初めて車を買うならば知っておきたいことは次の3つです。

 

  • セールスマンを信頼しない
  • あらかじめ買う内容を決めておく
  • 値引き交渉をする

 

これらに共通していることは、思ったよりも高い買い物になることを防ぐことです。

 

車を購入する場合には、新車であればパターンオーダー型、中古車ならば条件選択型になりますが、よりよいものを買おうとすれば当然予算が掛かりますよね。

 

ここで注意しなければいけないのは、セールスマンはあなたに良い買い物をして欲しいと同時に、利益も多く出さなければいけないのです。

 

そのため、あなたとセールスマンの目的を達成するとあなたのお金を多く使うことになるのです!

 

このことは、販売店にいけばあれもこれも、せっかく買うのだからと勧められて結局予算オーバーなんてことはよく聞く話です。

 

お金のある方は別として、それ以外の方はできれば予算よりも支出を抑えたいものですよね。

 

こちらでは、初めて車を買う方でも効果的に値引きをする方法についてお話していきます。

 

まずはその前に相手の交渉に乗らないように気をつけることからみていきます。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

セールスマンに条件を任せない

あなたはなにかものを買うときに心が緩むときはどんなときですか?

 

販売員によいものを勧められたとしても、すぐには財布の紐を緩めることはないでしょう。

 

ただ、どの方もこのような警戒を解いてしまうときがあります。

 

それは、お金を払ったとき、または契約をしたときです!

 

特に大きな決断をしたときに小さな要求に関しては、それなりに通してしまう可能性があるのです。

 

車を例にあげると、車体を購入することを決めたらオプションなどの小さなものはせっかくだから付けないと損なんていわれてしまうと、相対的に低い金額であることからオプションをつけることに同意してしまうということになります。

 

このような方法を商売人は良く使っています。

必要なものを先に決めておく

それによって、要らないオプションまでたくさんつけた車を買ってしまうわけですね。

 

いざ商談を終えて、「あれ予算オーバーしていないか?」と思うわけですが、大きな決断をした後の小さな決断はそれほど警戒しないこともあって、気が付くと高い買い物をしていた!なんてことになります。

 

値引きをしたいのにこれでは本末転倒ですよね。

 

以上が、皆さん気がつかないうちに予算をオーバーしてしまうカラクリとなります。

 

もちろん、値引きを狙うならばむしろ相手にこの方法を利用すべきであり、実のところ初めて車を購入する方でも交渉はそれほど難しくありません。

値引きを狙っていくこと

あなたはどこで車を買うかということを選択することができる立場にあります。

 

これをうまく利用すると値引きをしっかりと引き出すことができるのです。

 

もちろん、人気車種やスポーツカーでは値引きは渋めですが、それでもまったく動かないということはありません。

 

車には似たようなクラスのライバル車がありますので、それを比較して値引きを引き出すというのが王道ですが、初めて車を買うときもこれをしっかり行うようにしてください。

 

値引きについては、新車の場合と中古車の場合でやり方が異なりますので、その点をみていきます。

新車の値引き

新車の場合には、オーダー型の買い方になりますので、必要の無いものをたくさんつけるようなことは避けたいところです。

 

例えばサンルーフなんかいらないのに、「つけないともったいないしみんなつけている」、なんていう言葉で必要の無いオプションまでつけないように気をつけてください。

 

まずは、値引き前に高くならないように気をつけることが大切です。

 

その上で、同じような車種を他のディーラーと値引き合戦させるというのが最も一般的な方法になります。

 

例えば、中型ミニバンを買おうとしていれば、トヨタヴォクシーと日産セレナ、ホンダステップワゴンで、値引き額を競わせるような方法ですね。

 

その他、細かい交渉はありますが、重要な点は必要の無い装備をつけて高い買い物にしないことです。

中古車の値引き

中古車の場合には、基本的に値引きは出来ないものと考えてください。

 

その代わり、買う車を選ぶ選択が増えますから、条件に合う合わないを選ぶことが出来ます。

 

そのため、新車のような思ったよりも高い買い物になるということは少ないです。

 

ですが、できる限り利益が大きい車を選ばせようとしますので、この点を特に気をつけて欲しいと思います。

 

値引きについては実質的に少ししか出来ませんが、新車ほど思ったよりも高い支出になったということはありません。

 

それよりも、多くの選択肢を知っておくことが大切なので、もし良い中古車を選びたいと考えているならば、全ての情報を一通り確認することが大切です。

 

これは確かに手間が掛かりますが、良い中古車があったのに知らなかった!ということを避けると、予算が決まっていることが多い中古車選びでは良い車選びにつながります。

 

そのため、ネットの情報や中古車情報誌、また現在は提案サービスもありますので、使えるものは使ってよい中古車選びをするというのが、予算を有効に使うという一種の値引きにつながるというわけです。

 

⇒素人が見れない非公開車両も見たい方はこちら【利用無料】

値引きを引き出す方法

ポイントは金額的に要求をすること、値引きを引き出したいならば手間を惜しまないことです。

 

当たり前ですが、楽して値引きを引き出すというのはかなり難しく、手間をかけるから値引きができるのです。

 

とはいえ、数万円から数十万円変わってくるならば、面倒でも手間をかけたほうがよいと考える人も多いはずで、手間をかけたくないならば高く買うことを覚悟したほうがよいのかもしれません。

 

「新車の値引き」段落でも言ったことですが、値引きを狙っていくことの前に高い買い物にしないようにしなければいけません。

 

当たり前のことで、値引きをしようとしてもその買い物自体が高くなるなら意味がありませんよね。

 

そのため、ポイントとしてまず大切なのは予算と買う車を決めることです。

予算超えにならないポイント

買う前に予算を超えないようにあらかじめ決めておいてセールスマンのオファーが来ても考えないというのが正攻法でしょう。

他のサイトでも言われているところですね。

 

当サイトオリジナルはセールスマンに協力するから面倒なことは止して欲しいというところでどうでしょうか?

 

そのため、簡単に済む商談はさっさと済ませて数をこなさないといけません。

 

そこをあなたは協力することで最良の点について考えることが出来ます。

ローンやクレジットはどうする?

車を現金で購入できる人は限られていますから、お金を借り入れして購入する場合が多いはずです。

 

ここまで値引きや高い買い物にならないようにという話をしてきましたが、これはお金を借りたときの手数料や利息についても同様にいえます。

 

というのも、総額の支払いで利息分が2割あるならば、その分は高く買っていることになるからです!

 

つまり、安く買うということはローンの金利や返済期間まで考えなければいけないということになります。

 

そのため、融資を受けるならば出来る限り低金利のところで借りられるか試すことが大切なのです。

 

値引きの話をみてきましたが、実際には高くなることのほうが多い車購入です。

 

どこでお金を借りるかは必ず確認しなければいけないということが分かりましたか?

 

ちなみに、金利が高い融資ほど審査は通りやすく、金利が低い融資ほど審査は通りにくいわけですが、実際には低金利で融資できるにもかかわらず、高い金利を払ってしまっている場合が多いです。

 

このことは、まずは銀行系の低金利カーローンが使えるか試すことが大切ということになります。

 

もしあなたが少しでもお金を節約したい、また値引きを受けたいということでしたが、融資についてもまずはいくら借りられるのかということを、低金利のところから試してみるようにしてくださいね!

 

低金利ローンをあきらめていませんか?

せっかく低金利で借りられるのに高い金利でローンを組む方は多く、これってすごくもったいないと思いませんか?

 

↓融資できるか「5秒かんたん診断結果」↓静岡銀行マイカーローン診断2

 

意外に融資可能な結果が出ることも多く、今すぐ無料で確認できますので、審査が不安な人ほど確認してみましょう!

  静岡銀行マイカーローンバナー1

初めて車を買うときのまとめ

ある程度交渉が煮詰まったところで、契約を長引かせる気はないから値引きを出せるところまで出してほしいという交渉が効果的です。

 

ただ最初から言うと、好条件を引き出されないので商談が終盤に差し掛かったところでというところがポイントです。

 

あとはすぐに契約できるように印鑑や書類などをもっていくとセールスマンも協力してくれる可能性が高いと思います。

 

基本的に素人vsプロのセールスマンとなりますので、相手に協力してもらって好条件を引き出すほうが簡単です。

 

値引き自体はそれほど難しいことではありませんから、そろそろ値引きの比較交渉も限界まできたというところで切り出してみてください。

 

セールスマンをうまく味方につけて、効率よく商談をまとめてしまいましょう!

 

以上のように、車を初めて買うときにでも販売店違いでライバル車の値引きを競わせて、値引きする理由を作ったうえで交渉をすることが大切です。

 

それに加えて最後の一押しはすぐに契約するということで切り出してみるとよいでしょう。

 

手間を惜しむとどうしても値引きは引き出せず、高い金額で車を購入することになりますから、値引きをして少しでも安く車を買いたいならばディーラー間を手早く周ってみてください。

 

その際には、値引きにつられてオプションをたくさん付けるなど無駄さ支出をしないように気をつけてくださいね!

 

以上、「初めて車を買うなら知っておきたい3つの注意点」でした。

 

おやくだていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。