車庫証明取得を行政書士やディーラーに依頼すると約1万円ほど費用がかかります。

 

でも、これを自分で取るのは難しいことではありません。

 

時間も2時間程度と比較的かかりませんので、平日に時間が取れる人はやっている方が多いです。

 

2時間の努力で1万円ほど節約できますので時給5,000円前後となりますね。

 

今回はその取り方を見ていきたいと思います。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

知らなくても大丈夫!2時間で車庫証明を取る方法

手順に従えばどなたでも簡単に車庫証明を取ることができるでしょう。

車庫証明取得の目次

  1. 必要書類を取りに行く
  2. 車庫証明申請書を書く
  3. 書類を提出
  4. 車庫証明を取りに行く

 

かなり簡単にいえばこのようになるわけですが、実際には必要な書類であったり提出場所やその他注意点もありますので、個別に確認していきます。

必要書類を取りに行く

まず必要書類を管轄の警察署に取りにいきましょう。この場合、駐車場の場所に対応する警察署となります。

 

書類を何部かもらえるような場合には、3部もらっておけば確実です。

 

2時間で車庫証明を取得ということですが記入時間よりも車庫証明の書類取得時間が大きく関わってくると思います。

 

なお、軽自動車の場合においては地域によって車庫証明のような制度がある場合とない場合があり、必要な場合には、自動車保管場所届出書という書類を取得することになりますが、内容としては車庫証明とほとんど同じです。

実際に車庫証明を書いてみよう!

自分で保存場所標章交付申請書という数枚つづられた書類を書くことになります。

 

ひとつ多くの方が間違えてしまう重要な事項があります!

 

車名には素直に車の名前を入れないことを注意してください。

 

なんと車名はメーカー名を記入します。

 

つまり社名ぐらいで考えておけばOKです。

例)ホンダフィットなら車名欄には「ホンダ」と記入。フィットとしてはいけない。

 www.police.pref.hokkaido.lg.jp shinsei data_pdf kotu shako hokan-1.pdf

続けて車体型式と番号を記入しますが、これは車を買う店舗に聞いておきましょう。

 

次に駐車場の情報を記入します。

 

自己所有の土地が駐車場の場合

自己所有の土地であれば「自認書」に住所などを記入し印鑑を押します。

www.police.pref.hokkaido.lg.jp shinsei data_pdf kotu shako hokan-1.pdf (1)

賃貸契約している場合も同様ですが、実際に駐車場があるかどうか警察官が確認します。

 

虚偽報告には罰則がありますので、嘘偽り無く記入していきましょう。

 

駐車場を賃貸契約をしている場合

駐車場を賃貸契約している場合には、所有者等に賃貸契約をしていることを証明してもらうために、「保管場所使用承諾証明書」という書類を書いてもらいます。

 www.police.pref.hokkaido.lg.jp shinsei data_pdf kotu shako hokan-1.pdf (2)

署名と捺印が行われていることを確認してください。

 

保管場所(駐車場)の所在と配置の図を描く

駐車場の場所と駐車場の中身を簡単に図を書いて終わりです。

 www.police.pref.hokkaido.lg.jp shinsei data_pdf kotu shako hokan-1.pdf (3)

賃貸契約を行っている駐車場の場合には所在のほかに配置の図も必要です。

詳しく書くのが難しい場合、地図などのコピーをとって貼り付けても大丈夫です。

記載した必要書類を提出する

書類を取りにいった警察署の窓口へ書いた車庫証明書と関連書類を提出しましょう。

 

なお、このときには身分証明書やお金が必要なので忘れずに持っていくようにしてください。

 

役所の仕事なので、必要なものがなければたいていの場合は妥協してくれません。

 

ですから、二度手間にならないように必要なものは忘れずに持っていくようにしてください。

 

車庫証明取得申請時に必要なもの

車庫証明を取得するときに必要なものは、次の3つで特に大切なのは現金を用意することです。

 

  1. 記入した車庫証明と関連書類
  2. 身分証明書(免許証・住民票・公共料金の領収書)
  3. 自動車保管場所標章交付手数料(2000円程)

 

クレジットカードなどは使えませんので、現金で用意しなければいけないことに気をつけてください。

 

受付から交付まで1週間程度

交付までの間に、警察官が実際に駐車スペースがあるかどうか確認します。

 

交付までの期間は告知されますが結構アバウトな場合もあります。

 

多くの場合には交付期間について大体1週間ぐらいで完了する場合がほとんどです。

 

役所仕事にしては1週間という期間は短いのではないかと思います。

 

交付期間到来後車庫証明書を取りに行く

車庫証明発行を依頼した警察署に取りに行きます。

 

待つとなると1週間は結構長く感じますが、それも3日目ぐらいで気がついたら交付期間が到来しています。

 

このときにお金などが必要になりますので忘れずに持っていくようにしてください。

 

車庫証明交付のときに必要なもの

車庫証明交付のときも、取得申請時と同様に現金が必要で、その他印鑑が必要になります。

 

  1. 印鑑(三文判でも大丈夫)
  2. 標章代(500円ほど)

 

申請手数料同様に、現金が必要です。クレジットカードの対応はしていませんのであらかじめご用意ください。

 

以上で、車庫証明の取得は完了します。

 

手続きを終えると標章と車庫証明を取得できます。

 

なお、標章とはいわゆるステッカーことで、正式名称は保管場所標章といいます。

 

この証明書はナンバーを取得するとき(登録・届出)に必要となりますので、大切に保管しておきましょう。

 

多くの方は車取得後は助手席のダッシュボードの中に入れておくと思います。

車庫証明申請に必要な書類

車庫証明申請に必要な書類は警察署で取得できますが、以下があるか申請書取得時と提出時に確認してください。

自動車保管場所証明申請書 車庫証明を提出するときに必要
保管場所標章交付申請書 リアウィンドウに張るシールを取得に必要
土地使用に関する権利関係を証する書面 保管場所(駐車場)が自己所有の場合と他人所有の場合で異なるものが必要

  1. 自己所有なら自認書
  2. 賃貸契約なら保管場所使用承諾書か駐車場賃貸契約書
所在図・配置図
  1. 所在図については直線距離で2km以内であること。地図などの写しを添付することも可能
  2. 配置図は特に賃貸契約を行っている保管場所(駐車場)ならどのような配置になっているのか記入

注意事項が多いように思えますが、実際には当たり前のことばかりなのでそれほど気にする必要は無いでしょう。

普通の状態で保有するのに家から駐車場まで2kmを超える距離があることは稀でしょうからね。

ただし、事業者などの場合には少し注意が必要ですね。

車庫証明について基本的なこと

車を登録するとき(ナンバーを取得する)ときには車庫証明を取ることが保管場所法によって義務付けられています。

これは、適切な保管場所を保有していることを確認することで、不法に路上に車が溢れることを防いでいます。

正式名称は自動車保管場所証明といい、前提として次の4つを満たしている必要があります。

  1. 自宅から直線距離で2kmを超えない範囲であること
  2. 道路から何の支障もなく出入りすることができること
  3. 車の全体を収容できること(自己所有の土地など特に注意)
  4. 車の保有者が保管場所を使用する権限があること(賃貸契約による場合には書類による証明が必要)

 

なお、保管場所には車以外にものを置いてはいけません。

特に車庫証明を申請して警察官の確認を予定しているときには気をつけたいところです。

車庫証明に関する処罰

車庫証明で処罰されることはあまり多く見ることはありません。

 

しかしながら時には取締りを強化する場面がありますので、ご確認ください。

 

特に「保管場所の不届」に関してはうっかり忘れているケースがありますので、特に罰則を気にされる方は気をつけてください。 

 

違反内容 罰則 点数
虚偽の保管場所証明申請 20万円以下の罰金 無し
車庫の代わりに道路を使用
  • 3ヶ月以下の懲役
  • 20万円以下の罰金
3点
道路において長時間駐車 20万円以下の罰金 2点
保管場所の不届や虚偽の届出 10万円以下の罰金 無し

車庫証明を取るのは誰でも簡単

車庫証明を取ることはそれほど難しいことではないことが分かっていただけたでしょうか?

 

分からないことは多いと思いますが、最悪警察官に質問しながら行えば協力してくれるでしょう。

 

交付までに少し時間がかかること、平日しか警察署はやっていないことがネックとなります。

 

しかしながら、忙しくても提出などのときは家族に協力してもらうなど、これらをクリアできるときには1万円ほど得ができますので挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

以上、「車庫証明に掛かる時間と取り方」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。