢としてはたくさんありますからね。

 

他の店や中古車を探しに行きましょう。

修復歴の隠蔽:素人には基本的に判断できない

中古車を買うときに修復歴がある車を見破るのは素人には難しいです。

 

試乗などで走行してみて違和感などで分かれば良いのですが、そう簡単には判別が難しいでしょう。

 

唯一、警戒するということが出来るとしたら、修復歴がある車は当然安く取引されているので、同条件の車よりも安い車体価格で目を引く車となることが多いです。

 

ただし、中古車の価格はその車の品質をそれなりに反映しているものなので、質が良い車を安く売るということはあり得ません。

 

つまり、他の中古車と比べて安すぎるお宝中古車の場合には、当然注意しなければいけないということになります。

事故歴と修復歴の違い

事故歴と修復歴は異なります。

 

事故歴は事故があったことの履歴であり、修復歴は車骨組み部分に損傷を受けた履歴となります。

 

修復歴がある車は事故車であって、逆に事故車であっても修復歴が無い車もあります。

 

車の骨組み部分は直すことができませんから、一度損傷すると車の価値は著しく落ちてしまいます。

実際に合った修復歴車の不具合

私の親戚は、修復暦のある安い日産セレナを買いましたが、扉が外から開かない・室内ライトがつけられなくなったなどの不具合が生じています。

 

もちろん、走ることに関しては問題ないのでこれでよいといっておりますが、気になる人にとっては大変困ることですね。

 

素人が完全に見破るのは難しいですが、ドア周りがずれていたりすると修復暦があるケースがほとんどですから、しまりが悪い状態であったり、先ほどの例のようにドアが開かないのに修復暦無しということは珍しいことです。

 

メーター戻し同様に雰囲気として悪い状態を感じたら、他の車・販売店を探すほうが無難です。

激安車に注意!乗り出し価格で調整される可能性あり

車を安く買いたいという方にとって、地域密着店が配るチラシにはとても魅力的な値段の中古車が出ていることがありますね。

 

いざ、車の見積をお願いしようとするとなぜか30万円も上乗せ・・・なんでだよ!という経験はありませんか?

 

この支払い総額のことを「乗り出し価格」という人がいますが、この乗り出し価格が曲者で、安く買おうと思った車が意外に高く付いたということになります。

 

乗り出し価格に関しては、地域の車屋が利益を上げる良い方法なのかもしれません。

 

主にこの代金は車検代行費用であり、良く見る「車検2年付き」というのはこれから車検をとるという意味なのですね。(ちなみに車検がある車は「車検残」と表記される)

広告掲載の価格では基本的に売ってくれない

昔、私が車を買うときに車検代行費用ということが分かったので、ユーザー車検で勝手に取るからプライスボードの価格で売ってくれと頼んだら絶対ダメだ!といわれました。

 

私のほかにも同様のことをした人がいましたが、うまくいったという話はありませんね。

 

私の嫌いな「乗り出し価格」は20万~25万円が妥当な相場のようです。

 

車検の代行費用はディーラーで20万円ほどですから、それよりもちょっと高いわけですね。

 

乗り出し価格の相場以上なら内訳を聞く・値引きを交渉するとして不明瞭なら他の項目同様に、他をあたるというのが良いでしょう。

「中古車買うならどこがいい?」のまとめ

中古車雑誌でようやく見つけた一台はどうしても欲しくなってしまうという気持ちを抑えて、中古車は様々な条件の車を見に行くほうが結果としてよいものになります。

 

ひとつの中古車や販売店に固執してしまうと、あなたが不利な状況に陥っているとしても気が付かないことが多いです。

 

「中古車や販売店に恋をしてはいけない」

 

安全な中古車選びのコツはここにあるのかもしれません。

 

少なくとも複数業者の見積を比べてみるか、ディーラーなどの少し割高な中古車を買うことが安全でしょう。

 

なお、冒頭でもお話しましたが中古車を販売するとき、業者が信用を得るための努力として、保証期間を手厚く設けている場合があります。

 

最長10年保証というのが魅力であり、Web上から好みの中古車情報を送信してくれるので、興味のある方は続きをご確認ください。

 

⇒10年保証で安心の中古車を探せるサービス【利用無料】

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均18万円査定額UP!(概算価格が分かるから下取り相場とすぐ比較可能!)
相見積もりで業者間の比較
一括査定利用で平均17万円査定額UP!(実例で13万円から60万円も上昇!)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者