車を頭金なしで買う!

車を頭金なしで買う:3行まとめ

頭金なしの全額ローンでも審査は通る!問題なし

利用するローンで金利は変わるのでフルローンは低金利を使うべき

頭金は少しでも作ったほうが有利な理由

 

頭金無しで車を融資で買うことをフルローンを組むといいますが、ローン審査が通るか心配ですよね。

というのも、車ローンの審査に何度も落ちるとローン審査で半年間門前払いをされるということで、ローン審査に慎重な姿勢は当然です。

 

ローン審査担当者「頭金はいくら用意できますか?」

頭金なしで車を買おうと考えているときほど聞かれる内容かもしれません。

車購入予定者「頭金が用意できないからローンで買いたいんだよ!」

と、悪態をつきたくなるかもしれませんね。

 

車のローンを組むときに、頭金の話をされても無い袖は振るえないですし、だからこそ金利という手数料を払っているわけです。

このように、今すぐお金を用意できないから高い金利を払ってまでお金を借りて車を買うというのに、そこへ頭金だなんだと言われたとしてもどうすることも出来ません。

 

こちらでは、このように頭金なしで車を買おうとしたときの審査状況やその他メリットとデメリットをみていきたいと思います。

まずは、頭金が無くても車を購入することが出来るのかということを確認しましょう。

低金利なのに仮審査なしで手続きが早いローン

マイカーローンで、なかなか話が進まないことや手続きに時間が掛かるので、高金利の借りやすいローンを選んでしまう方が多いことをご存知ですか?

 

あなたにとって利息を多く支払うことに何も良いことはなく、利息が少ない分だけ【返済期間が短くなったり】、そして【返済金額を減らすこと】が可能です。

 

もしあなたが低金利ローンの審査や手続きが面倒だと感じるのならば、「仮審査なしで簡単手続きの低金利ローン」を試してみてください。

 

仮審査なしで審査結果が早いローン詳細

ジャパンダネットマイカーローンバナー

車は頭金なしで買えるし全額ローンでも審査は通る!

ここまで説明してきたように、頭金が無くても問題なく車購入をすることが出来ます。

 

最近の残クレは頭金を入れることを考慮していない車の買い方であり、これが示すのは全額ローンを相手も歓迎しているということですね。

それもそのはず、融資をする側として融資で利益を出すためには、リスクの範囲内で高い利息を長い期間払ってくれる人が上顧客です。

頭金を用意しないで車を買うことで引け目に感じている方も少なくありませんが、むしろ相手からはうれしいお客さんであることを知っておいてもよいのではないかと思います。

 

以上、結論として頭金なしでも車を買うことが出来ますし、全額ローンでも審査は通ります。

ただし、少しでも頭金を用意すると良いことが多々あります。

あなたにとって利息を払うことに意味はない

お金を貸して利益を出す事業者としては、利息をもらうことこそ優先すべき目標なのですが、あなたにとっては利息を払う意味はありません。

これは利息が小さいならば、その分早くローンも返せますし、もしくは支払金額を小さくしたり、返済期間を短くすることが可能です。

 

どのように考えたとしても、利息を払うことに全く利点はありません。

ただし、頭金を用意しようにもそれが難しいということもありますから、手間なく少しでも用意出来る方法を後に話すとして、まずは頭金を用意するメリットとデメリットをみてください。

車を買うときの頭金:メリット

頭金は無くても車を買うことは出来ますが、当然頭金があったほうが有利なのは確かです。

頭金があると有利な点について3つにまとめました。

 

  • 月々の返済を少しでも軽くすることが出来る
  • ローン審査のときに落ちる可能性が低くなる
  • 金利の低いローンを選ぶことが出来る

 

用意するのが難しい頭金ですが、ローン選択と審査の関連で有利になるのは間違いありません。

後に説明しますが、近年は車のローン審査も厳しくなってきて、全体で20%の人は何らかの原因で審査を通過できない状況のようです。

 

そもそも、融資担当者にとっては規定されているリスクなどに合致するかどうか見ているだけですから、頭金が用意できないということは恥ずかしいことでも何でも無かったりします。

 

ただただ、基本的にはリスクをとりたくないために頭金の用意を聞いているだけだったりします。

頭金があればその分、融資する金額が少なくて済みますから、貸し倒れリスクも小さく見積もることができ、結果として融資審査が通り易くなるのです。

 

このような理由から、審査の兼ね合いで頭金を用意するメリットが強いということになります。

 

次に頭金を用意するデメリットについてお話します。

車を買うときの頭金:デメリット

頭金を用意することについて、実はデメリットもあります。

そんなこともあるのか?と思うかもしれませんがよくよく考えてみればデメリットになりえるものも存在するのです。

 

こちらでは大きく3つにまとめました。

 

  • 資金を手元に置いておかないことで急な出費に対応できない
  • 実は思ったよりも月々返済額への影響は小さい
  • 苦労して資金を集めた割には効果が実感できない

 

このように、消極的な理由でデメリットが発生するのですね。

出費に関してか車以外のものに限りません。

 

このときにお金が必要であれば、消費者金融などの比較的高い利率で融資を受けなければいけない状況になるので、結局高くついてしまう場合があります。

もちろん逆に、頭金を用意するためだけに、キャッシングなどを行って借入をするなんていうのは全く意味のない行為であるとともに、審査与信に影響も与えるでしょう。

 

総支払金額の面でいえば、借入金額を小さくすることで有利になりますが、無理に頭金を用意するようなことは、月々の返済額への影響がそれほど大きくないこともあって、必要のない行為になってしまうかもしれません。

短期間に何度も審査に落ちると起こる不具合

ローンの審査は基本的に一発勝負だと思って挑むようにしてください。

つまり、基本的には失敗が許されない、とまでは言うつもりはありませんが、1回で通るように準備しなければいけません。

 

なぜこのようなことを注意しなければいけないかというとローン審査に落ちることで、次のローンへの影響があります。

これは信用機関があなたの情報、すなわち審査を通過できなかったであろうという情報が共有されるためです。

融資審査を通過しなかったであろう情報を確認することで、他の金融機関ではそのことで審査を通さないという処理をすることがあります。

 

このことについて量的な面でいうと、6ヶ月で3回以上申し込んでしまったら、信用情報を詳細に確認することなく即座に落とすという話ですが、金融機関によってもこのあたりの基準は変わってくるでしょう。

ただ、基本的には一発で決めないといけないので少しでも有利な状態で挑むのが望ましいといえるもので、そのときに役立つのが頭金であると考えています。

頭金があると審査に多少有利

以上、車購入時の頭金について確認してきました。

頭金は用意できないということは往々にありますし、ローンを申し込むときには必要ではないケースがほとんどです。

 

ただし、どうしても車を買わないといけない状況があったりしたら、審査に落ちることは車をしばらく買うことができないことを意味します。

審査は年収の35%までの借入なら良いとする場合など、量的に処理されるケースがほとんどです。

 

そのため、多少資金があるときには審査通過のためにも頭金は用意するべきでしょう。

親戚などから多少お金の工面をお願いできるときには、そちらで用意することができれば審査を多少通し易くなるかもしれません。

 

ローン通過に自信が無い人ほど、信用力確保のためにあったほうが良いと結論です。

 

車を頭金なしで買うときのローン

車を購入するときに使うローンは大きく3つあります。

 

ローンとクレジット種類の比較表

 

最近話題の残クレはディーラーローンに含まれるものであり、厳密にはローンではなくクレジットなのですが、「実質的にお金を借りて車を買う」という点で、同列で比較をしています。

過去においては頭金なしで車を買うということは無謀だといわれていたのですが、現在では金利が低いローンもあるので、全額ローンでも特に問題になることはありません。

 

さらにいえば、借りる金額の大きさによる審査の難しさ変動はありますが、頭金なしで全額ローンだからといって審査に落ちるということはありません。

そのため、頭金なしで車を買うことについては、審査が通るかどうかという点はそれほど問題にすることはないということです。

使ってはいけない自社ローン

頭金を用意できない場合で、信用力に不安がある場合には、銀行ローンは当然として、ディーラーローンも審査を通すことが出来ないかもしれません。

こういった場合においても、次のようなローンを使うことは推奨できません。

 

車を買うときに使わないほうが良いローン3選

  • 消費者金融系ローン
  • 銀行系カードローン
  • 自社ローン

 

消費者金融や銀行系カードローンは金利が高いので、当然使うべきでないことは分かりますが、自社ローンもできるだけ使わないほうが良いでしょう。

 

自社ローンとは

自社ローンとは、車を買うときに販売店との間で交わす分割支払い契約である。

自社ローンの特徴として、金融会社ではないので金利がないという利点もあるが、車体価格が高めであり、これは本来利息で調整するリスクを車体価格で調整している面がある。

また近年は無担保ローンが主流であるが、自社ローンは担保を必要とする契約であることが多く、与信については意外にもしっかりと管理されている。

 

車を買う方法として一つの選択肢があるといえば、自社ローンも良いのですが、実際には車体価格が高いことで、実質的に利息を払うことと負担は変わりません。

そのため、特に経済的な要因で信用力に不安があるならば、安く買える中古車を買ったほうが良いということになります。

無担保ローンと車の所有権

最近の車ローンは保証人や車以外の担保の設定もありません。

昔に比べてローンの種類も選べますし、融資という点で考えれば残価設定型クレジット(販売店などで紹介される通称残クレと呼ばれる融資)などの選択もすることが可能だからです。

車以外の担保が必要ないというのはあ、このクレジット契約のときには車所有権はあなたに無い状況になりますので、購入する車を担保にしている状況になるからです。

 

なお、ローンとクレジットを分けることなく融資というくくりでローンという認識ですが、厳格にいうと所有権留保(所有権が信販会社などにあること)によるところが大きな違いがあります。

残価設定ローンや残価設定について全額行うようなことも、ローン総額について残すか残さないかいう点と混同する原因であり、全額のローンはフルローンと呼ぶほうが分かり易いかもしれません。

ローンを組む場所や種類によりますが絶対低金利が良いということでなければ全然問題ないですし、最近はディーラーローンで特定車種は低金利のローンもあります。

 

頭金を手間なく少しでも作る方法

もし、頼れる先が無く、また頼りたくないと考えている方は、下取の見直しを行って少しでも多くのお金を用意できるようにしてみてください。

 

下取は基本的に固定的な評価ですが、それ以外の車処分方法での査定を受けることで、下取金額の交渉が出来たり、もしくは他の処分先で高く売ることで頭金を効率良く作ることも出来ます。

下取による値引き額も車を売ってその代金を購入金額に充てることも変わりませんから、金銭的に有利な方法を選択するようにしましょう。

 

⇒下取の見直しをするための査定サービス【利用無料】

 

意外にディーラーの言い値で済ませている方が多いのですが、実は下取り査定額自体も交渉が可能なので、一度買取業者の査定額を受けてみて、車価値を知ったうえで高く買う業者に車を売るようにすれば、頭金を作ることが出来ますね。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

低金利なのに仮審査なしで手続きが早いローン

マイカーローンで、なかなか話が進まないことや手続きに時間が掛かるので、高金利の借りやすいローンを選んでしまう方が多いことをご存知ですか?

 

あなたにとって利息を多く支払うことに何も良いことはなく、利息が少ない分だけ【返済期間が短くなったり】、そして【返済金額を減らすこと】が可能です。

 

もしあなたが低金利ローンの審査や手続きが面倒だと感じるのならば、「仮審査なしで簡単手続きの低金利ローン」を試してみてください。

 

仮審査なしで審査結果が早いローン詳細

ジャパンダネットマイカーローンバナー
高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者