【カーセンサー車一括査定】:サムネイル

次のような方におすすめ!
  • 車を売るときにどの車一括査定を使えばよいのかわからない方
  • カーセンサーの車一括査定の評判を見て安心して使いたい方
  • カーセンサー車一括査定の特徴を知ったうえで使いたい方
  • 業界に精通したプロが選ぶ車一括査定を知りたい方
  • 最高スペックの車一括査定を使いたい方

⇒すぐにカーセンサー車一括査定をうまく使う手順が見たい方はこちら

カーセンサーといえば中古車雑誌を連想される方が多いですが、ネットにおける中古車情報も取り扱っています。

そんなカーセンサーですが車を売るときに役立つ「車一括査定」サービスも行っていて、筆者は車を高く売ることや総合的なスペックが最も高い車一括査定として評価しています。

こちらでは、カーセンサー車一括査定を不安なく安心して利用できるように解説していきますので参考にしてください。

カーセンサー車一括査定とは

カーセンサー車一括査定申込み画面1
カーセンサー簡単ネット車査定

まず「カーセンサー車一括査定」がどんなものなのかを改めてみていきます。

カーセンサー車一括査定とは

カーセンサー車一括査定とは、リクルートグループの中古車関連ブランド「カーセンサー」が提供する車一括査定サービスである。過去には中古車情報誌としての認識があり、現代ではそれがネットに移ったという流れがある。

カーセンサー車一括査定は、あなた(車オーナー)とガリバーやカーセブン(車買取業者)をつなぐ仲介サービス(カーセンサー)です。

車一括査定の仕組み
車一括査定の仕組み:カーセンサーは車買取業者の仲介をしている

そして、車一括査定を利用する目的は「車を安売りしない」、「車を高く売りたい」、「出張査定を便利に利用する」など、車オーナーにとって有利な条件や状況を作るために役立ちます。

反面、車一括査定を使うことによって業者からの営業電話が多くなるデメリットがあります。

大量の電話がかかってくる仕組み
大量の電話がかかってくる仕組み

とはいえ、今の時代個別に相見積もりをするということは、手間ばかりかかったうえで高く売れるかわからないという状況です。

自分で車を高く売ろうとした場合
自分で車を高く売ろうとした場合

そのため、車一括査定を使わずに車を有利に売ることは実質的に難しいといえるために、車一括査定をうまく使っていくことが求められています。(上下の図版を参考)

車一括査定の流れ

これらの車一括査定のメリットとデメリットを理解したうえで、各種車一括査定サービスの特徴で使い分けを行うということが最も有利に車を売ることにつながります。

カーセンサーのメリット

カーセンサーのメリットは次の5つになります。

カーセンサー車一括査定のメリット
  • 提携業者数が1000社超・相見積もり30社で車を高く売る状況を作れる
  • 連絡方法を「メール」で依頼することが出来るので他よりも静かに査定依頼できる
  • 車オーナーは一切の費用を負担することがないため、損をすることはない
  • ネットから査定依頼できるので個別に申し込む手間がない
  • 申し込む業者を選ぶことが出来るため、評判の悪い業者を避けることができる

カーセンサー車一括査定のメリットは、他の車一括査定サービスと比べて有利な部分と、共通の有利な部分を含んで、大きく5つ挙げさせていただきました。

車一括査定について共通部分のメリットを簡単にまとめれば、「ネットから相見積もりを簡単に依頼できて費用が全く掛からない」ということに、カーセンサーの特徴を加えた形となっています。

カーセンサーのデメリット

カーセンサーのデメリットは次の3つがあります。

カーセンサー車一括査定のデメリット
  • 営業電話を0にすることが出来ない
  • 他サービスと比べて入力項目が多い
  • 概算価格が分からない

カーセンサー車一括査定は連絡方法をメール指定できますが全て無くすことは出来ません。

というのも、申し込みと同時に自動発信のコールセンターを持つ業者がいるためです。

自動電話発信システムのイメージ

ただし、これらの業者に査定を依頼しない選択をすればよいことと、実証結果で自動発信の電話は掛かってくるのですが0秒の着信で切れるという状況が確認できました。

他サービスと比べて入力項目が多いために、他サービスでは1分以内で査定依頼できると運営元が自ら言っていますが、カーセンサーの場合は業者を選ぶ必要があるので、その分だけ申し込みに時間が掛かります。

概算価格については、かんたん車査定ガイドなどでは申し込みと同時に車価値を表示してくれるのですが、カーセンサーにはそれがありません。

以上のように、車一括査定共通のデメリットと他と比べてカーセンサー機能のデメリットを説明しました。

カーセンサーの評判・口コミは悪い?

カーセンサーの評判・口コミは悪いのかを調査しました。

カーセンサーの評判・口コミの種類
  • 車一括査定申し込み後の電話量
  • 買取業者の横柄な態度
  • おすすめとして利用した結果に対する不満

カーセンサーの評判や口コミについて、上にあげた3種類のうち代表的なものをみていきます。

カーセンサーに限ったことではありませんが、車一括査定は相見積もりをするためのサービスなので、電話連絡が来るのは避けられません。

ただし、最初に連絡が取れた買取業者が有利であることから、業者としては自動発信のコールセンターを用意してまで、我先にと電話をかけるために、それが集中してしまうということです。

大量の電話がかかってくる仕組み
大量の電話がかかってくる仕組み

これをカーセンサーでは「メール連絡指定」と「コールセンターを持つ業者以外に査定依頼」を利用することで、ある程度防ぐことが可能です。

車一括査定はあなたと買取業者の仲介をしているに過ぎませんので、実は買取業者に対する悪い評判や口コミはお門違いの文句です。

ただ、入り口が車一括査定の利用だったために、関係を理解しないまま文句をいうのはそれほど問題ではなく、システムを説明しきれていない広告や業者に責任があるでしょう。

そのため、当サイトでは中立的な意見や客観的な視点をもとに、メリットもデメリットも包み隠さず説明しています。

車一括査定サイトでカーセンサーをごり押ししている理由は、広告費が有利ということもあるでしょう。

ただし、実際に相見積もりをするうえで業者数が多いほうが有利であるために、車を高く売るという目的においてはカーセンサーが最も良いのは事実です。

当サイトにおいてもこのようなことを丁寧に分かりやすく説明できるように努めていきます。

最後は悪い評判ではなく「普通」の評判です。

車一括査定は相見積もりを手間なく行って車を高く売ることが主な機能でした。

車に不利な条件があったとしても高く買う業者を探せたというのは、普通の口コミですが実際には車一括査定利用の口コミとして最もよくわかるものとなっています。

カーセンサー車一括査定の特徴

車一括査定のかんたん比較表
車一括査定サービスの比較表

カーセンサーの車一括査定は他のサービスと比較して「車を高く売るために役立つ機能」が多いことが特徴です。

特に、カーセンサー車一括査定は主な利用目的である相見積もりについては、車一括査定サービス中「最強スペック」といってもよいでしょう。

車一括査定おすすめランキング
  1. カーセンサー
  2. ズバット車買取比較
  3. カービュー
  4. 楽天
  5. かんたん車査定ガイド

※ランキング基準は車を有利に売るという目的によって決めています

ここまでみてきたメリットやデメリットを具体的に説明することで、カーセンサー車一括査定の特徴をみていきます。

連絡方法をメール指定できる

車一括査定を利用するうえで、連絡方法をメール指定できるというのは、車一括査定を利用するうえで相当有利です。

というのも、相見積もりをしたいから業者に手軽に連絡を取るためにネットから車一括査定を利用するわけですが、いくら相見積もりをしたいといってもその電話の量は異常です。

こんな状況を解決できるのが、連絡方法をメール指定にする方法で、メールでは基本的に数十件ぐらい来ようがそれほど問題にはなりません。

また、なぜかメールでは電話のように数十件は来ないことを考えると、やはり車一括査定の電話は少し異常な状態といえるのでしょう。

なお、カーセンサーで連絡方法をメール指定する方法は、申し込みの手順において詳しく説明しています。

依頼できる業者を選べる

依頼できる業者を選ぶことが出来ることは、カーセンサー車一括査定の大きな特徴でした。

昔はカーセンサー唯一の特徴だったこの機能は、現在では他の車一括査定サービスでも採用されています。

そのため、カーセンサー車一括査定の特徴ということでもなくなりましたが、依頼できる業者を選ぶためには、依頼できる業者が多いことが大切です。

この点は他の車一括査定サービスと大きく引き離しているために、それに合わせて依頼できる業者を選ぶということは大変重要なことです。

つまり、依頼できる業者を選べるというのは、依頼できる業者数が多いことも同時に比べられてしまうということになります。

車一括査定最大の提携数「1000社超」

車一括査定の主な機能は「相見積もりを取って車を高く買う業者を探すこと」でした。

ということは、相見積もりを取れる業者が多ければ多いほど有利になるというのは、だれでも分かる一般的な考え方です。

カーセンサーは、他の提携業者が多い車一括査定サービスで200社から250社前後なのに対して、カーセンサーは1000社超と提携業者数に大きな差があります。

提携業者数と査定依頼数
提携業者数と査定依頼数

これはリクルートという企業が地道な営業をすることを達成しているものであり、他のサービスでは簡単にまねをすることは出来ません。

したがって、前に説明した業者を選ぶことが出来るということに加えて提携業者数が多いということは、車一括査定の主な利用に合うために、カーセンサーは車一括査定サービスで最強ということになります。

相見積もりできる業者数が最大30社

提携業者数でカーセンサー車一括査定はトップでしたが、さらに相見積もりできる業者数も最大で30社です。

他の車一括査定サービスが10社前後であることを考えると、最大30社に相見積もりが取れるということでカーセンサーが有利です。

特に高く売れる車の場合には、1社でも多く競争させることであなたが有利になります。

これを車一括査定を使わずに行う場合には、途方もない時間と手間を必要としますので、ここで車一括査定を使う意義がありますね。

安心の運営元「リクルート」

カーセンサーといえばそれなりに中古車情報のサービスとして有名ですが、運営元もリクルートグループであることから安心して利用することが出来ます。

もちろん、大手といえども個人情報漏洩などのリスクは避けられませんが、そのための枠組みがあるかどうか(内部統制の監査など)を用意しなければいけないということは、上場しているかどうかも併せて重要な判断基準になります。

また、何かあったときの責任を取れるかどうかは企業の盤石さが影響し、損害賠償も企業にお金がなければできませんし、苦情への対応も人員がなければできません。

そういった点で、カーセンサーが大手企業運営のサービスということは重要なことであり、安心して利用できるかは何かあったときにも責任の所在が明らかであり、対応もできることが挙げられます。

カーセンサー買取の流れ

カーセンサーで車買取を依頼する場合には、ネットから24時間申し込みが可能です。

そして、実際に車を見て査定予約をするというのが車一括査定の役割なので、査定予約完了までをカーセンサー車一括査定の流れとして解説していきます。

なお、カーセンサー買取の流れをスマホでの申し込み画面で説明していますが、パソコンでの申し込み画面については1画面で情報入力できる以外はスマホと同様です。

【手順1】ネットから申し込み

カーセンサー車一括査定を利用する方法は簡単で、ネットからサイトにいって査定を申し込むことで行います。

カーセンサー申し込みsp1

メーカーと車名を選び、「申し込みスタート」ボタンを押します。

【手順2】車情報と地域情報を入力

次に車一括査定に出す車情報「年式」「グレード」「走行距離」「車検時期」を入力します。

入力する情報については大きな違いは問題ですが、小さな違いは後に電話で確認されますので、多少正確でなくても大丈夫です。

カーセンサー申し込みsp2

車情報の入力が済んだら地域情報を入力します。

その後、必須項目に不備がなくなれば、「次へ」ボタンが出現しますのでそれを押します。

カーセンサー申し込み次へボタン出現

いずれの入力も項目から選ぶだけで良いので、手間がかからずに簡単です。

【手順3】連絡先と申し込み業者選び

連絡先の情報「氏名」「フリガナ」「メールアドレス」「希望連絡先」を入力します。

なお、フリガナは氏名入力と同時に入力されますので、うまく漢字変換できない場合以外は同時入力で手間なしです。

カーセンサー申し込みsp3

さらに、申し込み業者を選択します。

カーセンサー申し込みsp4業者選び1

申し込みを行いたい業者にはチェック(レ点)を付けて、逆に申し込みを行わない業者はチェックを外します。

車を高く売る場合に基本的には相見積もり数を増やしたいので、申し込み業者を選ぶ必要はないと思います。

しかし、電話の自動発信の業者に依頼を行いたくない場合には、「ガリバー」と「ビッグモーター」を依頼業者から外すことで、電話の本数を減らすことが可能です。

また、続けてメール連絡希望を入力して電話の本数を減らす方法を解説します。

【手順4】メール連絡希望の場合

メール連絡希望を入力することで、電話連絡の本数を減らすことが出来ます。

なお、電話対応する時間を1時間ほど用意した場合には、この手順は必要ありませんので【手順5】まで読み飛ばしてください。

カーセンサー申し込みsp3メール連絡希望1

「任意項目の売却希望時期などを入力」をタップして項目を開きます。

メール連絡希望を入力するフォームは、最初の画面では表示されていないためです。

カーセンサー申し込みsp3メール連絡希望2

連絡希望時間帯に「メール連絡希望」と入力します。

なお、この方法は万能かつ完璧な方法ではありません。

自動発信をするコールセンターを持つ「ガリバー」と「ビッグモーター」については、電話が掛かってきてしまいます。

自動電話発信システムのイメージ

どうしても電話連絡が嫌な場合には、「ガリバー」と「ビッグモーター」の依頼業者選択でチェックを外すか、「ユーカーパック」などの一括査定以外の車売却方法を利用する必要があります。

【手順5】入力に不備がないか確認

最後に入力に不備がないかの確認画面です。

車情報については多少違いがあっても後に業者が確認するため問題ありませんが、メールアドレスと電話番号は不備があると査定予約ができません。

カーセンサー申し込みsp5完了

筆者が去年にカーセンサー一括査定を利用したので、申し込んだ後にどのような手順になるかを簡単に説明します。

【手順6】業者からメールや連絡が来るので査定予約をする

カーセンサー車一括査定を申し込んだ後は、業者から査定予約の連絡が来ます。

ラビットから来たメール

筆者がメールでの連絡希望をして申し込んだときには、ガリバーから自動発信の連絡が来ましたが、0秒着信で切ってくれましたのでコールセンターでもメール連絡希望ということを対応してくれることが分かりました。

自動でガリバーからかかってきた電話
ガリバーから掛かってきた0秒着信の電話

またカーセンサーでは車一括査定側で概算価格は出ませんが、買取業者からメールで教えてくれます。

ラビット店舗から来たメール

電話連絡がある業者からは査定予約の時間を決めることと、メールで連絡が来た業者に対しては気に入った業者にこちらから連絡することで、車の査定予約を行うということになります。

こちらから連絡するのは面倒と感じるかもしれませんが、このあたりは大量の電話を受けられる時間が取れるか、もしくはそれが嫌なのかどうかで変わってきます。

相手から連絡してほしい場合にはメール連絡希望を入れる必要はありませんし、逆に相手から連絡されるのが嫌な場合にはメール連絡希望をすればよい、と分けて考えるのが賢明です。

カーセンサー買取依頼時に必要な書類

カーセンサーで買取依頼をしたときに、車を売る際に必要になる書類です。

車を売るときに必要な書類
  • 自動車検査証(いわゆる車検証)
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(いわゆる自賠責保険証)
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 住民票※
  • 戸籍謄本※

※住所や姓が変わった場合など必要

車検証と自賠責保険証、リサイクル券はひとまとめにして車のグローブボックス(助手席前のポケット)に入っている場合が多いですが、自動車税納税証明書については、別の場所で保管している可能性があるので探しておきましょう。

また、印鑑登録証明書は役所で発行する必要があるので、書類で準備するというものは役所関連のものになります。

あわせて、住所や姓が変わった場合には住民票や戸籍謄本が必要になるので、印鑑登録証明書の発行で役所に出向くときにあわせてとるようにしましょう。

なお、譲渡証明書と委任状についても車を売るうえで必要な書類になりますが、こちらはほとんどの場合に業者が用意しますので、あなたが車を売るために準備する書類ではないと考えて大丈夫です。

他の車一括査定と比較

車一括査定はカーセンサー以外にもありますが、車を高く売るという目的において最強はカーセンサー一択です。

というのも、相見積もりをすることで買取金額を上げることが出来ますが、その場合には提携業者数が多いことに越したことはないからです。

車一括査定のかんたん比較表
車一括査定サービスの比較表

また、近年はオートバックスとの提携があるかどうかを重視していて、買取業者がお互いに査定額を出し惜しみしているところに、オートバックスは一気に査定を出してくれるので、高く売れることに加えて時間や手間も掛からないのでおすすめです。

当然ですがカーセンサーはオートバックスとの提携があるので、安心して車を高く売ることが出来ます。

カーセンサー車一括査定:まとめ

カーセンサー車一括査定については、他の車一括査定と比べてハイスペックなサービスで、車を高く売るために最適です。

車を売るときに電話連絡が困るという方もメールでの連絡方法を利用することで、静かに車を売ることが出来ます。

また、概算価格についても買取業者から教えてくれるので、他サービスと比較してもこの点で見劣りすることはありません。

以上の理由より、車を売るときに少しでも高く売りたいと考える場合に車一括査定を利用するならば、カーセンサーを利用することをおすすめします。

参考にしてください。

カーセンサー車一括査定申込み画面1
https://kaitori.carsensor.net/

車を有利に売るならば、「カーセンサー」が最もおすすめ!

その理由は、提携業者数が1000社以上と他の車一括査定よりも飛び抜けた存在となっていて「依頼できる業者が少なくて満足いく相見積もり比較が出来ずに車を安売りしてしまう」といった可能性を低く出来ること。

車一括査定は相見積もりを取る目的で使われるため、提携業者数が他を圧倒している点で文句なしのおすすめ車一括査定と断言します!!

カーセンサーリンクカード

またどうしても電話連絡を無くしたいということならば、車一括査定以外の選択肢である「ユーカーパック」を使ってください。

ユーカーパックバナー1
ユーカーパック

⇒ユーカーパックを詳しく見る